ビルゲイツ氏が「仮想通貨は死を招いた」と発言/闇市場での利用などを危惧

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!(複数取引所に登録して資産分散しておきましょう!)

【1位】GMOコインレバレッジ取引やリップル、ライトコイン購入におすすめ!
【2位】bitbank(ビットバンク ) リップル取引量No1高セキュリティ仮想通貨取引所

 

ビルゲイツ氏が「仮想通貨は死を招いた」と発言/闇市場での利用などを危惧

ビル・ゲイツ氏の名前を冠する慈善団体が、非銀行化を支援するために暗号通貨の会社リップルと提携した。それにも関わらず、世界第二位の富豪であるビル・ゲイツ氏本人は、Bitcoin(ビットコイン)やそれに類するものの主な特徴は「良くはない」と火曜日に発言した。

ビル・ゲイツ氏が以前にマスコミのインタビューに対して発言した、Bitcoin(ビットコイン)は「流通通貨よりも良い」、Bitcoin(ビットコイン)は「安価で(取引が)できることを証明している」との内容が多く引用されている。しかし、これは2014年の発言だ。

※時間がなく全文の記事が読めないけどリップルを今すぐ買いたい!という方は、「GMOコイン」「ビットバンク(Bitbank)」で購入しましょう!

GMOコイン無料登録はこちら

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所特徴公式
GMOコイン リップル・ライトコインを購入するならGMOコイン!公式サイト
Bitbank高セキュリティ取引所/リップル取引量No1公式サイト
bitFlyerビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍公式サイト

匿名性のある通貨が闇市場で使われていることを危惧

火曜日に行われたアメリカ最大級のニュースサイトRedditの「Ask Me Anything」の6回目のセッションで、ビル・ゲイツ氏は暗号通貨に対する意見を聞かれた。その際に大富豪は、Bitcoin(ビットコイン)やアルトコインの短所に焦点を当てて発言をした。

特筆すべきは、暗号通貨では、クレジットカードのようにその所有者の名前を明らかにしていないため、誰にも気づかれずに違法な取引をすることが容易になる、という発言だろう。

暗号通貨の主要な特徴はその匿名性にあります。私はこれが良いことだとは思いません

とRedditの投稿で彼は述べている。

マネーロンダリングや脱税、テロ資金を探し出す政府の活動は良いことです。現在、暗号通貨はフェンタニルなどの麻薬を購入するのに利用されています。直接的に死を招く、まれな技術と言えるでしょう

Bitcoin(ビットコイン)などのいくつかの暗号通貨は記名制であるが、Monero(モネロ)などの暗号通貨は追加の匿名化機能を持っている。Monero(モネロ)など、あまり有名ではない暗号通貨が犯罪者に選ばれていることが、ここ数か月で明らかになってきている。

2014年のインタビューと同じように、ビル・ゲイツ氏は暗号通貨に対面性がないことにも言及した。

2014年当時、Bitcoin(ビットコイン)の総価格は37,521円程度で、取引の平均手数料は6円程度だった。悪名高いオンライン薬物マーケットのSilkRoadがアメリカ政府によって閉鎖された直後でもある。しかし、ビル・ゲイツ氏はBitcoin(ビットコイン)は「物理的に同じ場所に居なくてもよいし、大規模取引では流通通貨は相当不便」なためBitcoin(ビットコイン)は流通通貨より優れていると発言していた。

ビルゲイツ氏は仮想通貨をより革新するためにリップル社と共同で後進国向けのサービスをリリース

しかし、4年後の現在、ビル・ゲイツ氏は、犯罪組織に対しては現金の方が暗号通貨よりも長所があると述べている。

「確かに、匿名の現金は犯罪に利用されています」と彼は、現金の匿名性に関するコメントをフォローする形でReddit AMAに書いている。「しかし、現金の場合には取引の際に物理的に現場に居なければいけません。例えば誘拐の身代金受け渡しのようなことを困難にしてくれるのです」

しかし、ビル・ゲイツ氏は暗号通貨の短所は価値保蔵機能であるとしながら、根底にある技術は否定しなかったことに注目したい。Bitcoin(ビットコイン)が象徴する技術的な利点についてビル・ゲイツ氏は以前にポジティブな発言をしている。2015年のBackChannelのインタビューで、「Bitcoin(ビットコイン)革命から得た物を利用しなければいけません。Bitcoin(ビットコイン)だけではだめなのです」とビル・ゲイツ氏は発言している。

ビル&メリンダ・ゲイツ財団は、2017年10月にリップル社と協力して、後進国が金融サービス基盤を安価で作れるように、ソフトウェアをリリースしている。

世界第二位の富豪の発言を受けて価格が下がるかと思われたが、暗号通貨の代表格であるBitcoin(ビットコイン)の価格は安定してる。

Bitcoin(ビットコイン)の価格は火曜日に約3.5%上がり、$10,600(1,136,103円)になった。

リップル(XRP)が購入できる国内取引所

現在、国内取引所でリップル(XRP)を取り扱いしている取引所は「GMOコイン」「ビットバンク(Bitbank)」「DMM bitcoin」「BitTrade」「QUOINEX」「Coincheck」など6社があります。

リップル(XRP)の取引(売買)手数料/スプレッド/セキュリティGMOコイン」「ビットバンク(Bitbank)」の2社がおすすめ!

リップル(XRP)取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所取引(売買)手数料特徴公式
GMOコイン無料【GMOインターネット(東証一部上場)グループだから安心】レバレッジ取引5倍/全取り扱い通貨5種類!公式サイト
ビットバンク無料リップル含む全6種類/コールドウォレット・マルチシグ対応だからセキュリティ安心!公式サイト
DMM bitcoin (レバレッジ取引:建玉金額の0.04% / 日 ) リップル、ネムなどのレバレッジ取引5倍可能!F公式サイト
4位BitTrade 0.25%~0.45% 安心の国内MT4取扱業者/全取り扱い通貨5種類!公式サイト
5位QUOINEX0.25% 通貨ペア数14種類!人気の通貨ペアからマイナーな通貨ペア豊富!公式サイト
6位Coincheck 無料 日本No1仮想通貨取引所/全13種類取り扱い通貨/現在取引停止中 公式サイト

また、リップル(XRP)のレバレッジ取引(FX)をしたい方は、国内で唯一レバレッジ取引(最大5倍)が可能なDMM bitcoinに登録しましょう!

最も安くリップル(XRP)を購入できるおすすめ取引所・手数料比較ランキング

リップル最新ニュース一覧へ

参照元

http://fortune.com/2018/02/27/bill-gates-on-bitcoin-ripple-price-reddit-2018/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう