【イーサリアム(ETH)】ロシア政府がイーサリアムの技術を導入/従来の投票システムにブロックチェーン技術を活用

▼DMMビットコインがスマホアプリをリリース開始!

仮想通貨の「現物取引」「レバレッジ取引」を一つのアプリに集約。ビットコイン、イーサリアム、ネム、リップルなど7通貨、全14銘柄(通貨ペア)の取引が可能!

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!(複数取引所に登録して資産分散しておきましょう!)

【1位】GMOコインレバレッジ取引やリップル、ライトコイン購入におすすめ!
【2位】bitbank(ビットバンク ) リップル取引量No1高セキュリティ仮想通貨取引所
【3位】bitFlyer(ビットフライヤー)ビットコインFX取引量世界1位

 

【イーサリアム(ETH)】ロシア政府がイーサリアムの技術を導入/従来の投票システムにブロックチェーン技術を活用

ロシアの状況はビットコインやその他クリプトカレンシーにおいて過熱気味な時も業界が逆風の時も、ブロックチェーン技術の可能性を積極的に探求しています。

もしすべて計画通りにことが運べば、世界は投票やその他内部統制のためにその分散型手帳技術をすぐにでも使い出すでしょう

時間がなく全文の記事が読めないけどイーサリアム今すぐ買いたい!という方は、当サイトで最もおすすめの仮想通貨取引所である「GMOコイン」「bitFlyer(ビットフライヤー)」で購入しましょう!(複数取引所登録は必須です!)

GMOコイン無料登録はこちら

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所特徴公式
GMOコイン リップル・ライトコインを購入するならGMOコイン!公式サイト
Bitbank高セキュリティ取引所/リップル取引量No1公式サイト
bitFlyerビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍公式サイト

投票プラットフォームにはイーサリアムのスマートコントラクトを利用

ロシアは国内に広がる選挙での不正過誤すべてを排除することを決定し、革命的なこのブロックチェーン技術を使うことが最善だと信じているようです
モスクワ市は投票活動を実施するためにアクティブ・シチズンとして知られるシステムを使っています。これは市民が抱える公正に票数が数えられているのかという疑惑を払拭するために、投票プラットフォームに政府が私用のイーサリアムスマートコントラクトを加えたものです。

この最新の開発の裏側にある考えを話すと、モスクワ最高情報責任者のアンドレイ・ベレゾロフ氏はメディアにこう語っています。

もちろん投票すべてが信用されているわけではないということは時々耳にしています。そのため私たちはアクティブ・シチズンプロジェクトのために電子信託プラットフォームとしてブロックチェーンを使うことを決めたのです。」
大衆は今イーサリアムブロックチェーンをベースとした新たな分散型投票プラットフォームにて投票結果を検査しています。これまでのところ、このソフトウェアは12月にリリースされて以来、ノードオペレーターにより100を超えるダウンロード数を記録しています。

アンドレイ・ベロゼロフ氏によるツイート
専門家たちは2025年までにスマートシティの住民の数が村々に比べて66%早い成長率で増えるとにらんでいます。このシティの素晴らしい機能性と住人のニーズへの素早い順応力を確認するのはとても大切なことなのです。

モスクワ市はこの透明性のあるシステムが住民からの信頼を得ることに尽力するだけでなく、世界的にも各政府からの信頼を得ることができると自信を持っています。

建築関連の契約をきっかけに既存モデルからブロックチェーンの活用モデルへ切り替えを試験

2014年のリリース以来、アクティブ・シチズンプログラムに200万人のユーザーが登録しました。元々は集中管理型のオラクルデータベースシステムを使って開発されたこのプラットフォームは市内の細工に対して意見を言えるよう作られました。
全部で3450にも及ぶ世論は従来のデータベース管理システムを使うよう求め、2018年2月12日現在では、新たなブロックチェーンにログオンした最も最近の票の一部とともに9200万の投票が行われました

スマートコントラクトが使われた例として挙げられるのは、例えば住民が現代風の建築へ住居を改修もしくは建て直ししている間に仮アパートへ一時的に住むことに同意するか確認をするための調査などです。
このプロジェクトへの関心が大きいのは確かですが、開発者は未だこのプラットフォームがどれほど拡大するのか見当がつかないと言います。

始めの四半期で私たちはこの使用方法で適正に動くのかどうか見極めるつもりです。その上で、従来のアクティブ・シチズンモデルからブロックチェーンへ切り替えます。

ハッキングなどのサイバー攻撃対策もクリア

職員たちは、この国際的なコミュニティが住民の状況に対してプロジェクトに抱いているほどの興味がないと気付きました。

それはそれとして、ロシアは先へ進み独自にコードを調べるために会計会社のPwCサービスを雇用しました。ベロゼロフ氏はこのように発言しています。

この会社は内部従業員や外部からの攻撃による世論の結論を操作する可能性について調査し、30万を超える投票結果に心配を抱く理由がないと結論づけました。

またPwCは外部からのサイバー攻撃のシミュレーションとしてシステムへのハッキングを試みましたが、ブロックチェーンシステムにおいてアクセス数の操作や変更ができないと分かりました
ベロゼロフ氏は透明性や効率性の上げるため、経済エリアにおけるテクノロジーを発動する計画作成において政府が一歩先をいっているとみています。

この説を裏付けるものとして、この最高情報責任者は最近のブロックチェーンの試みが経済開発省や国家登録における連邦サービスによって先導されていると言及しました。このパートナーシップは革新的なテクノロジーが速くコスト削減につながる方法を人々に提供し、この紛争の中で所有物の本当の持ち主が誰なのか証明してくれるのか、それをはっきりしてくれるものなのかどうか見極めているところです。

ブロックチェーンの可能性に疑いの余地はありませんが、職員は政府高官はこの喜ばしい変革を素直に認める気はないようです。彼の言葉を借りると、

もちろんこの方法によって彼らの意見や考え方を変えることはとても難しいことです。他国や企業の動向がこのテクノロジーに向かっている、その傾向がきわめて強いことはよく分かっています。
ロシアでの発議権の裏側にいる個々人の意思が良い方向へ向かってはいますが、国際的なコミュニティの信頼を得るにはまだまだ思っている以上の努力が必要なようです。

順応に向かっているのは喜ばしいことですが、この国は2016年のアメリカ大統領選に関する内容が世の中に錯綜し、一向に話が進まないという状況に悩まされています。

参照元
https://btcmanager.com/russian-government-looking-replace-legacy-voting-systems-blockchain-technology/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう