「ロビンフッド」でビットコインとイーサリアムを手数料なしで売買可能に/すでに100万人が利用予定

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!(複数取引所に登録して資産分散しておきましょう!)

【1位】GMOコインレバレッジ取引やリップル、ライトコイン購入におすすめ!
【2位】bitbank(ビットバンク ) リップル取引量No1高セキュリティ仮想通貨取引所

 

「ロビンフッド」でビットコインとイーサリアムを手数料なしで売買可能に/すでに100万人が利用予定

ロビンフッドのトレードマークである手数料無料は、株取引でも同じように無料のポリシーを持っており、5年以上続いている。ロビンフッドのポリシーは他の仮想通貨取引所のプラットホームとも競争点となっており、これには約160億円のスタートアップ企業コインベースも含む。

※時間がなく全文の記事が読めないけどリップルを今すぐ買いたい!という方は、「GMOコイン」「ビットバンク(Bitbank)」で購入しましょう!

GMOコイン無料登録はこちら

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所特徴公式
GMOコイン リップル・ライトコインを購入するならGMOコイン!公式サイト
Bitbank高セキュリティ取引所/リップル取引量No1公式サイト
bitFlyerビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍公式サイト

ロビンフッドは100万人以上のユーザーをすでに獲得見込みである

・仲介料無料のロビンフッドはビットコインとイーサリアムの取引も手数料なしで可能。
・この機能は特定に地域のみ利用出来、すでに100万人以上がウェイティングリストに登録している。
・ロビンフッドのこのような仮想通貨に対する動きは、大手仮想通貨の取引所コインベースの新たな競争相手になりうる。

仲介料が無料であるロビンフッドは、近年約130億円の価値と評価されており、イーサリアムとビットコインのような仮想通貨を手数料なしで売買出来るサービスを提供する。このニュースはブログ・ポストにより発表された。

しかしロビンフッドの利用にはラインの入手が必要である。この機能は1月に発表されて以来、大注目を浴びており、現在このサービスは計算によると100万人以上の利用が見込まれている。

一つ注意点がある。ロビンフッドへ直接支払う手数料はないが、仮想通貨の購入にはなにかしら手数料が必要である。仮想通貨の売買には大抵約3700円のコストがかかり、ビットコインの採掘にも料金が必要である

現在ロビンフッドは、カリフォルニア州やマサチューセッツ州、ミズーリ州、モンタナ州、ニューハンプシャー州で利用出来る。将来に向けて利用地域も拡大予定だ。

ロビンフッドは『ロビンフッド・フィード』という機能も提供している。これはリアルタイムでユーザー同士のチャットが可能で、仮想通貨のデータやマーケットの変動、投資のアドバイスなども収集出来る。

ロビンフッド・フィードのようなプラットホームには多くの関心が寄せられている。企業のヒントとなるフィードには限定されたユーザーにしか開かれていないが、近いうちに製品に対して直接フィードバックが出来るようになるとも期待されている。

記事リンク
http://uk.businessinsider.com/robinhood-opens-no-commission-bitcoin-and-ethereum-trading-2018-2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう