韓国大手メーカーのサムスンがAIとブロックチェーンをスマート物流プラットフォーム『Cello(チェロ)』に導入

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!(複数取引所に登録して資産分散しておきましょう!)

【1位】GMOコインレバレッジ取引やリップル、ライトコイン購入におすすめ!
【2位】bitbank(ビットバンク ) リップル取引量No1高セキュリティ仮想通貨取引所

 

サムスンがAIとブロックチェーンをスマート物流プラットフォーム『Cello(チェロ)』に導入

サムスンSDSは、ブロックチェーンや人工知能を取り入れるために、同社のスマート物流プラットフォームをアップグレードすることで、新たなテクノロジーへの投資やそれらに関する研究に資本を投下しようと考えています。
韓国での今日の記者会見で、サムスンSDSのホン・ウォンピョ最高経営責任者(CEO)は、サプライチェーン計画や輸送システム、倉庫管理のためのアプリケーションを備えた最適化ソフトウェアツールであるスマート物流プラットフォーム『Cello(チェロ)』へのアップグレードについて詳しく述べました。

時間がなく全文の記事が読めないけどイーサリアム今すぐ買いたい!という方は、当サイトで最もおすすめの仮想通貨取引所である「GMOコイン」「bitFlyer(ビットフライヤー)」で購入しましょう!(複数取引所登録は必須です!)

GMOコイン無料登録はこちら

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所特徴公式
GMOコイン リップル・ライトコインを購入するならGMOコイン!公式サイト
Bitbank高セキュリティ取引所/リップル取引量No1公式サイト
bitFlyerビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍公式サイト

ブロックチェーンの有用性を証明するユースケースを作るとCEOのホン氏が発言

ホン氏は、この数年間でCello(チェロ)でのブロックチェーンの統合と連携して取り組んできた同社独自の人工知能アルゴリズムによってもたらされた物流効率の改善を強調しました。同事業のデリバラブル(成果物)は、「需要予測のシステム化」と「在庫計画」の誘導化を中心に意図的に展開しています。

ホン氏は、

ブロックチェーンなどの(新しい)テクノロジーにとって、もっとも重要な課題は、それらの実用性と有用性を証明する現実的なユースケースを多く作るということです。ブロックチェーン技術自体はオープンソース化されています。しかし、そのブロックチェーン技術は、特定の業界で特定の目的にかなう適切な機能と組み合わさった場合にのみ有用となるのです。そして、私はこれがすべての企業に可能なことではないと考えています

と述べました。
サムスンSDSは、2012年に初めてサムスングループの別子会社であるサムスン電子の契約サービスプロバイダーとしてCello(チェロ)を立ち上げて以来、戦略的投資や研究開発を経て、新たなテクノロジーに事業を拡大しています。Cello(チェロ)のこれまでの取り組みには、食品在庫管理や国際配送手続きへの取り組みも含まれています。
韓国の『ザ・コリア・ヘラルド』紙によれば、サムスンSDSは今年、約48.8万トンの航空貨物と約107万TEUのコンテナ船貨物を処理すると見込んでおり、出荷量で世界最大の物流企業の1つとして事業の基盤を固めています。

 

参照元

https://www.ethnews.com/samsung-adds-ai-and-blockchain-to-smart-logistics-platform-cello

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう