【リップル(XRP)】送金事業企業のCambridge Global Payments社がリップルと提携/ヨーロッパやオーストラリアで事業展開

▼DMMビットコインがスマホアプリをリリース開始!

仮想通貨の「現物取引」「レバレッジ取引」を一つのアプリに集約。ビットコイン、イーサリアム、ネム、リップルなど7通貨、全14銘柄(通貨ペア)の取引が可能!

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!(複数取引所に登録して資産分散しておきましょう!)

【1位】GMOコインレバレッジ取引やリップル、ライトコイン購入におすすめ!
【2位】bitbank(ビットバンク ) リップル取引量No1高セキュリティ仮想通貨取引所
【3位】bitFlyer(ビットフライヤー)ビットコインFX取引量世界1位

 

【リップル(XRP)】送金事業企業のCambridge Global Payments社がリップルと提携/ヨーロッパやオーストラリアで事業展開

Cambridge Global Payments社(以下、Cambrige社)にとって、極めて速い国際送金を可能にするリップル社のXRapid技術はとても魅力的なようだCambridge社はFleetCor Technologies社の子会社で、南北アメリカ、ヨーロッパ、オーストラリアで送金事業を行っている。

※時間がなく全文の記事が読めないけどリップルを今すぐ買いたい!という方は、「GMOコイン」「ビットバンク(Bitbank)」で購入しましょう!

GMOコイン無料登録はこちら

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所特徴公式
GMOコイン リップル・ライトコインを購入するならGMOコイン!公式サイト
Bitbank高セキュリティ取引所/リップル取引量No1公式サイト
bitFlyerビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍公式サイト

ブラジルやインドの銀行とも事業提携を行い送金テストを進める

決済ネットワークのリップルはC++言語で開発されており、RTGSReal time Gross Settlement system、即時グロス決済)を可能にする。暗号通貨保有者に人気の高いXRP(リップル)は、支払いネットワークで、XRP(リップル)はどうネットワーク上で決済可能な暗号通貨だ。

リップル社の最高責任デイビッド・シュワーツ氏は次のように述べている。

今日の支払いシステムは、80年代のEメールと同じ状況にあります。すべてのプロバイダーが独自のシステムの構築をしており、顧客が異なるシステムを利用するとお互いに通信ができないのです。リップルは異なる支払いシステムの懸け橋として設計されています

2週間前、サンフランシスコを拠点とする新興企業リップル社は、世界4か国にまたがる5社の新しい顧客を獲得したと発表した

はじめに、ブラジルの銀行イタウ・ウニバンコと、インドの銀行Induslnd社である。同時に決済事業者である、シンガポールのInstaReM社、ブラジルのBeetech社、カナダのZip Remit社も獲得した。プレスリリースによると、各社は協力して、国際間の即時決済の改善策を提供する様々なリップルのソリューションをテストし、採用を試みる予定である。

InstaReM社のCEOプラジット・ナヌー氏によると、この開発はリップル社を助けることにもなる。リップル社はブロックチェーンの新興企業であり、決済企業の成長するネットワークを他社も活用できるようになるためだ。

RippleNetのメンバーは、InstaReM社の安全性の高いサービスを利用して、東南アジアに無数の支払いを行えるようになります

とナヌー氏は述べている。

リップル社の場合、何百万ものトランザクションが一挙に送信されてシステムが逸脱する場合に、非常にユニークで特筆すべき戦略をとっている。同社はセーフガードとして、各トランザクションからかなりの金額を差し引いて処理を行う。金額は破棄され、戻ることはない。

リップル社が新しい技術を利用して、カスタマーエクスペリエンスを引き続き改善する弊社の動きをどのように支援してくれるか、とても楽しみにしています

Cambridge社のCOOマーク・フレイ氏は述べている。

自社にとって暗号通貨が脅威になることを考慮しつつ、金融機関の多くは新しい時代を生き抜くためにブロックチェーンやその技術を取り込む道を選んでいる。

リップル(XRP)が購入できる国内取引所

現在、国内取引所でリップル(XRP)を取り扱いしている取引所は「GMOコイン」「ビットバンク(Bitbank」「DMM bitcoin」「BitTrade」「QUOINEX」「Coincheck」など6社があります。

リップル(XRP)の取引(売買)手数料/スプレッド/セキュリティ「GMOコイン」「ビットバンク(Bitbank」の2社がおすすめ!

リップル(XRP)取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所取引(売買)手数料特徴公式
GMOコイン無料【GMOインターネット(東証一部上場)グループだから安心】レバレッジ取引5倍/全取り扱い通貨5種類!公式サイト
ビットバンク無料リップル含む全6種類/コールドウォレット・マルチシグ対応だからセキュリティ安心!公式サイト
DMM bitcoin (レバレッジ取引:建玉金額の0.04% / 日 ) リップル、ネムなどのレバレッジ取引5倍可能!F公式サイト
4位BitTrade 0.25%~0.45% 安心の国内MT4取扱業者/全取り扱い通貨5種類!公式サイト
5位QUOINEX0.25% 通貨ペア数14種類!人気の通貨ペアからマイナーな通貨ペア豊富!公式サイト
6位Coincheck 無料 日本No1仮想通貨取引所/全13種類取り扱い通貨/現在取引停止中 公式サイト

また、リップル(XRP)のレバレッジ取引(FX)をしたい方は、国内で唯一レバレッジ取引(最大5倍)が可能な「DMM bitcoin」に登録しましょう!

最も安くリップル(XRP)を購入できるおすすめ取引所・手数料比較ランキング

リップル最新ニュース一覧へ


参照元

https://ethereumworldnews.com/ripple-xrapid-platform-for-cross-border-payments-finding-use-by-cambridge/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう