【価格予想】リップルは$3を超えるのか/金融機関の導入スピードがポイントか

 

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!(複数取引所に登録して資産分散しておきましょう!)

【1位】GMOコインレバレッジ取引やリップル、ライトコイン購入におすすめ!
【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)ビットコインFX取引量世界1位
【3位】bitbank(ビットバンク ) 高セキュリティの仮想通貨取引所だから安心!

▼【登録無料】土日・即日入金したいなら住信SBIネット銀行に登録しましょう!

住信SBIネット銀行の申込はこちら!

 

【価格予想】リップルは$3を超えるのか/金融機関の導入スピードがポイントか

最も有名な暗号通貨の一つであり、金融機関や銀行を助け、サポートする綿密な計画があるRipple(XRP)(リップル)は、長く議論の的になってきた。XRP(リップル)の輝ける日々は終わったと考えている人も多いが、中には強気な考えを持つ人もいる。

彼らはXRP(リップル)の創設者やそのチームが技術を展開し、その最大の能力を引き出すのはまだ先だと信じているのだ。この予測は長期的には実現する可能性があり、Ripple(リップル)の価格は(対ドル価格で)$3(321円)の大台を越す可能性もある

※時間がなく全文の記事が読めないけどリップルを今すぐ買いたい!という方は、「GMOコイン」「ビットバンク(Bitbank)」で購入しましょう!

GMOコイン無料登録はこちら

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所特徴公式
GMOコイン リップル・ライトコインを購入するならGMOコイン!公式サイト
bitFlyerビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍公式サイト
Zaif【コインチェックからの乗り換えにおすすめ!】取引手数料の安さ日本一マイナス0.05%!公式サイト

リップルは長期的な健全性と安定性の強化を目標にした2つのホワイトペーパーを発表

Ripple(リップル)のトークン価格が急上昇を始めたの受けて、投資家になりたい多くの人たちや、様々なトレーダーが、後で後悔しないように強気の買いを見せている。コミュニティでたくさんの議論が交わされる中、かつては夢にしか思えなかった価格に達したため、多くの人が自分の保有している大部分を売却した。

Ripple(リップル)を保有しながら売却しなかったトレーダーは、Ripple(リップル)にさらなる可能性を見出している。その可能性が実現される可能性は高いが、その時が来るのはずっと先だろう。

グローバル決済の企業向けブロックチェーン・ソリューションであるリップル社は2/27に、XRP(リップル)元帳の長期的な健全性と安定性を強化することを目標に、2つのホワイトペーパーを発表した

サンフランシスコに拠点をおく同社は「XRP(リップル)元帳コンセンサスプロトコルの分析」を1つ目のホワイトペーパーとして提出している

このホワイトペーパーは2014年以降の旧アルゴリズム分析を基にしたものだ。2つ目のホワイトペーパーは「コバルト: オープンネットワークにおけるBFTガバナンス」である。こちらのホワイトペーパーは「不均一なトラストと参加者によるグローバルな合意がないネットワークで動作するアルゴリズム」であるコバルトを紹介する。

リップルは金融機関と綿密に連携を進める必要があることからまだ伸びるのに時間がかかるとの見方

Ripple(リップル)が最も有名な暗号通貨の一つであり、時価総額でも業界をリードしているにも関わらず、Coinbase取引所はRipple(リップル)の取り扱いを行っていない。顧客は、Coinbase取引所の管理者に導入の圧力をかけるため、嘆願書に署名を集める活動を始めた。Coinbase取引所のプラットフォームにRipple(リップル)を導入する要望は高く、現在、嘆願活動は功を奏するとみられている。

Ripple(リップル)が技術面・価格面でさらなる成功を収めるためには期間かかると信じる理由の一つは、この技術の実際のアプリケーションが、あらゆるレベルでの幻想や評価を振り払うのに、もうしばらく時間を必要としていることにある。

暗号通貨市場の動向を左右する要素が多岐にわたることを念頭においても、ある通貨の価格が上がる・下がる理由を特定するのは難しい。

しかしながら、VeChainThor(ヴィーチェーンソー)、Cardano(カルダノ)、Litecoin(ライトコイン)、IOTA(アイオタ)、NEO(ネオ)のようなアルトコインは、発表や目新しいニュースを糧に輝ける時を享受している。これらの発表やニュースは、各プラットフォームやコインが提供する、利用や実装をより良くするのに役立っている。

Ripple(リップル)のゴールは明確で、金融機関や銀行がRipple(リップル)の技術を最大限に活用するために試験や開発を続けていることと密接に関係している。そのため、Ripple(リップル)の躍進にはもう少し時間がかかるのだ。

リップル(XRP)が購入できる国内取引所

現在、国内取引所でリップル(XRP)を取り扱いしている取引所は「GMOコイン」「ビットバンク(Bitbank)」「DMM bitcoin」「BitTrade」「QUOINEX」「Coincheck」など6社があります。

リップル(XRP)の取引(売買)手数料/スプレッド/セキュリティGMOコイン」「ビットバンク(Bitbank)」の2社がおすすめ!

リップル(XRP)取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所取引(売買)手数料特徴公式
GMOコイン無料【GMOインターネット(東証一部上場)グループだから安心】レバレッジ取引5倍/全取り扱い通貨5種類!公式サイト
ビットバンク無料リップル含む全6種類/コールドウォレット・マルチシグ対応だからセキュリティ安心!公式サイト
DMM bitcoin (レバレッジ取引:建玉金額の0.04% / 日 ) リップル、ネムなどのレバレッジ取引5倍可能!F公式サイト
4位BitTrade 0.25%~0.45% 安心の国内MT4取扱業者/全取り扱い通貨5種類!公式サイト
5位QUOINEX0.25% 通貨ペア数14種類!人気の通貨ペアからマイナーな通貨ペア豊富!公式サイト
6位Coincheck 無料 日本No1仮想通貨取引所/全13種類取り扱い通貨/現在取引停止中 公式サイト

また、リップル(XRP)のレバレッジ取引(FX)をしたい方は、国内で唯一レバレッジ取引(最大5倍)が可能なDMM bitcoinに登録しましょう!

最も安くリップル(XRP)を購入できるおすすめ取引所・手数料比較ランキング

リップル最新ニュース一覧へ

参照元

https://ethereumworldnews.com/ripple-price-promising-future-awaits-pass-3-long-term/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう