アマゾンが仮想通貨に関する大規模リサーチを実施/50%以上が好意的な意見

 

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!(複数取引所に登録して資産分散しておきましょう!)

【1位】GMOコインレバレッジ取引やリップル、ライトコイン購入におすすめ!
【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)ビットコインFX取引量世界1位
【3位】bitbank(ビットバンク ) 高セキュリティの仮想通貨取引所だから安心!

▼【登録無料】土日・即日入金したいなら住信SBIネット銀行に登録しましょう!

住信SBIネット銀行の申込はこちら!

 

アマゾンが仮想通貨に関する大規模リサーチを実施/50%以上が好意的な意見

2017年に興った仮想通貨の需要の高まりと、Kodak(コダック)社やTelegram(テレグラム)社などの多くの企業がここ最近にデジタルトークンを発行したことで、FacebookやAmazonなどの企業によるデジタル通貨の実現も、もう目に見えているように思えます。

時間がなく全文の記事が読めないけどビットコイン(BTC)を今すぐ買いたい!という方は、当サイトで最もおすすめの仮想通貨取引所である「GMOコイン」に登録しましょう。(複数登録必須です!)

GMOコイン無料登録はこちら

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所特徴公式
GMOコイン リップル・ライトコインを購入するならGMOコイン!公式サイト
bitFlyerビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍公式サイト
Zaif【コインチェックからの乗り換えにおすすめ!】取引手数料の安さ日本一マイナス0.05%!公式サイト

Amazonの調査によると50%以上がAmazonが仮想通貨を発行することに好意的と発表

このような通貨は、同プラットフォームで使用する主要な支払形式の役割を果たし、Amazonの顧客は、すでにこれが大成功を収めていると考えています
合計1,000人に及ぶAmazonの顧客を対象に最近行った調査では、これらの意見に加えてさらにいくつかのことが明らかになりました。同対象者に尋ねた質問の1つに、仮想通貨業界に正式に加わったAmazonの狙いに対する意見に関するものがあります。

調査対象者の半数以上は、Amazonがデジタルトークンを発行することに賛成すると答え、この考えに完全に反対したのは全体の約20%のみでした
この考えを支持した対象者は、厳密には51.7%に及びます。正確には少し違うかもしれませんが、Amazon Coins(アマゾンコイン)と呼んでもおかしくないそのデジタルトークンは、Amazonマーケットプレイスでの商品やサービスの購入に使用されることになります。Amazonプライムの会員である回答者の数に着目すると、同人口統計の58.27%がこの考えを支持していました。

もし提供されるのであれば、あなたは、Amazon.comでの今後の買い物に、Amazonが作成した仮想通貨(例:Amazon Coin(アマゾンコイン))を使用するという考えに同調しますか?
はい 51.70%
いいえ 21.90%
わからない 26.40%
「はい」と答えたプライムユーザー 58.27%

このデータは、日常生活でデジタル通貨を使用するという考えに人々がどのように同調しているのかを示しています。同分野の他の多く企業に「Amazon効果」をもたらしても、Amazonは近頃では巨大企業である包括的なマーケットプレイスであるため、同米企業は新しいトークンの導入を容易に実現できることでしょう。

Amazonは仮想通貨に関するドメインを多数保有

Amazonがそのような計画を予定しているということを正式に示すことがほとんどなかったので、これを考えるのは少し早すぎるように思えます。現在、同社は自社のマーケットプレイスにおいて、Bitcoin(ビットコイン)や他のデジタル通貨での支払いを許可していません。
しかしながら、同社はamazonbitcoin.comやamanocryptocurrencies.com、amazoncryptocurrency.com、amazonethereum.comなど、数多くのデジタル通貨に関連するドメイン名を保有しています

しかし、Amazonは、これらのドメインがデジタル通貨圏に参加する何か具体的な計画のためであったというわけではなく、むしろ自社ブランドを保護するためであったと述べました。
すでにAmazonが提供している「Amazon Coins(アマゾンコイン)」と呼ばれるものがありますが、これはデジタル通貨ではありません。これは、Kindle Fireのアプリやゲームで使用できるデジタルバウチャーを指し、譲渡や転売はできません。
近いうちにAmazonがデジタルトークンを発行するということはないように思えますが、それは確かに注目を集めているアイデアの1つです。Amazonが外国為替相場や取引手数料に関する多くの問題を取り除くことができるように、Amazonにとっては、多くのメリットがあることでしょう。これらの費用はすべて、マーケットプレイスで行われる日々の取引高により、かなり帳尻が合うようになります。

参照元

https://btcmanager.com/customer-survey-amazon-cryptocurrency-welcomed-open-arms/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう