【イーサリアム(ETH)】ロシアが次回の大統領選でブロックチェーン技術を導入/国営組織が出口調査のデータ管理に利用

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!(複数取引所に登録して資産分散しておきましょう!)

【1位】GMOコインレバレッジ取引やリップル、ライトコイン購入におすすめ!
【2位】bitbank(ビットバンク ) リップル取引量No1高セキュリティ仮想通貨取引所

 

【イーサリアム(ETH)】ロシアが次回の大統領選でブロックチェーン技術を導入/国営組織が出口調査のデータ管理に利用

3月18日のロシア大統領選挙期間中、全ロシア世論調査センターは、出口調査のデータを安全に記録・転送するために、ブロックチェーン技術の導入を予定しています
VTSIOMの略称で知られる国営の「全ロシア世論調査センター」は今月末の大統領選挙期間中、出口調査の結果を記録するためにブロックチェーン技術の導入を予定しています。

時間がなく全文の記事が読めないけどイーサリアム今すぐ買いたい!という方は、当サイトで最もおすすめの仮想通貨取引所である「GMOコイン」「bitFlyer(ビットフライヤー)」で購入しましょう!(複数取引所登録は必須です!)

GMOコイン無料登録はこちら

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所特徴公式
GMOコイン リップル・ライトコインを購入するならGMOコイン!公式サイト
Bitbank高セキュリティ取引所/リップル取引量No1公式サイト
bitFlyerビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍公式サイト

モスクワ政府は2017年にはイーサリアムベースの技術を活用した投票の計画を発表

VTSIOMの最高責任者であるバレリー・フョードロフ氏は、前回実施したオンライン出口調査の試みが、悪質な参加者による妨害により失敗したと述べました。
我々は現に、多数の匿名ハッカーによるDDOS攻撃やその他のハッキング行為による被害に遭わないために、選挙当日に同サイトを閉鎖する必要がありました。
同組織は、この新たなシステムが「ハッカー攻撃の影響を軽減し、データ収集と集約のプロセスの透明性を確保する」と考えています。
プレスリリースの中でVTSIOMは、

このプロジェクトが成功すれば、これが、同センターで開発し2018年から2021年の実施を計画している『デジタルVTSIOM』プログラムの基盤となる

と述べました。
この出口調査プロジェクトは、2chain(トゥーチェイン)という企業と連携して本格展開される予定です
モスクワ政府は2017年後半に、モスクワ市民が都市計画やその他の選挙以外の争点について投票することを可能にする「アクティブ・シチズン・プログラム」をEthereum(イーサリアム)コードベースのブロックチェーンに移行させることを発表しました

参照元

https://www.ethnews.com/russia-to-use-blockchain-for-exit-polling-in-upcoming-presidential-election

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう