コインベースがセグウィットのサポートを発表/取引手数料の引き下げへ

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!(複数取引所に登録して資産分散しておきましょう!)

【1位】GMOコインレバレッジ取引やリップル、ライトコイン購入におすすめ!
【2位】bitbank(ビットバンク ) リップル取引量No1高セキュリティ仮想通貨取引所

 

コインベースがセグウィットのサポートを発表/取引手数料の引き下げへ

為替取引所およびクリプトカレンシー関係のサービスプロバイダーであるコインベースは本日のブログにて、プラットフォーム上のセグウィット(セグリゲイテッド・ウィットネス)によるビットコインの取引をサポートすると発表した

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所特徴公式
GMOコイン リップル・ライトコインを購入するならGMOコイン!公式サイト
Bitbank高セキュリティ取引所/リップル取引量No1公式サイト
bitFlyerビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍公式サイト

セグウィットプロトコルを使うことで取引手数料を引き下げる方針

週末にかけて、コインベース・ビットコインウォレットはセグウィット・プロトコルの恩恵を最大限に生かすことができるだろう。すなわち、それは取引スピードを大幅に引き上げるだけでなく、取引ごとにかかる手数料のコスト削減につながるのである。

コインベースは、ビットコイン取引時にかかる高い手数料に関してユーザーから最も意見を集めるこのプロトコル順応の刊行を認知している。それにもかかわらず、コインベースは顧客への返答としてこの部分の改善を望んでいる。
コインベース副社長兼ゼネラルマネージャーのダン・ロメロ氏は次のように語る。
顧客からいただくフィードバックは決まって、コインベース上でビットコインを送信する際の手数料が高すぎるということだ。ビットコインの取引手数料が最近値下がりしたことを受け、手数料を下げられるオプションを顧客に提供することを決定した。そのため、ビットコインの受け渡しにセグウィットを導入できることを嬉しく思っている。

GDAXトレーディングページのビットコインアドレスへセグウィットを実施する

このように、コインベースは特にすでに試験・導入が成功しているセグウィットのような改善方法を手がけるなどサービス向上をうたい、ビットコインとリンクしたプラットフォーム上のユーザーの重要性を間接的に確認した

コインベース副社長のダン・ロメロ氏は、ビットコイン送信時のふるいを更新したことを発表し、手数料がコインベースではなくマイナー(採掘者)へ行くことを明確にしたと強調した。そしてまた取引が進行するよう支払いを補うことも明言した。

将来、バッチングなどの前進や改善を含むことを計画しており、同じ取引の中でビットコインを異なるアドレスに送信することを可能にするだろう。

ビットコイン供給者と間では世界で最も存在感のあるプラットフォームの1つであるがゆえに、このコインベースの決定はとても重要なものだ。アメリカをベースとするプラットフォームが192ヶ国でビットコインの取引を提供している。

彼らはさらに、GDAXトレーディングページのビットコインアドレスへセグウィットを実施し、来たる日に向けて100%実施予定だとプレスリリース内で説明している。

参照元
https://ripplenews.tech/2018/02/24/coinbase-announces-segwit-support/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう