【ネム(XEM)】NEM/XEM(ネム)の価格がコインチェックの返金開始と同時に値上がりを見せる

 

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!(複数取引所に登録して資産分散しておきましょう!)

【1位】GMOコインレバレッジ取引やリップル、ライトコイン購入におすすめ!
【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)ビットコインFX取引量世界1位
【3位】bitbank(ビットバンク ) 高セキュリティの仮想通貨取引所だから安心!

▼【登録無料】土日・即日入金したいなら住信SBIネット銀行に登録しましょう!

住信SBIネット銀行の申込はこちら!

 

【ネム(XEM)】NEM/XEM(ネム)の価格がコインチェックの返金開始と同時に値上がりを見せる

日本のデジタル通貨取引プラットフォームであるコインチェックは、特定の仮想通貨の売却と払い戻しの機会を提供すると同時に、1月26日に約568億円相当のNEM流出を引き起こした有名なハッキング事件の被害を受けた利用者や投資家に返金を開始しました。これは、同取引所のウェブサイト上で発表されていたプレスリリースに基づいています。

時間がなく全文の記事が読めないけど今すぐネムという方は、当サイトで最もおすすめの仮想通貨取引所である「Zaif(ザイフ)」で購入しましょう!(複数登録必須です!)

Zaif(ザイフ)無料登録はこちら

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所特徴公式
GMOコイン リップル・ライトコインを購入するならGMOコイン!公式サイト
bitFlyerビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍公式サイト
Zaif【コインチェックからの乗り換えにおすすめ!】取引手数料の安さ日本一マイナス0.05%!公式サイト

日本の仮想通貨取引所7社に金融庁が業務の改善命令を出した

前述のように、Bitcoin(ビットコイン)やRipple(リップル)、Litecoin(ライトコイン)、Ethereum(イーサリアム)、Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)、Ethereum Classic(イーサリアムクラシック)の払い戻しが再開した一方で、主要な仮想通貨であるBitcoin(ビットコイン)のトークンの販売は停止しませんでした。
1週間ほどすると(3月8日)、コインチェックは、顧客補償を直ちに開始することを発表しました。支払いは日本円で、NEMコイン1枚につき88.5円で行われる予定です。

日本の金融庁(FSA)は、仮想通貨取引所7社に内部統制の改善を、内2社に1か月間の業務停止を命じました。同国の金融規制当局は、Bitstation(ビットステーション)とFSHOのデジタル通貨取引所2社に業務停止命令を出したと発表しました。内部統制の改善を命じられた取引所は、テックビューロ、GMOコイン、ミスターエクスチェンジ、バイクリメンツ、コインチェックの5社であると、ファイナンシャル・タイムズ誌が報じています
一部仮想通貨の販売再開に関するコインチェックのプレスリリースで、同社は事業改善命令に応じました。

我々は厳粛かつ深刻に措置を講じ、慎重に取り組むとともに、自信を猛省し、内部統制システムと管理統制システムを抜本的に見直して、顧客を徹底的に保護する経営戦略を再検討する予定です。

私たちは昨日(3月11日)に、Ethereum(イーサリアム)の共同創業者であるヴィタリック・ブテリン氏が、ハッキングに対するセキュリティを強化するために、取引所をサポートするスケーリングソリューションをどのようにして導入したのかについて報じました。これは『Plasma Cash(プラズマ・キャッシュ)』と呼ばれており、既存のプラズマの進化版になります。

XEM/USD(NEMトークン)のペアは、ビットコイン(BTC)市場を15.40%リードすると同時に、0.3822ドルの値に達し、直近24時間で8.63%以上も上昇していることに伴って、緑色の保ち合い圏にある(主要コイン以外で)唯一のペアであるために、このニュースは明らかに、コミュニティの信頼や価格の上昇に影響を与えるプラス要因です。

 

参照元

NEM [XEM] Price the Only Gaining as Coincheck Commences Refunds

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう