【リップル(XRP)】コインベースがリップルを上場させない2つの理由/リップルの性質と競合との思惑

 

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!(複数取引所に登録して資産分散しておきましょう!)

【1位】GMOコインレバレッジ取引やリップル、ライトコイン購入におすすめ!
【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)ビットコインFX取引量世界1位
【3位】bitbank(ビットバンク ) 高セキュリティの仮想通貨取引所だから安心!

▼【登録無料】土日・即日入金したいなら住信SBIネット銀行に登録しましょう!

住信SBIネット銀行の申込はこちら!

 

【リップル(XRP)】コインベースがリップルを上場させない2つの理由/リップルの性質と競合との思惑

今週頭にRipple / XRP(リップル)の価格は$0.90(96円)から$1.06(113円)まで飛躍的に上昇した。Coinbase取引所(以下、コインベース)がXRP(リップル)の取引を開始すると言う噂が上昇の原因だった。

米国のコインベースが、デジタル通貨においてアメリカの投資家に人気があり、信頼を勝ち取っていることはよく知られている。アメリカの投資家は、Bitcoin(ビットコイン)の売買だけでなく、Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)、Litecoin(ライトコイン)、Ethereum(イーサリアム)の取引をコインベースで行っている。現在コインベースで取引ができる通貨はこの4つだけだ。

※時間がなく全文の記事が読めないけどリップルを今すぐ買いたい!という方は、「GMOコイン」「ビットバンク(Bitbank)」で購入しましょう!

GMOコイン無料登録はこちら

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所特徴公式
GMOコイン リップル・ライトコインを購入するならGMOコイン!公式サイト
bitFlyerビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍公式サイト
Zaif【コインチェックからの乗り換えにおすすめ!】取引手数料の安さ日本一マイナス0.05%!公式サイト

コインベースがリップルの上場を拒む2つの理由

世界第3位のXRP(リップル)愛好家の噂と要望を受けて、どのようなデジタル通貨も新規上場する予定はない、とコインベースは声明を発表した。このような声明をコインベースが出すのは初めてではない。

コインベースは毎回、ユーザーの安全性を維持した提供を重視しており、コインベースで取引を行う投資家が興味を持っている暗号通貨の上場について引き続き計画し、研究すると述べている。

コインベースの公式声明を受け、また暗号通貨市場全体の価格が下がったこともあり、XRP(リップル)の価格はおよそ$0.80(85円)下がった。

何千人もの投資家がコインベースに現在上場している4つの通貨にXRP(リップル)を追加してほしいと依頼しているにも関わらず、コインベースがXRP(リップル)を上場しないと言う声明を出したことで、上場をしない本当の理由について疑問がわいてくる。

この記事では、コインベースがRipple / XRP(リップル)を上場しない隠された理由を見ていきたい。

1. 分散型デジタル通貨

コインベースが公にしていない理由の一つ目が、XRP(リップル)が分散型通貨であり、その背後にRipple社の存在があることだ。

Ripple社はXRP(リップル)を大量に保有しており、XRP(リップル)の売却をほのめかすだけで市場価格を操作することができる。これはXRP(リップル)の価格が急落する原因となる

Ripple社は銀行に提供しているサービスで十分な利益を出しており、大手金融機関として信頼を得ている。しかし、同社が数十億単位のXRP(リップル)を保有していることに対して、分散型マイニング型のXRP(リップル)を擁護する人々は恐れを抱いている。

Ripple社は550億のXRP(リップル)の提供を計画している。同社はこの計画で、55か月にわたり、毎月10億単位でXRP(リップル)を販売することで通貨の独占を終了し、10億単位で通貨が市場に出回っても市場は安全かつ良好で、価格に悪影響を及ぼさないことを証明しようとしている。同社は昨年末にこの計画を開始した。

2. 競合と異なる思惑

コインベースがXRP(リップル)を上場しない、不当で間接的な拒否の背後には、もう一つ理由がある。それが、競合と、異なる思惑だ。

コインベースがBitcoin(ビットコイン)とBitcoin(ビットコイン)に似た通貨を支持する理由に、これらの通貨がファンの技術によって修正できることがあげられる。一方、XRP(リップル)は1つの会社に支配され、今後もその管理は続く。Bitcoin(ビットコイン)とBitcoin(ビットコイン)に似た通貨とは全く異なり、また恐るべき競争相手でもある。

Ripple社は、ウエスタンユニオン、マネーグラムを含む数10の銀行や金融機関と順調に契約を結んでおり、安全、安価、かつ即時性のある決済方法としてXRP(リップル)を提供している。

コインベースとBitcoin(ビットコイン)コミュニティが最も恐れるのは、世界の金融システムと競うのではなく、友好関係を築こうとしている、XRP(リップル)の思惑だ

コインベースとRipple(リップル)の戦いは重要な示唆を含んでいる。まずはコインベースの暗号通貨取引所GDAXを企業や専門職トレーダーに開放し、トレーダーがデジタル通貨で支払いを受けられる仕組みを作ることだ。さらに、コインベースが銀行をターゲットにしている可能性もある。

コインベースがXRP(リップル)の提供を開始すると言う噂が流れたのは2回目だ。2回ともコインベースは公式な声明を出し、その噂を否定している。何千人もが嘆願書にデジタル署名をしたにも関わらず、コインベースはこの嘆願を無視し、世界第3位のXRP(リップル)はアメリカ最大の取引所から締め出されたままだ。

リップル(XRP)が購入できる国内取引所

現在、国内取引所でリップル(XRP)を取り扱いしている取引所は「GMOコイン」「ビットバンク(Bitbank)」「DMM bitcoin」「BitTrade」「QUOINEX」「Coincheck」など6社があります。

リップル(XRP)の取引(売買)手数料/スプレッド/セキュリティGMOコイン」「ビットバンク(Bitbank)」の2社がおすすめ!

リップル(XRP)取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所取引(売買)手数料特徴公式
GMOコイン無料【GMOインターネット(東証一部上場)グループだから安心】レバレッジ取引5倍/全取り扱い通貨5種類!公式サイト
ビットバンク無料リップル含む全6種類/コールドウォレット・マルチシグ対応だからセキュリティ安心!公式サイト
DMM bitcoin (レバレッジ取引:建玉金額の0.04% / 日 ) リップル、ネムなどのレバレッジ取引5倍可能!F公式サイト
4位BitTrade 0.25%~0.45% 安心の国内MT4取扱業者/全取り扱い通貨5種類!公式サイト
5位QUOINEX0.25% 通貨ペア数14種類!人気の通貨ペアからマイナーな通貨ペア豊富!公式サイト
6位Coincheck 無料 日本No1仮想通貨取引所/全13種類取り扱い通貨/現在取引停止中 公式サイト

また、リップル(XRP)のレバレッジ取引(FX)をしたい方は、国内で唯一レバレッジ取引(最大5倍)が可能なDMM bitcoinに登録しましょう!

最も安くリップル(XRP)を購入できるおすすめ取引所・手数料比較ランキング

リップル最新ニュース一覧へ

参照元

https://ripplecoinnews.com/the-hidden-reasons-for-the-coinbase-platform-refusal-to-add-ripple-xrp

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう