イーサリアム財団の執行役員に日本人の宮口礼子氏が就任/ビジネスパートナーの開拓などを推進

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!(複数取引所に登録して資産分散しておきましょう!)

【1位】GMOコインレバレッジ取引やリップル、ライトコイン購入におすすめ!
【2位】bitbank(ビットバンク ) リップル取引量No1高セキュリティ仮想通貨取引所

 

イーサリアム財団の執行役員に日本人の宮口礼子氏が就任/ビジネスパートナーの開拓などを推進

イーサリアム財団は近頃、執行役員として宮口礼子氏を招き入れた。財団の最前線での優秀な成績を提げ、宮口氏はオープンソース開発やビジネスそしてプラットフォーム改善にため共に仕事をしている組織による多大な尽力を課せられている。

時間がなく全文の記事が読めないけどイーサリアム今すぐ買いたい!という方は、当サイトで最もおすすめの仮想通貨取引所である「GMOコイン」「bitFlyer(ビットフライヤー)」で購入しましょう!(複数取引所登録は必須です!)

GMOコイン無料登録はこちら

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所特徴公式
GMOコイン リップル・ライトコインを購入するならGMOコイン!公式サイト
Bitbank高セキュリティ取引所/リップル取引量No1公式サイト
bitFlyerビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍公式サイト

新興国市場で有意義なテクノロジーになる可能性を感じてジョインを決意

ETHニュースは宮口氏にこれまでの経験、財団を前にした課題、今後の展望について直撃した。
ブロックチェーンやクリプトカレンシーという分散化する世界へ案内される前に、宮口氏はマイクロファイナンスの学位取得のために本に没頭していた。初めてブロックチェーン技術のことを耳にしたとき、宮口氏はファイナンシャル・インクルージョンの潜在能力に引き込まれていた。

宮口氏「ビットコインの核となるテクノロジーとして、2011年に初めてブロックチェーンのことを知りました。当時私は非営利団体の仕事をしており、マイクロファイナンスの修士号取得に励んでいく頃でした。個人的にはこのテクノロジーが新興国市場でのファイナンシャル・インクルージョンに有効なのではないかと考え、このイノベーションに参画したいと思いました。」

マネジメントと教育、そしてブロックチェーンのエコシステムの中での5年に及ぶ実地体験というバックグランドとともに、宮口氏は新たなポジションを全うするために準備を万全にしてやってきた。彼女のアプローチ方法は全体論的なもので、それぞれの観点を考慮し業界の有力者とのコミュニケーションを支持するものだった。

宮口氏「日本のクリプト・エコシステム創設に尽力する過程で、異なる観点から多種多様な目でこの分野の急速な成長度合いを目の当たりにする機会に恵まれました。
規制機関、金融機関、分権化ベンチャー企業として、私はどのような理由であれイーサリアムの発展からそれぞれのグループが恩恵を被るという事実を常に頭に入れ、効率的な成長と財団内外の部門との明確なコミュニケーションの発達に力を入れていきます。
手助けしてくれているチームやグループに一挙手一投足がどのように影響するのか、これまでの年数を費やして培った経験がどのように相互にリンクするのかを考察することはとても大事なことだと思っています。」

宮口氏は荒れ狂う水の流れに飲まれた経験がある。マウントゴックスがハッキングされたあの苦い経験の間、宮口氏は2013年から2014年の間にクリプトカレンシーを取引するクラーケンの副社長として努める傍、日本の規制官も務めていた。目標は目の前の危機の向こう側に目を向け、ブロックチェーンの潜在能力から長期的な利益を見抜く手助けをすることだった。

宮口氏「私の目標は、テクノロジーと民間企業が抱える問題を切り離して考えるよう相手に伝えることでした。世界を変えてしまうこのテクノロジーがある上で行政をきっちり教育することがとても重要で、規制がイノベーションを阻害することなく顧客を保護するという動きに繋がっていきます。」

宮口氏の経験がイーサリアムをビジネスパートナーたちに広める助けになる

イーサリアム財団のように多面的な組織を取りまとめることは一筋縄ではいかない。開発者チームは国境を超え分権化され、お互い納得し合うことができない場合もある。

さらに、取引の需要に見合った規模拡張の解答を大いに発展させる技術的な保証というものも乗り越えるべきハードルだ。しかし宮口氏はこれらの困難を対処するプランを用意している。

宮口氏「私のやるべき優先順の高い目標として、成功のために欠かせないリソースを用意し、コミュニケーションチャンネルをクリアにすることでチームを手助けすることで、全速力で駆け抜けられるようアイデアも時間も無駄にすることがなくなります。」

宮口氏はまた、イーサリアム財団がエコシステムを最大限まで高める、すなわちグローバルプレーヤーが手助けし貢献できる土壌となることを望んでいる。

宮口氏「このコミュニティーは信じられないようなスピードで成長を続けており、この分野においてサポートやハードワークを課してくださる方々には感謝してもしきれません。さらに先に進むために、私たちは仕事においてさらに密接に繋がりコミュニティーメンバーをサポートするよう努めてまいります。助成金の提供や大学との協賛は私たちの努力のほんの一部です。」

現在、開発者・企業・大学などリソースを分割して第2層のプロトコルの規模拡大に尽力すると約束した者に対して500万〜1000万円の助成金が下りることになっている

イーサリアム財団の次のステップには多くの企業間に結ばれる複雑な取引が絡んでくるが、宮口氏の豊富な経験がきっといい方向へと導くだろう。

参照元
https://www.ethnews.com/ethnews-exclusive-executive-director-of-the-ethereum-foundation-aya-miyaguchi

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう