【韓国】韓国の金融機関が取引に身分証明を適切に行う方針へ/マネーロンダリング防止団体から要請

▼DMMビットコインがスマホアプリをリリース開始!

仮想通貨の「現物取引」「レバレッジ取引」を一つのアプリに集約。ビットコイン、イーサリアム、ネム、リップルなど7通貨、全14銘柄(通貨ペア)の取引が可能!

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!(複数取引所に登録して資産分散しておきましょう!)

【1位】GMOコインレバレッジ取引やリップル、ライトコイン購入におすすめ!
【2位】bitbank(ビットバンク ) リップル取引量No1高セキュリティ仮想通貨取引所
【3位】bitFlyer(ビットフライヤー)ビットコインFX取引量世界1位

 

【韓国】韓国の金融機関が取引に身分証明を適切に行う方針へ/マネーロンダリング防止団体から要請

韓国の金融監機関は、マネーロンダリング防止団体からマネーロンダリングへの仮想通貨取引に関する義務について説明を受けた

仮想通貨取引に対するアンチマネーロンダリングのガイドラインは金融活動作業部会(通称FATF)のメンバー達によって作成されたと、韓国金融委員会が発表した。

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所特徴公式
GMOコイン リップル・ライトコインを購入するならGMOコイン!公式サイト
Bitbank高セキュリティ取引所/リップル取引量No1公式サイト
bitFlyerビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍公式サイト

先週パリにて37人のメンバーで例会が行われ、加盟各国は仮想通貨に関連するマネーロンダリングの危険性への理解を高めなければならないと話し合った。

世界でも最も大きなビットコイン取引所を持つ韓国では、仮想通貨の匿名での取引を禁止し、金融会社へ顧客の身分証明を適切に行うよう要請した。

責任をもって韓国の金融機関はモニター上の金融取引を監視し、また仮想通貨取引所で口座が不正利用された場合、カスタマーに対するデューデリジェンスを高めなければならないと要請された。

国内での仮想通貨取引を閉鎖させたいというスタンスの韓国政府とは対照的に、韓国内金融機関は仮想通貨の「正当な取引」に関しては支援をしたいと、先週発表した。

ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨は、手早いリターンを望む韓国人投資家の間で急激に大人気となる

韓国内では仮想通貨取引が活発になっているにもかかわらず、取引に関する規制などが全くない。また金融商品とも認識されていないため、仮想通貨投資家を保護する法律も存在していない状態である。

参照元
https://ripplenews.tech/2018/02/26/global-anti-money-laundering-body-briefed-s-koreas-obligations-cryptocurrency/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう