イーサリアムベースの信用評価アプリケーション「ブルーム」に関心が高まる/エキファックス社の情報漏洩問題が原因

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!(複数取引所に登録して資産分散しておきましょう!)

【1位】GMOコインレバレッジ取引やリップル、ライトコイン購入におすすめ!
【2位】bitbank(ビットバンク ) リップル取引量No1高セキュリティ仮想通貨取引所

 

イーサリアムベースの信用評価アプリケーション「ブルーム」に関心が高まる/エキファックス社の情報漏洩問題が原因

人々がEquifax(エキファックス)社や従来の信用調査会社への信用を失い続けている一方で、ブロックチェーン対応の与信取引申請は、はるかに魅力的な選択肢であることが証明されています。

時間がなく全文の記事が読めないけどイーサリアム今すぐ買いたい!という方は、当サイトで最もおすすめの仮想通貨取引所である「GMOコイン」「bitFlyer(ビットフライヤー)」で購入しましょう!(複数取引所登録は必須です!)

GMOコイン無料登録はこちら

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所特徴公式
GMOコイン リップル・ライトコインを購入するならGMOコイン!公式サイト
Bitbank高セキュリティ取引所/リップル取引量No1公式サイト
bitFlyerビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍公式サイト

 

信用評価アプリケーションはイーサリアムベースのBloom(ブルーム)がより魅力的

先週、大手消費者信用調査会社のEquifax(エキファックス)は、2017年に同社で同時多発した情報漏洩が実は、人々が思っていたよりも酷いものであったことを公表しました。Equifax(エキファックス)の最新の概算によれば、同社の個人情報保護の失敗により、1.4億人もの利用者が被害を受けていました。これは、当初の予想よりも240万人多い結果です。

Bloom(ブルーム)のようなブロックチェーン対応の信用評価(クレジットスコア)アプリケーションは当然、Equifax(エキファックス)のより安全な代替手段の役割を果たしており、より魅力的な解決手段であることが証明されています
Bloom(ブルーム)は、ブロックチェーンの匿名性とプライベートな性質を背景として、当該個人の個人情報を情報漏洩から安全に保護することを目的とした、一般に「Dapp(ダップ)」と呼ばれるEthereum(イーサリアム)ベースの分散型アプリケーションです。同社の競争相手を調査するように強く求める新規ユーザーの波が押し寄せたために、Bloom(ブルーム)の公式ウェブサイトは、Equifax(エキファックス)の発表の翌日の昨日に実際ダウンしました。

なお、Bloom(ブルーム)の登録者数合計は、ブロックチェーン非対応のアプリケーションと比較すると、依然として非常に少ないです。これは、ブロックチェーン技術がまだ新しいという事実を踏まえると、当然のことです。実際、アプリケーション自体は2ヶ月間稼動していません。共同創設者のライアン・フェイバー氏はVentureBeat(ベンチャービート)に対して以下のように語りました。

ブロックチェーン技術は非常に新しいものであるため、「Dapp(分散型アプリケーション)」のオンボードユーザーには、かなりの技術摩擦が依然として存在しています。あなた達は今、MetaMask(メタマスク)を使用して、この新たな技術の仕組みをきちんと捉える必要があります。我が社は、2018年末までに仮想通貨空間で最大の「Dapp(分散型アプリケーション)」になれると信じています。

Bloom(ブルーム)は、Equifax(エキファックス)のような従来の組織と比較すると、特に魅力的です。というのも、Bloom(ブルーム)によって従来の通貨とデジタル通貨の貸し手は、クレジットスコアを得られない人や財務データをEquifax(エキファックス)のような安全ではない組織の手に渡らせたくない人を含む、他の誰かとバーチャルな空間でやり取りできるようになるからです。

さらに、Equifax(エキファックス)とは違い、Bloom(ブルーム)では、第三者によって公的に検証されうるグローバルアイデンティティの役割を果たすBloomID(ブルームアイディー)をユーザーが作成できます。一方で、BloomIQ(ブルームアイキュー)は、IPFSに関する情報を暗号化し保存することで、ユーザーの現在および過去の債務を追跡・報告してくれます。最後に、Bloom(ブルーム)にはBloomScore(ブルームスコア)というものがあり、これは他のクレジットスコアと同じような役割を果たし、債務返済に関してユーザーがどれだけ信用できるかを示してくれます
Equifax(エキファックス)の件のような情報漏洩が重大な懸念の原因を提示する場合には、ブロックチェーンが信用調査の分野に強引に進出することが予想されます。

参照元

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう