【イーサリアム(ETH)】投資家ロジャー・バー氏がEthereum(イーサリアム)はビットコインを超える存在になりうると発言

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!(複数取引所に登録して資産分散しておきましょう!)

【1位】GMOコインレバレッジ取引やリップル、ライトコイン購入におすすめ!
【2位】bitbank(ビットバンク ) リップル取引量No1高セキュリティ仮想通貨取引所

 

【イーサリアム(ETH)】投資家ロジャー・バー氏がEthereum(イーサリアム)はビットコインを超える存在になりうると発言

誰もが良く知る人物で、論争の火種を提供してくれる、ロジャー・バー氏。今回は暗号通貨愛好家と暗号通貨コミュニティに対し、Ethereum(イーサリアム)が時価総額で1位に立ち、Bitcoin(ビットコイン)の王座を奪い、暗号通貨ゲームの首位に立つ可能性があると発言した

時間がなく全文の記事が読めないけどイーサリアム今すぐ買いたい!という方は、当サイトで最もおすすめの仮想通貨取引所である「GMOコイン」「bitFlyer(ビットフライヤー)」で購入しましょう!(複数取引所登録は必須です!)

GMOコイン無料登録はこちら

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所特徴公式
GMOコイン リップル・ライトコインを購入するならGMOコイン!公式サイト
Bitbank高セキュリティ取引所/リップル取引量No1公式サイト
bitFlyerビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍公式サイト

技術導入のしやすさやトランザクションの管理のしやすさなどはすでにビットコインを超えていると発言

9年前にBTC(ビットコイン)が生まれた際、最初に投資を行った投資家の一人であるバー氏は、過去数年間で名声と巨額の富を手に入れた。また、Bitcoin(ビットコイン)のハードフォークから発生したBCH(ビットコインキャッシュ)の支援にも熱心で、アナリストや個人投資家の間でしばしば話題に上る人物だ。

もしトレーダーが収益を最大にしたいなら、多様化の概念を持つ必要があるとバー氏は言う。多様化の概念により、BTC(ビットコイン)の一人勝ちは間もなく終了し、Ethereum(イーサリアム)が次の大物として業界をリードすると彼は考えている

見方によれば、彼は正しい。最近のEther(イーサ)の価格の高騰は、Ether(イーサ)に良い影響しか与えていない。多くの新規事業もイーサリアム・プラットフォームに集まってきており、様々なネットワークの改善で信頼性も飛躍的に向上している。

もう一度インパクトのあるニュースが流れ、価格が再び倍になれば、Ethereum(イーサリアム)がBitcoin(ビットコイン)の評価を越えるとバー氏は考えている。その一方でBitcoin(ビットコイン)の取引も依然活発だ。将来的にEthereum(イーサリアム)とBitcoin(ビットコイン)が対等に戦うのを見られるようになるだろう。

Ethereum(イーサリアム)は時価総額で第2位にあるもののEthereum(イーサリアム)は利用のしやすさやトランザクションの管理の安さなど、様々な要素でBitcoin(ビットコイン)を越えて来たとバー氏は評価する。これらの点で、Ethereum(イーサリアム)とBitcoin(ビットコイン)は全く異なる。

Ethereum(イーサリアム)の開発者はBitcoin(ビットコイン)の開発者と比べて、親切で適応性もある。まとめると、挑戦の気概が発生し、強いものとなり、Ethereum(イーサリアム)がBitcoin(ビットコイン)の王座を奪いとることで、暗号通貨の世界の将来がますます面白くなってくると言える。

参照元

https://ethereumworldnews.com/there-could-be-a-new-crypto-king-ethereum-roger-ver/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう