【リップル(XRP)】リップル社にブルームバーグ・テレビジョンのコリー・ジョンソン氏が参入/マーケティング戦略最高責任者としてXRPの投資価値向上へ注力

▼DMMビットコインがスマホアプリをリリース開始!

仮想通貨の「現物取引」「レバレッジ取引」を一つのアプリに集約。ビットコイン、イーサリアム、ネム、リップルなど7通貨、全14銘柄(通貨ペア)の取引が可能!

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!(複数取引所に登録して資産分散しておきましょう!)

【1位】GMOコインレバレッジ取引やリップル、ライトコイン購入におすすめ!
【2位】bitbank(ビットバンク ) リップル取引量No1高セキュリティ仮想通貨取引所
【3位】bitFlyer(ビットフライヤー)ビットコインFX取引量世界1位

 

【リップル(XRP)】リップル社にブルームバーグ・テレビジョンのコリー・ジョンソン氏が参入/マーケティング戦略最高責任者としてXRPの投資価値向上へ注力

【この記事のサマリー】

・ジョンソン氏はリップル社のCEOロン・ウィル氏の側近で働くことになる
・ジョンソン氏の業務はリップル社とリップルコイン(XRP)を投資家へアピール
・リップル社は第4半期でXRPを約91億6千万円分売り上げる。

※時間がなく全文の記事が読めないけどリップルを今すぐ買いたい!という方は、「GMOコイン」「ビットバンク(Bitbank)」で購入しましょう!

GMOコイン無料登録はこちら

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所特徴公式
GMOコイン リップル・ライトコインを購入するならGMOコイン!公式サイト
Bitbank高セキュリティ取引所/リップル取引量No1公式サイト
bitFlyerビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍公式サイト

インターナショナル・データ・コーポレーションとマーキュリーFX社もxRapidを導入予定

リップル社は、数千億円の価値を保持する仮想通貨XRPの決済システムを起動させる。雇用されたーケティング戦略最高責任者はXRPの複雑したストーリーを投資家へ伝えなければならない。

ブルームバーグ・テレビジョンのコリー・ジョンソン氏はネットワーク・ニュースの業務を辞め、リップル社の仕事に取りかかることをCNBCへ報告した。ジョンソン氏はヘッジファンド・マネージャーとしてブルームバーグ社で8年過ごし、主にテレビやブルームバーグ・ラジオのテクニカルな部分をカバーしていた。

ジョンソン氏はまだ設立6年の不安定な時期にあるリップル社に飛び込むこととなる。リップル社はビットコインやイーサリアムのようなデジタル資産であるXRPの大部分を所有しており、4兆9千億円という驚くべき資産価値を保持している。今年はXRPの価格が大きく変動し続けており、1月には最高値約384円を記録したが、今週火曜日には約83円までに下落した。

リップル社はブロックチェーンを利用した決済システムのソフトウェアを、ビジネスとして金融機関に売り込むのと同時に、初期から運営している仮想通貨のXRPのプロモーションも同じく行っている。リップルの評論家達は企業価値として、発展性のあるデジタル資産を構築したこと、仮想通貨ラッシュによって投資家を引き付けられる点などを主張する。

リップル社のCEOブラッド・ガーリングハウス氏はこれらの主張を全て聞き、かつよく「FUD(恐怖、不安、疑念)」を使って周辺の企業や仮想通貨について話す。ジョンソン氏の仕事はこれを少しシンプルにすることだ。

リップル社の役割はXRPの取り扱いと同じく仮想通貨の金融市場での調整者でもある。金融機関や投資家にとってもより説明が必要である。

とジョンソン氏は述べた。

私達はいつも試み、説明し、聞き、ウォールストリートをより簡単にする戦略を作り、そして私達が何をしているか、世界の金融市場が理解出来るように取り組んでいる。

ジョンソン氏は20年以上ベイエリアで過ごし、CNBCの特派員を含む多数の報道機関で働いてきた。そして今度はリップル社のCFOロン・ウィル氏と共に働く。

独自のキャッシュ・ポジションでスタート・アップに参加する。毎月リップル社は、5兆5千億円もの価値があるXRPのごく一部をエスクローアカウントへ入金する。これらの小規模な売り上げは2017年度の第四半期で約91億6千万円をもたらしたと1月に発表された。

ジョンソン氏は、報酬の一部としてXRPを受け取っているか否は明言を避けた。新しい方法を使って市場を育て、変化を好まないと知られている銀行業界にも影響を与えることを楽しみにしていると話した

XRPのスタートはいくつかの採択を得ることが出来た。マネーグラム社は今年始めからリップル社のxRapidシステムとXRPを使った国際決済システムのテストを開始した。またインターナショナル・データ・コーポレーションとマーキュリーFX社も「送金決済と企業間取引を素早く行うために」xRapidを利用する予定だ

まだ早いが、市場価格を判断するためにXRPは多くの牽引力を必要とする。

ジョンソン氏は語る。

企業が繁栄するのに企業の繁栄のためのコントロールは、実際は必要ないということだ。こういった持ちつ持たれつの関係は興味深いものだ。

ジョンソン氏はサンフランシスコとニューヨークの間を急いで立ち回る。ジョンソン氏が会社にいるのはまだ数時間だが、すでに新しい同僚を注意深く観察していた。

彼らは火が付いたように1分間に1000マイルも地球上を動き回っている。

リップル(XRP)が購入できる国内取引所

現在、国内取引所でリップル(XRP)を取り扱いしている取引所は「GMOコイン」「ビットバンク(Bitbank)」「DMM bitcoin」「BitTrade」「QUOINEX」「Coincheck」など6社があります。

リップル(XRP)の取引(売買)手数料/スプレッド/セキュリティGMOコイン」「ビットバンク(Bitbank)」の2社がおすすめ!

リップル(XRP)取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所取引(売買)手数料特徴公式
GMOコイン無料【GMOインターネット(東証一部上場)グループだから安心】レバレッジ取引5倍/全取り扱い通貨5種類!公式サイト
ビットバンク無料リップル含む全6種類/コールドウォレット・マルチシグ対応だからセキュリティ安心!公式サイト
DMM bitcoin (レバレッジ取引:建玉金額の0.04% / 日 ) リップル、ネムなどのレバレッジ取引5倍可能!F公式サイト
4位BitTrade 0.25%~0.45% 安心の国内MT4取扱業者/全取り扱い通貨5種類!公式サイト
5位QUOINEX0.25% 通貨ペア数14種類!人気の通貨ペアからマイナーな通貨ペア豊富!公式サイト
6位Coincheck 無料 日本No1仮想通貨取引所/全13種類取り扱い通貨/現在取引停止中 公式サイト

また、リップル(XRP)のレバレッジ取引(FX)をしたい方は、国内で唯一レバレッジ取引(最大5倍)が可能なDMM bitcoinに登録しましょう!

最も安くリップル(XRP)を購入できるおすすめ取引所・手数料比較ランキング

リップル最新ニュース一覧へ

参照元
https://www.cnbc.com/2018/03/08/ripple-hires-bloomberg-tvs-cory-johnson-as-chief-market-strategist.html

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう