スクエア加盟店の50%以上がBitcoin(ビットコイン)の受け入れを準備/スクエア社のCashAppではほぼ全ユーザーに仮想通貨オプションを開放

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!(複数取引所に登録して資産分散しておきましょう!)

【1位】GMOコインレバレッジ取引やリップル、ライトコイン購入におすすめ!
【2位】bitbank(ビットバンク ) リップル取引量No1高セキュリティ仮想通貨取引所

 

スクエア加盟店の50%以上がBitcoin(ビットコイン)の受け入れを準備/スクエア社のCashAppではほぼ全ユーザーに仮想通貨オプションを開放

スクエア社の顧客でもある米国小売業者100社の全数調査では、半数以上がBitcoin(ビットコイン)を決済手段として受け入れると述べています。スクエア社は、大規模で繊細なPOSシステムを持つ決済処理プロバイダーです。
野村インスティネットのアナリストであるダン・ドレフ氏は、

この結果は、とくにBitcoin(ビットコイン)のボラティリティが高まる中では驚くべきことです

と述べました。この調査結果は、仮想通貨が小売業者の間で著しく、ほぼ必然的に受け入れられていることを示しています。

時間がなく全文の記事が読めないけどビットコイン(BTC)を今すぐ買いたい!という方は、当サイトで最もおすすめの仮想通貨取引所である「GMOコイン」に登録しましょう。(複数登録必須です!)

GMOコイン無料登録はこちら

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所特徴公式
GMOコイン リップル・ライトコインを購入するならGMOコイン!公式サイト
Bitbank高セキュリティ取引所/リップル取引量No1公式サイト
bitFlyerビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍公式サイト

スクエア社は送金サービス『CashApp』での仮想通貨オプションをほぼ全てのユーザーに開放すると発表

Twitter社の最高経営責任者(CEO)であり、スクエア社の創業者でもあるジャック・ドーシー氏は、

Bitcoin(ビットコイン)は、我々にとっては、売買にとどまらない

と述べました。同氏は、2018年2月に発表された同社の第4四半期決算について、
我々は、これが我々の業界にとっての転換技術であると考えており、また、できるだけ早くそれを取り入れたいと思っています

とコメントしています。また、同社の新たな展望に対して、同社が「創業間もない頃のAmazon社のようだ」と指摘するコメントもありました。
ウォールストリート企業である野村インスティネットのダヴィ氏は同様に、以下のように述べています。
間違いなく、Cash App(キャッシュ・アップ)の成功は…大きな成果です。現在、アプリは数分で設定できますし、また、ピアツーピア決済(個人間決済)を依頼したり、お金を貯めたり、給料を受け取ったり、Bitcoin(ビットコイン)を取引したりすることもできます。

ダヴィ氏は、フレンドに送金できるアプリ『Cash App(キャッシュ・アップ)』を使用したBitcoin(ビットコイン)の購入を一部のベータユーザーに許可した、スクエア社の2017年11月のプロジェクトに言及していました。同社はさらに続けて2018年1月に、「ほぼすべてのユーザーがこのオプションを利用できるようにする」と述べました。
野村インスティネットは、ビットコインの店内受け入れに対する加盟店の寛大さを挙げて、同社によるスクエア社株の「買い」格付けを再確認しています。仮想通貨による決済ソリューションを顧客に与える大きな、しかし未だ手付かずの機会がスクエア社にあることは、野村や他の観測筋の目にも明らかであり、これは小売業者の調査結果でよく得られる見通しです。

ドレフ氏は、スクエア社株の価格目標を約6,805円に確定しており、これは2018年3月13日火曜日終値より23.5%上昇傾向にあるでしょう。
公表された調査結果は、以下のように指摘しました。
参加している加盟店の60%(加盟店のみを調査していることに留意する)は、米ドルによる決済の代わりとして、Bitcoin(ビットコイン)を受け入れる用意があります。ここ数ヶ月間におけるBitcoin(ビットコイン)のボラティリティを考えると、これは特に興味深いです。

およそ700万人もの人々が、ほぼアメリカ全土でBitcoin(ビットコイン)を購入できる、同社の決済アプリ『Cash(キャッシュ)』をすでに利用しています。同調査では、31〜40歳の年齢層が最も多く、調査対象者の約40%がそのグループに分類されます。調査対象者は、多様な業種に及んでおり、その全員が年間で最低約1,000万円の収益を挙げていました。
取引時間の遅延や手数料の高騰に対処する必要があり、また、価格変動の激しい大騒ぎのBitcoin(ビットコイン)が時折市場に出回ることが多かったため、アナリストの多くは、法定通貨としてのデジタル資産に懐疑的です。
Bitcoin(ビットコイン)やその他多く仮想通貨は、スケーラビリティ問題に常に取り組もうとしていますが、デジタルコインが「遅い」「複雑」だと永続的に評価されているため、多くの米国小売業者は、仮想通貨による決済に大いに躊躇しています。Yelpによると、ニューヨーク市内のレストラン28店舗のみが、現時点でBitcoin(ビッコイン)を受け入れているようです。
しかし、同社はニューヨーク州で活動するために、BitLicense(ビットライセンス)の買収を試みる可能性があることをほのめかしています。この法的規制は、これまでに同州から多くのデジタル通貨企業を排斥してきました。

参照元
https://btcmanager.com/over-50-percent-square-merchants-ready-to-accept-bitcoin/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう