マイニング機最大手のビットメインがブロックチェーン技術を適用した中央銀行を計画

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!(複数取引所に登録して資産分散しておきましょう!)

【1位】GMOコインレバレッジ取引やリップル、ライトコイン購入におすすめ!
【2位】bitbank(ビットバンク ) リップル取引量No1高セキュリティ仮想通貨取引所

 

マイニング機最大手のビットメインがブロックチェーン技術を適用した中央銀行を計画

技術者や金融専門家の多くが仮想通貨やブロックチェーンを強く支援しているのは、推定や分散がなくプライバシー性が高いからであるということはよく知られています。
しかし、ビットコイン(BTC)マイニング機最大手の「Bitmain(ビットメイン)」は、ブロックチェーン技術によって支えられている民間の中央銀行の設立を立案計画していると宣言しました(3月7日発表)。

時間がなく全文の記事が読めないけどビットコイン(BTC)を今すぐ買いたい!という方は、当サイトで最もおすすめの仮想通貨取引所である「GMOコイン」に登録しましょう。(複数登録必須です!)

GMOコイン無料登録はこちら

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所特徴公式
GMOコイン リップル・ライトコインを購入するならGMOコイン!公式サイト
Bitbank高セキュリティ取引所/リップル取引量No1公式サイト
bitFlyerビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍公式サイト

ビットメインは仮想通貨業界のスタートアップを支援していきたいと表明

ジョージタウン大学の金融市場政策センターとデジタル商工会議所が主催するDCブロックチェーンサミットの期間中に、BitMain(ビットメイン)の共同設立者であるジハン・ウー氏は、同社が現在、計画を複数立てていて、フィアット(法定通貨)に必要な仮想通貨業界と中央銀行の間の隔たりを埋めるスタートアップ企業を20~30社支援したいということを強調しました。

ジハン・ウー氏によると、クライアントや消費者は、連邦準備銀行とは異なる民間の中央銀行におけるユーザーエクスペリエンスが、より快適であることに気づくでしょう。
同氏はさらに、Bitmain(ビットメイン)がブロックチェーン技術のおかげで法的に実施するサービスとして、民間の通貨を発行する責任を担う民間の中央銀行設立に関心があると述べました。

我々Bitmain(ビットメイン)社は、ブロックチェーン技術を使用して合法的に民間の通貨を発行し、それをサービスの1つとして展開する民間の中央銀行における新興企業に非常に関心があります。我々は、このユニークな新興経済に力を注ぐ新興企業20〜30社に投資したいと考えている

と述べました。

Bitmain(ビットメイン)の共同設立者がこのアプローチを大胆に採用する動機は、中央銀行が明らかにドル箱であることを念頭に置くと分かりました。
長年にわたり、同社はカナダやその他の国々に向けて事業を拡大し続けていきたいと考えています。同氏はまた、デジタル通貨の需要が高まることで、仮想通貨市場がたった数コインにデジタル通貨を統一するとは考えていないと強調しました。
実際に、Bitcoin(ビットコイン)の取引量は減少し、Ethereum(イーサリアム)やDash(ダッシュ)などの他の多くの仮想通貨が急速に成長していることが分かっているため、市場がデジタル通貨を統一するというその理論が正しいと思うかどうかは簡単には説明できません。

参照元

https://ethereumworldnews.com/blockchain-central-bank-being-planned-out-bitmain-co-founder/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう