日本の金融庁がICOの規制強化を準備/過去には特定の企業に公式サイト上で警告も

 

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!(複数取引所に登録して資産分散しておきましょう!)

【1位】GMOコインレバレッジ取引やリップル、ライトコイン購入におすすめ!
【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)ビットコインFX取引量世界1位
【3位】bitbank(ビットバンク ) 高セキュリティの仮想通貨取引所だから安心!

▼【登録無料】土日・即日入金したいなら住信SBIネット銀行に登録しましょう!

住信SBIネット銀行の申込はこちら!

 

日本の金融庁がICOの規制強化を準備/過去には特定の企業に公式サイト上で警告も

Initial Coin Offering(ICO、仮想通貨技術を使った資金調達)が2017年に大流行して以来、各国政府や規制当局は、ICOに対する規制を策定し、法律に盛り込む努力を続けている。仮想通貨の取引が多い日本も法規制の準備を進めているが、今回は特にICOに焦点を絞っている

時間がなく全文の記事が読めないけどビットコイン(BTC)を今すぐ買いたい!という方は、当サイトで最もおすすめの仮想通貨取引所である「GMOコイン」に登録しましょう。(複数登録必須です!)

GMOコイン無料登録はこちら

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所特徴公式
GMOコイン リップル・ライトコインを購入するならGMOコイン!公式サイト
bitFlyerビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍公式サイト
Zaif【コインチェックからの乗り換えにおすすめ!】取引手数料の安さ日本一マイナス0.05%!公式サイト

ICOは詐欺も多く、金融庁はすでに監視を行なっている

ICOを通じて資金調達を行う企業に対して、日本の金融規制当局が法規制を策定しているとの情報が入ってきた。

金融庁はICOの国内管理を適切に行うために、法令の変更を視野に入れているようだ。日本では最近になって多くのトークンが発売されており、法令の変更には細心の注意が必要とされる。

現在、暗号通貨を通じた資金調達には明確な法規制がなく、2017年に発令されたBitcoin(ビットコイン)支払いに関する法律も、ほとんどのICOには適用されない

新しい法令の制定を要求する声は多く、金融庁は自国内で行われるICOの監視も行っている。不適切と判断されたICOの停止も、間もなく始まる可能性がある。

多額のICO詐欺も多く発生したため、金融庁は流れに任せず、自国内の投資家を対象にしたトークンセールスや、金融庁が疑わしいと判断したトークンセールスに対する監視を開始していた。

例えば、マカオの暗号通貨関連事業を行う会社が日本の投資家から資金を集めようとした際には、金融庁は何通もの警告書を出している。金融庁は同社に対し、ウェブサイトで公式声明まで出した。この公式表明は、マカオで事業を営む同社に対して、日本国内で業務を行い、投資家の募集を行うことを停止するよう命令している。

2017年10月に金融庁がICOに関連するリスクについて、国内の投資家に注意喚起を行っていることを考慮すれば、さらなる規制を導入するのは自然な流れだろう。

他の多くの国でも、ICOを定義した法制定が進んでいる。これにより、業界の透明性と投資家の保護が進むはずだ。

仮想通貨が国際的になり、世界中の国々でICOに資金が流れ込む中、管理を実現できている規制当局は少ない。アメリカ証券取引委員会は、証券法を遵守していないICOに対して、多数の高額訴訟を提起している。

企業が意図せずに行っている場合もあり、ICOとそのデジタルトークンに関する明確なガイドラインを制定する動きは活発になっている。

参照元

https://btcmanager.com/japanese-regulators-double-regulations-initial-coin-offerings/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう