小売業の大手ウォルマートがブロックチェーン基盤の配送網を特許出願/輸送業では世界的大手のUSP社がBiTAに加盟

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!(複数取引所に登録して資産分散しておきましょう!)

【1位】GMOコインレバレッジ取引やリップル、ライトコイン購入におすすめ!
【2位】bitbank(ビットバンク ) リップル取引量No1高セキュリティ仮想通貨取引所

 

小売業の大手ウォルマートがブロックチェーン基盤の配送網を特許出願/輸送業では世界的大手のUSP社がBiTAに加盟

アメリカの主要小売業者の一つであるウォルマートが、3月1日に米国特許商標庁から「スマート・パッケージ・システム」に対する承認を得た、とFintech Financeが報じた。

ウォルマートはスマート・パッケージ・システムにより、ブロックチェーン技術を基盤にした、商品、パッケージ、位置、環境条件やその他の詳細を追跡できるツールの実装を目指している。システムそのものも新技術だが、このサービスは無人ドローンや自律移動車などの新技術をターゲットに設計されている。

このブロックチェーン・プラットフォームを利用するため、販売者や配送業者、購入者の秘密鍵アドレスなどのチェーンとともに、鍵アドレスが記憶される。

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所特徴公式
GMOコイン リップル・ライトコインを購入するならGMOコイン!公式サイト
Bitbank高セキュリティ取引所/リップル取引量No1公式サイト
bitFlyerビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍公式サイト

運送業界の世界的大手企業UPS社もブロックチェーン団体に加盟

特許出願書で、ウォルマートは「商品を輸送する際のパッケージに、より高い安全性」を提供するツールの開発に対して必要性と要求が高いことを強調している。出願書には、既存の追跡機器は「要求されるような機能」を提供できない、と書かれていた。Fintech Financeのよると、ウォルマートは「スマート・パッケージ」の出願書を2017年8月に初めて申請している

ウォルマートがブロックチェーン技術を利用するのは「スマート・パッケージ」が初めてではない。2016年には、ウォルマートはIBMと提携し、リコールされた食品を商品リスト上で検出して削除するためにブロックチェーンを利用している。

さらなる運送・配送業者もブロックチェーン技術を試している。アメリカの運送会社UPS(ユナイテッド・パーセル・サービス)がBiTA(Blockchain in Trucking Alliance、運送業におけるブロックチェーン同盟)に加わったのだ。シンガポールの世界最大級の港湾運営会社、PSAインターナショナルも去年8月に、ブロックチェーン技術を基盤にした供給ネットワークの試験を行う契約をIBMと交わしている。

参照元

https://ethereumworldnews.com/delivery-infrastructure-based-blockchain-technology-walmart-patented/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう