ビットコインなどを法定通貨にするリベルランド自由共和国が今後の方針を発表/領地や経済圏の拡大を計画

▼DMMビットコインがスマホアプリをリリース開始!

仮想通貨の「現物取引」「レバレッジ取引」を一つのアプリに集約。ビットコイン、イーサリアム、ネム、リップルなど7通貨、全14銘柄(通貨ペア)の取引が可能!

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!(複数取引所に登録して資産分散しておきましょう!)

【1位】GMOコインレバレッジ取引やリップル、ライトコイン購入におすすめ!
【2位】bitbank(ビットバンク ) リップル取引量No1高セキュリティ仮想通貨取引所
【3位】bitFlyer(ビットフライヤー)ビットコインFX取引量世界1位

 

ビットコインなどを法定通貨にするリベルランド自由共和国が今後の方針を発表/領地や経済圏の拡大を計画

リベルランド自由共和国はセルビアとクロアチアの間にあるドナウ川の中州にある小さな国だ。このミクロネーションの通貨単位はBitcoin(ビットコイン)だが、国の支払いや寄付をBitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)やEther(イーサ)で行うこともしている

時間がなく全文の記事が読めないけどイーサリアム今すぐ買いたい!という方は、当サイトで最もおすすめの仮想通貨取引所である「GMOコイン」「bitFlyer(ビットフライヤー)」で購入しましょう!(複数取引所登録は必須です!)

GMOコイン無料登録はこちら

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所特徴公式
GMOコイン リップル・ライトコインを購入するならGMOコイン!公式サイト
Bitbank高セキュリティ取引所/リップル取引量No1公式サイト
bitFlyerビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍公式サイト

リベルランド自由共和国では暗号通貨が法定通貨として認定されている

チェコの政治家ヴィート・イェドリチカ氏が、時には“ゴルニャ・シガ“とも呼ばれる、自称国家リベルランド自由共和国を建国して3年になる。今年の建国記念日は、自国内で初めて行われるが、この国土は国境紛争の産物で、8キロ平方メートルにも満たない。

ツイッターの投稿
2015年4月19日20:08
リベルランド自由共和国@Liberland_org
憲法草案が間もなく完成します。それまでの間、クイズをお楽しみください。http://fb.me/7ddlcxddN 
(オーストリア学派経済学クイズ上級者編、リベルランド自由共和国に関する非公式クイズ)

しかし、重要なのは国土の大きさではなく、リベルランド自由共和国がBitcoin(ビットコイン)を国の通貨単位として採用し、自国を大規模な暗号政治実験と位置付けていることだ。Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)やEther(イーサ)を含む他の暗号通貨も法定通貨として認められている

世界中から約50万人から市民権獲得の申請が殺到した

この小さな国家は、他の国の承認こそ受けてはいないが、世界中の人々がリベルランド自由共和国の市民権を得ようと申請を行っている。2017年だけでも、48万人が市民権の申請を行い、15万人が市民権を得た。放送局Radio Pragueのインタビューでリベルランド自由共和国の大統領ヴィート・イェドリチカ氏は次のように述べている。

事実として世界中から申請は来ています。どの地域からも均等に市民権の申請があるのです。中東からの申請は少し多いと言えるかもしれません。50万人中10万人が中東からの申請ですから。しかし、リベルランド自由共和国に対する人々の興味はどの地域でも違いがありません。たとえば、アメリカからは1万8千人が申請をしています

2通目のパスポートを持つことができ、リベルランド自由共和国に対する納税義務を負うことがないことを除けば、リベルランド自由共和国の市民権を得ることに特に利益があるわけではない。

国は市民からの寄付で予算をまかなっている。寄付体制と、Bitcoin(ビットコイン)やアルトコインへの投資により、2017年12月の時点で、リベルランド自由共和国の国家財産は概算で3,700万円にまで増えた。イェドリチカ氏は予算で行ういくつかの開発プロジェクトにも言及している。

我々は国庫で複数の重要なプロジェクトを来年立ち上げる予定です。プロジェクトの一つは、リベルランド自由共和国の独自通貨を発行することです。この通貨は完全に匿名のものですが、リベルランド自由共和国の株式のようなものです。これは、暗号通貨をかじっている人などには、興味深いコンセプトでしょう。我々は、そういった意味で、革新的でありたいと思っているのです

領地や経済圏を拡大するプランを計画中

リベルランド自由共和国は、その自由主義を他の国や地域にも広めようとしている。この自由国家の大統領は、「世界中、特に中東やアフリカからの興味を考慮すると、すべての人をリベルランド自由共和国に移住させるよりも、リベルランド自由共和国をアフリカなどに持ち込む方が健全だと考えています

と説明している。

拡大プランに伴い、リベルランド自由共和国関係者は、ソマリアに領地を拡大しようと、アフリカ大陸の独立国家ソマリランド共和国と協議を続けている。領土は自治領で自由貿易圏になる予定だ。

Liberland Pressによると、2017年9月に2国間で覚書が締結されている。この覚書には下記のような文言がある。

Bitcoin(ビットコイン)の根本技術はブロックチェーンである。ブロックチェーンは中央銀行だけでなく、国の記録を管理する上でも、素晴らしいツールとなり得る。我々はブロックチェーン技術を利用して、世界で最も先進的な市民権登録、会社登記、不動産登記、さらには船籍登記などを提供したいと考えている。リベルランド自由共和国関は建国以来、太陽光発電にエネルギー供給を頼っている。ソマリランド共和国は、太陽光発電インフラストラクチャーの開発において、さらに最適な地理に位置している

Bitcoin(ビットコイン)とその根本技術であるブロックチェーンは、分散型、安全かつ匿名な方法でトランザクションの実行を可能にする。自由自律というリベルランド自由共和国のビジョンは、暗号通貨とDLT(Distributed Ledger Technology)の素晴らしい可能性を利用することで、実現が容易になるだろう。

参照元

https://btcmanager.com/liberland-self-proclaimed-free-state-bitcoin-official-national-currency/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう