ベネズエラ政府が来月ペトロトークンの取引開始へ/イーサリアムベースのトークンになる予定

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!(複数取引所に登録して資産分散しておきましょう!)

【1位】GMOコインレバレッジ取引やリップル、ライトコイン購入におすすめ!
【2位】bitbank(ビットバンク ) リップル取引量No1高セキュリティ仮想通貨取引所

 

ベネズエラ政府が来月ペトロトークンの取引開始へ/イーサリアムベースのトークンになる予定

ベネズエラ政府は火曜日に、仮想通貨「Petro(ペトロ)」の先行販売を支援して、複数の手引書を発行しました
ベネズエラ政府は、税金や手数料、公共料金などの支払いに使用できる法定通貨の1つとして、石油支援を受けたトークンを発表しました。また、ベネズエラ政府は、仮想通貨のために構築し、トークンの先行販売の開始と同時に本日公開した新しいウェブサイト内で、その計画の概要とPetro(ペトロ)への期待をまとめました。同ウェブサイトは、同国の大学教育・科学技術省(MPPEUCT)がホストしています。

時間がなく全文の記事が読めないけどイーサリアム今すぐ買いたい!という方は、当サイトで最もおすすめの仮想通貨取引所である「GMOコイン」「bitFlyer(ビットフライヤー)」で購入しましょう!(複数取引所登録は必須です!)

GMOコイン無料登録はこちら

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所特徴公式
GMOコイン リップル・ライトコインを購入するならGMOコイン!公式サイト
Bitbank高セキュリティ取引所/リップル取引量No1公式サイト
bitFlyerビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍公式サイト

ペトロは連邦政府が発行した初の仮想通貨

政府のウェブサイトによると、ペトロの価格は、前日のベネズエラの石油1バレル当たりの価格に依拠します。
CoinDesk(コインデスク)が以前に報道したように、先月発表された先行発売が火曜日の朝に開始されました。最終的には1億Petro(ペトロ)以上が発行される見込みですが、8,240万Petro(ペトロ)しか分配されません。

これは連邦政府が発行した初のデジタル通貨ですが、この新たな取り組みそのものは長い間、国内外の議員などからの批判を集めていました。それは、12月初旬にベネズエラのニコラ・マドゥロ大統領によって初めて明らかにされました。
購入者マニュアルには、どのようにして利用者がデジタルウォレットを用意し、トークンを購入できるかが説明されており、ウォレットのセキュリティに関するユーザーへの警告も含まれています。トークンの仕組みに関する詳細については、同政府が完全白書を発表しています(同政府がわずか1ヶ月余り前に、でたらめな詳細であると述べたものの発表を激しく非難していたことを考えると、注目すべき発表である)。
その3番目の埋め込み文書は「マネーロンダリングやテロ資金活動を防ぐための内部統制マニュアルのガイドライン」と題されていますが、完全ファイルは目次に過ぎず、ベネズエラ政府の計画に追随する実際のガイドラインは含まれていません。

イーサリアムベースのトークンになる予定か

また、同文書の発表は、Petro(ペトロ)トークンがどのブロックチェーンを決済レールとして活用するかという重要な詳細に関する理解を深めます。実際に、同白書では、Petro(ペトロ)が当初はEthereum(イーサリアム)の上のトークンとして存在し、ERC20トークン基準に依拠するだろうと主張しています

先行販売は2018年2月20日に開始し、Ethereum(イーサリアム)プラットフォームの[ブロックチェーン]上でのERC20トークンの作成・販売で成り立っています。この一連の作業は、後に行われるPetro(ペトロ)の新規公開に対する需要を促進し、保証します

と述べています。
しかしとりわけ、購入者マニュアルでは、1月末に取引プラットフォームCoincheck(コインチェック)」から盗まれた同仮想通貨の価格が5億以上と見られている、2015年に公開されたブロックチェーンネットワークに触れ、“PTRトークンは先行販売中、NEMブロックのチェーン上で動作する”と主張しています。

購入者ガイドによれば、“ウォレットやプログラミングの要素は技術プラットフォームに関連しています”。
なぜ2つの文書の間に食い違いがあるのかについては完全には明らかになっていません。Petro(ペトロ)は実際、NEMネットワーク上に設計されますが、販売が本格化すると、結局ただERC20ベースのものに後々交換される結果となる可能性があります
その代案として、ベネズエラは、全く新しい台帳の土台となるために、何らかのXEM(ゼム)由来のコードを使用している可能性があります。NEM(ネム)財団の代表は、コメントの求めに直ちには応じませんでした。

ペトロトークンは3月に発売開始予定

販売が開始されると、観察者はそれがどのような注目を集めるのか成り行きを見守る必要があります。
Petro(ペトロ)のウェブサイトに掲載されたロードマップによれば、ベネズエラは来月にトークンの取引所を開設し、トークンの相対売買を開始します。政府はまた、4月に開始される予定のトークンをフル活用し、3月末までにそのネットワークに必要な調整の完了を目指しています。

しかし、議論の的になっているトークンは、前述したように、野党が多数を占めるベネズエラの国会議員を含む反対派のシェアを集めました。メディアに対する過去のコメントでは、とある議員がそれを「違法」と呼び、腐敗媒体になると非難しました。
米国では、同国(ベネズエラ)に課された経済制裁を回避するためにPetro(ペトロ)を使用するのでは、と懸念を表明する上院議員もいました。米国上院議員のマルコ・ルビオ(共和党、フロリダ州)氏とボブ・メネンデス(民主党、ニュージャージー州)氏は1月、米国財務省にそのトークンを監視し規制するよう求めました。

参照元

https://nemflash.io/petro-debutlearned-venezuelas-cryptocurrency-today/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう