ブラジルおよび南アメリカ諸国最大の銀行がリップルと提携/支払い実験をすでに開始

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!(複数取引所に登録して資産分散しておきましょう!)

【1位】GMOコインレバレッジ取引やリップル、ライトコイン購入におすすめ!
【2位】bitbank(ビットバンク ) リップル取引量No1高セキュリティ仮想通貨取引所

 

韓国と日本の大手銀行は、日本を代表する商業銀行の1つであるSBIホールディングスの主導により、Rippleネットワークの流動性プラットフォームxRapidを利用して、銀行や企業間の決済処理における経費を削減している

今後数か月内に、イタウ・ウニバンコはシンガポールの主要送金サービスプロバイダーであるInstaReM社とインドの商業銀行IndusInd社と共に、Ripple xCurrentを利用した国際金融サービスプロバイダー間の支払いを積極的に採用する予定だ。

※時間がなく全文の記事が読めないけどリップルを今すぐ買いたい!という方は、「GMOコイン」「ビットバンク(Bitbank)」で購入しましょう!

GMOコイン無料登録はこちら

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所特徴公式
GMOコイン リップル・ライトコインを購入するならGMOコイン!公式サイト
Bitbank高セキュリティ取引所/リップル取引量No1公式サイト
bitFlyerビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍公式サイト

リップルは新興国にこそ必要な技術であると事業開発責任者が発言

リップルは、ブラジルやカナダなどの大量送金市場の送金サービス提供者が、リップルが開発した支払いソリューションxViaを利用して、Ripple ブロックチェーンでの支払いの処理を始めたことにも触れた。ブラジルのBeetech社とカナダのZip Remit社は、取引のある中国の送金サービスプロバイダーが2月にRippleNetに参加したため、Ripple ブロックチェーンネットワーク上の支払いを可能にすること目指している

リップルの事業開発責任者であるパトリック・グリフィン氏は、グローバルな送金および支払い業界、特に新興市場の企業や消費者における、Rippleなどのブロックチェーンソリューションの必要性を強調した。グリフィン氏は、海外から母国に送金する個人、特に外国人労働者や国際企業の送金を、ブロックチェーン技術が容易にすると言う。

支払い問題はグローバルな問題です。しかし、負の影響はとくに新興市場に見られます。ブラジルの家族に送金する米国の教師、別の国に店舗を開くために送金しようとしているインドの小規模ビジネスオーナー。どのような方が顧客であったとしても、顧客に利する形で世界の金融機関を決済システムに接続することが不可欠です。顧客の利益に反してはいけません

とグリフィン氏は語った。

リップルネットはすでにシンガポールや中国などアジア諸国の大手送金プロパイダーと提携している

CCNの1月の報道にもあったように、リップルはMoneyGram社のような世界最大の送金プロバイダーと提携して、ブロックチェーンネットワークでの国際支払いを処理している。リップルが米国などの主要地域と新興市場の両方において、主要な送金サービスプロバイダーのエコシステムとコミュニティを構築できれば、個人はRipple ブロックチェーンを通じて金額の大小を問わず、低コストで送金・受け取りができるようになる。

大切なのは、送金業者間の接続を構築し、業者間で金銭を授受できる分散型ピア・ツー・ピアプラットフォームの存在を保障することだ。

RippleNetはすでに、シンガポールや、中国、他のアジア諸国で、大手の送金サービスプロバイダーを取り込んでいる。InstaReM社だけをみても、オーストラリア、カナダ、香港、シンガポール、インドなどの世界60カ国以上で、消費者からの50万件以上の取引を処理している。

2018年はリップルにとって重要な年だ。2017年に築いたパートナーシップを、日々の取引量とユーザー活動の増加させることで、強めていく必要がある。リップルは2017年に、取引処理のためにRipple Labsと提携した銀行の取引量が少ないことで批判を受けていた。

リップル(XRP)が購入できる国内取引所

現在、国内取引所でリップル(XRP)を取り扱いしている取引所は「GMOコイン」「ビットバンク(Bitbank)」「DMM bitcoin」「BitTrade」「QUOINEX」「Coincheck」など6社があります。

リップル(XRP)の取引(売買)手数料/スプレッド/セキュリティGMOコイン」「ビットバンク(Bitbank)」の2社がおすすめ!

リップル(XRP)取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所取引(売買)手数料特徴公式
GMOコイン無料【GMOインターネット(東証一部上場)グループだから安心】レバレッジ取引5倍/全取り扱い通貨5種類!公式サイト
ビットバンク無料リップル含む全6種類/コールドウォレット・マルチシグ対応だからセキュリティ安心!公式サイト
DMM bitcoin (レバレッジ取引:建玉金額の0.04% / 日 ) リップル、ネムなどのレバレッジ取引5倍可能!F公式サイト
4位BitTrade 0.25%~0.45% 安心の国内MT4取扱業者/全取り扱い通貨5種類!公式サイト
5位QUOINEX0.25% 通貨ペア数14種類!人気の通貨ペアからマイナーな通貨ペア豊富!公式サイト
6位Coincheck 無料 日本No1仮想通貨取引所/全13種類取り扱い通貨/現在取引停止中 公式サイト

また、リップル(XRP)のレバレッジ取引(FX)をしたい方は、国内で唯一レバレッジ取引(最大5倍)が可能なDMM bitcoinに登録しましょう!

最も安くリップル(XRP)を購入できるおすすめ取引所・手数料比較ランキング

リップル最新ニュース一覧へ
参照元

https://www.ccn.com/brazil-and-latin-americas-largest-bank-will-use-ripple-to-process-payments/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう