大手取引所のバイナンスとクラーケンが引出手数料を50%値下げ/セグウィットの採用を決定

 

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!(複数取引所に登録して資産分散しておきましょう!)

【1位】GMOコインレバレッジ取引やリップル、ライトコイン購入におすすめ!
【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)ビットコインFX取引量世界1位
【3位】bitbank(ビットバンク ) 高セキュリティの仮想通貨取引所だから安心!

▼【登録無料】土日・即日入金したいなら住信SBIネット銀行に登録しましょう!

住信SBIネット銀行の申込はこちら!

 

大手取引所のバイナンスとクラーケンが引出手数料を50%値下げ/セグウィットの採用を決定

香港の仮想通貨取引所であるバイナンスはビットコインの引出手数料を50%引き下げると発表した。この動きにサンフランシスコの取引所クラーケンも動いた

約1900億円もの日次取引高を持つバイナンスは、SMS上で下記のように発表した。

#バイナンスからビットコイン(BTC)のドル引出手数料を半額にするというハッピーなお知らせ!すでに実行されてBTCの引出手数料は現在0.0005 BTCだけ!

その後すぐ、日次取引高約280億円のクラーケンもツイッター上で同じ内容をツイートした。

すぐにBTCの引出手数料が0.0005へ減額!ビットコインキャッシュも0.0001まで減額!

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所特徴公式
GMOコイン リップル・ライトコインを購入するならGMOコイン!公式サイト
bitFlyerビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍公式サイト
Zaif【コインチェックからの乗り換えにおすすめ!】取引手数料の安さ日本一マイナス0.05%!公式サイト

取引手数料の値下げを可能にしたのはセグウィットの採用が大きい

引出手数料を下げることが出来るのにはセグウィット(SegWit)の採用によるものである。先月、大手仮想通貨取引所の2社、コインベースとビットフィネックスは、SegWitを使用する動きを作った。コインベースの副会長兼統括マネージャーであるダン・ロメロ氏によると、SegWitを用いて大きく変化した点は、手数料の減額と取引スピードである。

ロメオ氏はブログ記事にて、SegWitの利用がもたらす可能性について書いている。

ライティング・ネットワークのようなSegWitを利用する新テクノロジーは、支払いのネットワークとしてビットコインの利用を身近にし、カスタマーの利益にもなるポテンシャルを持っている。

昨年、提案されたSegWit2xのアップグレードがサポート体制のロストにより中止された。そして能率的なネットワークのベストな改善を見込めないファンによって、ここ数か月で取引手数料は約2000円以上を超えてきている。混乱したコスト上のフラストレーションは、結果としてユーザーはネットワーク上で散り散りとなり、昨年のビットコインキャッシュとして代替となる仮想通貨を作る者もいた。特に、SegWitはブロックサイズをわずかに増大させ、数々のブロック間の取引を増やすのに役立ち、取引プロセスを迅速にする。

SegWitの採用によってより多くの暗号取引の処理プロセスが迅速になり、多くのユーザーが現在直面している取引手数料の減少が期待される。もちろん、すぐ近い将来で解決されるだろう。マーケットへの関心は高まり続け、毎日新しい投資家が参入する。そのため、最終的には取引手数料はまた上昇することだろう。必要なことは沢山あるがネットワークの発展は進むべき道を歩んでおり、エコシステムの開発においても良い影響をもたらすはずだ。

いま仮想通貨の取引をするならバイナンスがおすすめ!

Binace(バイナンス)

おすすめポイント

  • 仮想通貨取引量世界7位!
  • 取扱い仮想通貨100種類以上!
  • 取引手数料0.1%!
  • ビットコインの分裂コインにも対応!

仮想通貨取引所「Binance(バイナンス)」は2017年7月に開設された中国の仮想通貨取引所です。日本語対応も開始しており、取引量も世界7位、取扱通貨も100種類以上と急成長してる仮想通貨取引所です!

また、取引手数料も0.1%と安く「メールアドレス」と「パスワード」だけで無料登録できます!(登録時間は1分程度)

公式サイトへ

仮想通貨取引量世界7位!

中国の仮想通貨取引所「Binance(バイナンス)」は2017年7月に開設された中国の仮想通貨取引所ですが、2017年11月時点で世界で仮想通貨取引量 ・流通量が7位と急成長をしている取引所になります!9月には日本語対応も開始してています!

取扱い仮想通貨100種類以上!

Binance(バイナンス)」の取扱い仮想通貨銘柄・種類は100種類以上になっています。国内で取扱数が最も多い「Coincheck(コインチェック)」でも13種類であり、その10倍以上のアルトコインなどを扱っています!

取引手数料0.1%

また、「Binance(バイナンス)」の取引手数料は、全て一律0.1%になっておりアルトコインも安く取引できるため、この点はおすすめです!

ビットコインの分裂コインにも対応!

Binance(バイナンス)」は、2017年11月25日にビットコインのハードフォーク(分裂)により誕生したビットコインダイヤモンド(BCD)の配布など、世界で最も早く配布対応をしており、今後も続くビットコインの分裂コインの配布にも対応してくれる可能性が高い取引所なっています!

公式サイトへ

記事リンク
https://ethereumworldnews.com/binance-kraken-reduce-withdrawals-fees-50-percent/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう