ブロックチェーン銘柄のTrueEx社と金融系企業のConsenSys社が戦略的提携を発表

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!(複数取引所に登録して資産分散しておきましょう!)

【1位】GMOコインレバレッジ取引やリップル、ライトコイン購入におすすめ!
【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)ビットコインFX取引量世界1位
【3位】bitbank(ビットバンク ) 高セキュリティの仮想通貨取引所だから安心!

▼【登録無料】土日・即日入金したいなら住信SBIネット銀行に登録しましょう!

住信SBIネット銀行の申込はこちら!

 

ブロックチェーン銘柄のTrueEx社と金融系企業のConsenSys社が戦略的提携を発表

ブロックチェーン企業であるConsenSys社と、スワップ執行ファシリティTrueEx社の子会社TrueDigital Holdingsは、ジョイントベンチャーの立ち上げを発表した。ジョイントベンチャーはEthereum(イーサリアム)の基準価格を開発し、暗号通貨市場に新規参入しようとしている機関投資家に提供する予定だ

時間がなく全文の記事が読めないけどイーサリアム今すぐ買いたい!という方は、当サイトで最もおすすめの仮想通貨取引所である「GMOコイン」「bitFlyer(ビットフライヤー)」で購入しましょう!(複数取引所登録は必須です!)

GMOコイン無料登録はこちら

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所特徴公式
GMOコイン リップル・ライトコインを購入するならGMOコイン!公式サイト
bitFlyerビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍公式サイト
Zaif【コインチェックからの乗り換えにおすすめ!】取引手数料の安さ日本一マイナス0.05%!公式サイト

TrueEx社は法律に基づいた仮想通貨の金融派生商品市場の立ち上げも計画

Ethereum(イーサリアム)の昨年のパフォーマンスは素晴らしく、価格と時価総額でBitcoin(ビットコイン)に次ぐ業界第2位の座を維持し続けた。

二社の新たな共同事業により、増大する仮想通貨への興味と、関連する投資商品に暗号通貨を含めることをサポートすることで、大手金融機関に大規模な採用を可能にする

同時に、TrueEx社は法規に即した暗号資産金融派生商品市場の立ち上げ計画も発表した。米商品先物取引委員会が検討していた規制が承認されたことにより、スワップ執行ファシリティであるTrueEx社は、米ドルで決済可能なBitcoin(ビットコイン)ノンデリバラブル・フォワードの契約をまず提供する。

TrueEx社の提携ブランドであるTrueDigital Holdingsは、製品開発を担当し、新商品の販売とマーケティングも行う。

ConsenSys社とTrueEx社は発表で、これまでは必要な基盤、インフラ、プラットフォームが欠如していたため、暗号通貨に機関投資を行うことができなかったと述べている。両社の提携により、機関投資家は暗号通貨取引を自らのために行い、また関連商品として顧客に提供することができるようになる。

過去数年間で暗号通貨の時価総額は1,065億円以下から45兆円にまで成長している、とTrueEx社は強調する。しかしながら、市場は「必要な基盤、インフラ、プラットフォームを欠いており、機関投資家は他の重要な市場に期待せざるを得なかった」とTrueEx社の共同設立者でCEOのスニール・ヒラニ氏は述べている。

機関投資家や商業パートナーは、重要性を増している仮想通貨やコモディティに投資を行い、ヘッジするために、規制された流動性のある市場に投資する準備ができています

と彼はさらに付け加えている。

参照元

https://www.financemagnates.com/cryptocurrency/news/cryptocurrencynewstrueex-consensys-partners-bring-ether-step-closer-%E2%80%8Einstitutional-space/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう