イギリスの仮想通貨取引所コインフロアが世界初の現物決済方式によるBitcoin(ビットコイン)先物を提供開始

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!(複数取引所に登録して資産分散しておきましょう!)

【1位】GMOコインレバレッジ取引やリップル、ライトコイン購入におすすめ!
【2位】bitbank(ビットバンク ) リップル取引量No1高セキュリティ仮想通貨取引所

 

イギリスの仮想通貨取引所コインフロアが世界初の現物決済方式によるBitcoin(ビットコイン)先物を提供開始

英国に本拠を置く『Coinfloor(コインフロア)』は、CoinfloorEX(コインフロアEX)と呼ばれる取引プラットフォームを介してユーザーに対し、Bitcoin(ビットコイン)先物取引の提供を予定しています。初の現渡取引は、今年4月より開始予定です。

時間がなく全文の記事が読めないけどビットコイン(BTC)を今すぐ買いたい!という方は、当サイトで最もおすすめの仮想通貨取引所である「GMOコイン」に登録しましょう。(複数登録必須です!)

GMOコイン無料登録はこちら

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所特徴公式
GMOコイン リップル・ライトコインを購入するならGMOコイン!公式サイト
Bitbank高セキュリティ取引所/リップル取引量No1公式サイト
bitFlyerビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍公式サイト

コインフロアが運営するマーケットでは1日約500万ドルの取引量がある

英国に本拠を置く仮想通貨取引所であるCoinfloor(コインフロア)は、Bitcoin(ビットコイン)の先物市場に参入し、デジタル資産として現渡しによるBitcoin(ビットコイン)の先物取引を取り入れる初の取引所になります。
Coinfloor(コインフロア)は、信用性や安全性、信頼性に重点を置いて設立された、ロンドンに本拠を置くBitcoin(ビットコイン)取引所です。2013年に設立されたCoinfloor(コインフロア)は、Bitcoin(ビットコイン)取引やBitcoin(ビットコイン)投資を行う安全で利用しやすい環境を築くことを目的としています。

 

また、Coinfloor(コインフロア)は2015年に、取引所が支援する初のBitcoin(ビットコイン)市場『Coinfloor Market(コインフロア・マーケット)』を設立しました。同取引所の取引量は、1日当たり約500万ドルで、その中でもっとも取引されている通貨ペアは、BTC/GBPになります。
Coinfloor(コインフロア)は、Bitcoin(ビットコイン)先物を提供する企業の中でも5本の指に入り、他にも多くの企業と提携して、そのような金融商品を顧客に提供しています。Bitcoin(ビットコイン)先物は、CBOEグローバルマーケッツ社とCMEグループ社が運営する従来の先物取引所がすでに提供しています。

しかし、Bitcoin(ビットコイン)先物は現物で決済されており、つまり、実際の仮想通貨の取引は行われていません。しかし、Coinfloor(コインフロア)は競合他社と異なり、現物決済先物取引の提供を予定しています。取引が満了すると、実際に取引されている資産、この場合はBitcoin(ビットコイン)を取引します。

Coinfloor(コインフロア)の最高経営責任者(CEO)であるマーク・ラム氏によると、同金融商品は一部取引先からの要望により、部分的にそれに応じるようになりました。
あなたがリクイディティプロバイダーと話をしても、リクイディティプロバイダーは皆同じことを言います。これは、リクイディティプロバイダーが取引所間のリスクをヘッジできるように、現渡しによる先物取引を望んでいるということです

とラム氏は述べています。

コインフロアが提供する初の現渡取引は今年4月より開始予定

Bitcoin(ビットコイン)の先物取引は、CoinfloorEX(コインフロア)と呼ばれる取引プラットフォームを介して提供されます。初の現渡取引は、今年4月より開始予定です
Bitcoin(ビットコイン)の先物取引は、同原資産から「デジタル的性質」を抜粋したものの通常の取引と何ら変わりはありません。Bitcoin(ビットコイン)先物は現金で決済されており、それはつまり、取引が満了する時に、実際にビットコインを取引しないということです。これにより、大手投資家は実際にBitcoin(ビットコイン)を購入することなく、それに資金を投じることができます。

また、同金融商品により、投資家はデジタル通貨の価格予測が可能になります。この価格は、1ヵ月か2カ月、あるいは3ヵ月で上昇するか下落するかもしれません。
Bitcoin(ビットコイン)先物を導入し、投資家たちが規制プラットフォームを介してデジタル通貨市場を受け入れる機会を与えた初の取引所は、CBOEでした。

Bitcoin(ビットコイン)先物の概念は議論の的になっており、米国商品先物取引委員会(CFTC)は、既存の金融商品に関する反論を受けた後、さらなる先物契約のために、「レビュープロセスの強化」に取り組むと発表しています。
マーク・ラム氏は、多くのプロップファーム(自己勘定取引会社)や大手投資家が現金決済のプロセスで抱える問題を詳述し、そのプロセスは、直物為替の指数値や落札値を動かすことで、あまりにも簡単に操作できると述べました。

Bitcoin(ビットコイン)を安全に取引するために、Coinfloor Market(コインフロア)市場は、個人投資家にとって安全な環境を構築しました。また、Coinfloor(コインフロア)取引所は、Bitcoin(ビットコイン)をポンドに、またポンドをBitcoin(ビットコイン)に直接つぎ込むことができる、Coinfloor(コインフロア)市場において厳しく検査されたブローカーとの直接的なインタフェースをバイヤーに提供します。
マーク・ラム氏は、中央集中型の取引所の支援を受けているブローカーの分散ネットワークにコミットしているものとして、Coinfloor(コインフロア)の市場モデルをニューヨーク証券取引所(NYSE)の始まりと比較しており、Coinfloor(コインフロア)は、この定評のある市場モデルを描写する、Bitcoin(ビットコイン)業界で初の金融機関になります。

参照元

https://www.coinspeaker.com/2018/03/15/uk-crypto-exchange-coinfloor-will-launch-worlds-first-physically-settled-bitcoin-futures/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう