イングランド銀行が仮想通貨の強化のため規制を要求/富裕層がターゲットの世界最大金融アドバイザリー企業もサポートの意志を表明

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!(複数取引所に登録して資産分散しておきましょう!)

【1位】GMOコインレバレッジ取引やリップル、ライトコイン購入におすすめ!
【2位】bitbank(ビットバンク ) リップル取引量No1高セキュリティ仮想通貨取引所

 

イングランド銀行が仮想通貨の強化のため規制を要求/富裕層がターゲットの世界最大金融アドバイザリー企業もサポートの意志を表明

2018年3月5日に、イングランド銀行の総裁がウェブニュースInvestorideas.comでコメントを残した。仮想通貨の規制によって、ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)、リップル(XRP)、ライトコイン(LTC)、ダッシュ(DASH)の回復を持続し、より発展させることが出来ると期待されている。

※時間がなく全文の記事が読めないけどリップルを今すぐ買いたい!という方は、「GMOコイン」「ビットバンク(Bitbank)」で購入しましょう!

GMOコイン無料登録はこちら

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所特徴公式
GMOコイン リップル・ライトコインを購入するならGMOコイン!公式サイト
Bitbank高セキュリティ取引所/リップル取引量No1公式サイト
bitFlyerビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍公式サイト

富裕層をターゲットにした世界最大の金融アドバイザリー企業もサポートする考えを表明

これは、世界でも最も大規模な独立した金融機関デュベル・グループの設立者兼CEOのナイジェル・グリーン氏の予測であり、イングランド銀行総裁マーク・カーニー氏の発表では、仮想通貨を「規制のテント」の中に入れてクリアなものにしたいとのことだった

カーニー氏は述べる。

暗号通貨のエコシステムを、実存の金融システムのような同じスタンダードへ保持しなければならない時が来た。金融システムへの参加は巨大な特権をもたらすが、大きな責任も伴う。私の見方のように、仮想通貨の取引を金融取引のような厳しい規定と同じようにすることは、規則上のアプローチの点では大きな欠点と呼ばれるかもしれない。

総裁の発表は、デュベル・グループのCEOがメディアで声明を出した次の日に行われている。

規制が必要なのは言うまでもない。明快な分野とするために、強固で国際的な骨組みの構成と、厳格に進行できる管理が大きく求められている。中でもベストな問題解決は、取引所を通じて規制を行うことだ。

グリーン氏はイングランド銀行の立場をコメントしている。

率先的で実際的な取り組みは、イングランド銀行が主導に立って行われるべきだ。

興味深い仮想通貨の発展に、多くの人々が気づくようになった。伝統主義者もそうでない者も、何らかの形で仮想通貨は存在しており、この市場は成長するのみだ。

厳格な規制はリテールや投資機関を守ることになるだろう。仮想通貨の犯罪と戦い、グローバルな金融の安定を崩壊させるリスクも減らすはずだ。仮想通貨を導入する国は、長期間で経済の押し上げることが可能だろう。

デュベル・グループのCEOも話す。

イングランド銀行は世界でも影響力がある中央銀行だ。そのため、他行がポリシーを形成する際にも参考になるだろう。

強靭な規制の骨組みはより投資家を守り、市場への信頼を厚くさせる。仮想通貨の規制に関するイングランド銀行総裁の考えは、BTCやETH、XRP、LTC、DASHなどの仮想通貨を支持する大きな燃料になると期待出来る。

CEOはさらに続ける。

規制は確実で信頼的、法律上の保障となる支えである。この信頼への変換によって、長期間で見ると経済が上昇する傾向となる。日本のビットコインが東京でトークンの規制をスタートさせた時、私達は見た。市場は始めにダウンするが結局は上昇したのだ。同じことがオーストラリアでも起こっている。

グリーン氏はこう締めくくる。

仮想通貨の規制は求められており、避けられないものだと私は信じている。沢山の国際的な金融機関や立法者、中央銀行らがイングランド銀行のように、仮想通貨に対して働きかけている。私は全力でこれらをサポートしている。

デュベル・グループとは世界でも最も大きい独立した金融アドバイザー、グローバルな金融のソリューションであり、各国のマス富裕層や上流富裕層が顧客である。世界各国に70以上のオフィスがあり、8万人以上の顧客のもと、約1兆2000億円が動いている。

参照元
http://www.investorideas.com/news/2018/bitcoin/03054BankOfEngland.asp

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう