世界食糧計画(WFP)でイーサリアム技術を導入/スマホアプリで食糧や送金を可能に

 

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!(複数取引所に登録して資産分散しておきましょう!)

【1位】GMOコインレバレッジ取引やリップル、ライトコイン購入におすすめ!
【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)ビットコインFX取引量世界1位
【3位】bitbank(ビットバンク ) 高セキュリティの仮想通貨取引所だから安心!

▼【登録無料】土日・即日入金したいなら住信SBIネット銀行に登録しましょう!

住信SBIネット銀行の申込はこちら!

 

世界食糧計画(WFP)でイーサリアム技術を導入/スマホアプリで食糧や送金を可能に

世界食糧計画(WFP)は、1年以上前の2017年1月に、パキスタンの脆弱家族に、スマートフォンアプリを介して公共のEthereum(イーサリアム)ブロックチェーン上でWFPの食糧や現金の移送を可能にした初期実験である「ビルディング・ブロック」を成功裏に試験しました

時間がなく全文の記事が読めないけどイーサリアム今すぐ買いたい!という方は、当サイトで最もおすすめの仮想通貨取引所である「GMOコイン」「bitFlyer(ビットフライヤー)」で購入しましょう!(複数取引所登録は必須です!)

GMOコイン無料登録はこちら

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所特徴公式
GMOコイン リップル・ライトコインを購入するならGMOコイン!公式サイト
bitFlyerビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍公式サイト
Zaif【コインチェックからの乗り換えにおすすめ!】取引手数料の安さ日本一マイナス0.05%!公式サイト

ブロックチェーン技術は人道支援にとって大きな役割を果たすと発言

WFPは当時、「仮想通貨Bitcoin(ビットコイン)ともっともよく関連するブロックチェーン技術は、人道支援組織が世界中の脆弱な人々に最良の支援を提供する唯一のチャンスを与えている」と話しました。

数ヵ月以内に、WFPはヨルダン・アズラクの難民キャンプで全面的なパイロット運用を実施し、ブロックチェーン決済プラットフォーム上で1万人以上のシリア難民への送金を成功裏に促進しました。ミュンヘンにあるWFP革新研究所のベルナルド・コヴァッチ所長によると、パイロット運用単体は銀行関連の振込手数料の実に98%を削減しながら、月に1,590万円の仲介手数料を節約すると言われています。

送金以外にも、ブロックチェーン技術の導入により、シリア難民は地元の小売業者から、各取引がブロックチェーン上に記録される眼球のバイオメトリックスキャンを使用して食料を購入できるようになりました。難民が銀行や携帯電話業者に機密データを共有する必要がないので、現金やクレジットカード、紙媒体の割引券の使用は時代遅れになります。その代わりに、難民は不変で安全なブロックチェーンを通じて、より大きなセキュリティとプライバシーから恩恵を受けます。
現在、80カ国で1億人以上を養っている国連機関は、分散型ブロックチェーン技術を利用して、銀行振込手数料の中で数億円の節減を見積もって、Ethereum(イーサリアム)ベースのブロックチェーンプラットフォームを拡張しています

国連担当者が銀行のサービスはブロックチェーンで代替えできると発言

ブルームバーグによると、国連WFPイノベーション、 チェンジマネジメント担当ディレクターのロバート・オップ氏は、
私たちは、銀行が提供するサービスをブロックチェーンを置き換えることができたと感じました。ブロックチェーンは膨大な量のデータを提供することで協力の促進を後押ししています。

と話しました。
オップ氏は、WFPには6,396億円の年度予算があり、毎年約1,492億円を食料引換券やデジタル権利付与に割り当てていると話しました。ブロックチェーン技術の使用を促進する機関計画の詳細を詳しく述べてはいませんが、同氏は次のように述べていいます
私たちは今、金融インフラを整備しているのです。
送金やID管理、食料サプライチェーンオペレーションにブロックチェーン技術を使用する以外にも、WFPは以前に、他の分野でのブロックチェーン技術の応用を研究していると述べました。

また、WFPは2017年3月に、「すべての人道支援当事者がこのプラットフォームを中心にして協力すれば、ブロックチェーンの最大の可能性を現実化できます」と話しています。
ブロックチェーン技術の革新の恩恵を受けている他の人道的努力には、食料サプライチェーンやデータ収集などにおける多くの重要なプロセスのために分散型技術を使用して、インドで160万人を超える子供たちを援助する世界最大の中学校給食プログラムである、インドの「ミリオン・ミールズ」などもあります。

参照元

Banks Begone: UN’s World Food Programme Builds on Ethereum Blockchain Money Transfers

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう