Ripple(リップル)社CEO曰ガーリングハウス氏が「ICOにおける勝者は『弁護士』と発言

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!(複数取引所に登録して資産分散しておきましょう!)

【1位】GMOコインレバレッジ取引やリップル、ライトコイン購入におすすめ!
【2位】bitbank(ビットバンク ) リップル取引量No1高セキュリティ仮想通貨取引所

 

Ripple(リップル)社CEO曰ガーリングハウス氏が「ICOにおける勝者は『弁護士』と発言

世界最大の仮想通貨関連企業のリップル社CEOのブラッド・ガーリングハウス氏は今週、新規仮想通貨公開(ICO)の盛んな取り組みにおける「勝者」は、法曹界から生まれるだろうと述べました。

新規仮想通貨公開(ICO)は、一部企業の資金調達手段として利用されています。投資家らは、ビットコインなどのデジタル通貨を、同企業が発行するトークンに交換します。新規株式公開(IPO)とは異なり、このトークンは自社株を意味するものではありません。

※時間がなく全文の記事が読めないけどリップルを今すぐ買いたい!という方は、「GMOコイン」「ビットバンク(Bitbank)」で購入しましょう!

GMOコイン無料登録はこちら

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所特徴公式
GMOコイン リップル・ライトコインを購入するならGMOコイン!公式サイト
Bitbank高セキュリティ取引所/リップル取引量No1公式サイト
bitFlyerビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍公式サイト

起業家や投資家はICOに関して従来の金融の枠組みでは保護されない

Ripple(リップル)社CEOのブラッド・ガーリングハウス氏は、シンガポールで開催される「Money20/20」カンファレンスに合わせてCNBCと話をし、トークンの発行を検討している一部起業家らに、「その収益の一部を貯蓄する」べきだという指摘をしたと述べました。また、同氏はその理由として、発行したトークンが損失を出した場合、起業家らは訴えられる可能性があるからだと述べています。事実、そのような事例はすでに発生している、と同氏は付け加えました。

なので、起業家らは目を大きく見開いて事を進める必要があります…このままだと、勝者は弁護士になりそうです。というのも、弁護士らはトークンの発行を支援し、そしてその弁護も支援してくれるからです。

と同氏は述べています。
また、ガーリングハウス氏は、

時には、実顧客の実際問題の解決に重点を置いたほうが良い場合もあり、それにより、トークン発行のインフラ管理や、取引所への上場、それに伴うあらゆる措置について心配する必要もなくなります

と付け加えました。
ICO市場はかなり大きなものですが、CoinSchedule(コインスケジュール)によると、企業らは昨年、新規仮想通貨公開(ICO)を利用して38億ドルの資金を調達しており、また、その市場空間を規制している国は多くありません。この市場空間では、投資家や企業らが従来の金融市場にある規制の枠組みによって保護されることは全くありません。

Bitcoin.com(ビットコイン・ドットコム)の調査によると、昨年発表された新規仮想通貨公開(ICO)のうち約46%が、2月現在ですでに失敗しているようです
時価総額第3位を誇る仮想通貨の企業であるRipple(リップル)社の最高経営責任者(CEO)は同様に、米国証券取引委員会(SEC)の最近の動きに加わりました。米国証券取引委員会(SEC)は、規制当局に登録する有価証券であるデジタル資産の取引を提供するよう、プラットフォームに求めています。
ブロックチェーンを利用できたり、もちろん、デジタル資産を活用して現実の問題を解決したり、良いことが盛りだくさんです…私は、あなたたちが今目にしている新規仮想通貨公開(ICO)のほとんどが、トークンの現実的なユースケースではないと考えています。新規公開通貨(ICO)の大多数は、実際には有価証券なので、米国証券取引委員会(SEC)はそれを規制するべきだと考えています。

とガーリングハウス氏は述べました。
同氏は、市場空間における「一部不適切な市場活動」が、業界全体に悪影響を及ぼすと付け加えました。
リップル(XRP)トークンは、金曜日の後場中に約0.69ドルで取引されました。同社は、クロスボーダー決済をより迅速に行うためのネットワークを現在開発しています。

―この記事は、CNBC社のアルジュン・クハルパール氏の寄稿によるものです。

リップル(XRP)が購入できる国内取引所

現在、国内取引所でリップル(XRP)を取り扱いしている取引所は「GMOコイン」「ビットバンク(Bitbank)」「DMM bitcoin」「BitTrade」「QUOINEX」「Coincheck」など6社があります。

リップル(XRP)の取引(売買)手数料/スプレッド/セキュリティGMOコイン」「ビットバンク(Bitbank)」の2社がおすすめ!

リップル(XRP)取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所取引(売買)手数料特徴公式
GMOコイン無料【GMOインターネット(東証一部上場)グループだから安心】レバレッジ取引5倍/全取り扱い通貨5種類!公式サイト
ビットバンク無料リップル含む全6種類/コールドウォレット・マルチシグ対応だからセキュリティ安心!公式サイト
DMM bitcoin (レバレッジ取引:建玉金額の0.04% / 日 ) リップル、ネムなどのレバレッジ取引5倍可能!F公式サイト
4位BitTrade 0.25%~0.45% 安心の国内MT4取扱業者/全取り扱い通貨5種類!公式サイト
5位QUOINEX0.25% 通貨ペア数14種類!人気の通貨ペアからマイナーな通貨ペア豊富!公式サイト
6位Coincheck 無料 日本No1仮想通貨取引所/全13種類取り扱い通貨/現在取引停止中 公式サイト

また、リップル(XRP)のレバレッジ取引(FX)をしたい方は、国内で唯一レバレッジ取引(最大5倍)が可能なDMM bitcoinに登録しましょう!

最も安くリップル(XRP)を購入できるおすすめ取引所・手数料比較ランキング

リップル最新ニュース一覧へ

参照元

https://www.cnbc.com/2018/03/16/ripple-ceo-initial-coin-offerings-icos-real-winner.html

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう