【リップル(XRP)】2018年リップルを飛躍させる3つの世界的大企業と提携のうわさは実現するのか

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!(複数取引所に登録して資産分散しておきましょう!)

【1位】GMOコインレバレッジ取引やリップル、ライトコイン購入におすすめ!
【2位】bitbank(ビットバンク ) リップル取引量No1高セキュリティ仮想通貨取引所

 

【リップル(XRP)】2018年リップルを飛躍させる3つの世界的大企業と提携のうわさは実現するのか

昨今のRipple / XRP(リップル)は暗号通貨として独占的な地位を確立し、 人気は日ごとに高まっている。技術の優位性、速さ、トランザクションにかかる費用の安さ、スケーラビリティがXRP(リップル)の成長を支えており、リップル社が築いてきた他社との提携はユーザーからの信頼を強めている

※時間がなく全文の記事が読めないけどリップルを今すぐ買いたい!という方は、「GMOコイン」「ビットバンク(Bitbank)」で購入しましょう!

GMOコイン無料登録はこちら

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所特徴公式
GMOコイン リップル・ライトコインを購入するならGMOコイン!公式サイト
Bitbank高セキュリティ取引所/リップル取引量No1公式サイト
bitFlyerビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍公式サイト

業界の大手になればなるほど相性が良いリップル

百社以上の銀行や金融機関がリップル・ネットワークを利用しており、リップル社は企業提携において業界をリードする存在だ。2018もこの戦略的提携は続き、リップル社だけでなく暗号通貨業界にも大きな変革をもたらす可能性を秘めている。次にあげる会社とリップル社が提携を果たせば、Ripple / XRP(リップル)の将来は確実で、Ripple / XRP(リップル)は頂点にのぼるだろう。

1. スターバックス

世界で最も認知度が高いブランドの1つであるスターバックスは、世界27,000か所で、何百万人もの顧客に毎日サービスを提供している。スターバックスの社長はブロックチェーン技術と暗号通貨を支持し、好意的な見解を示しており、暗号通貨は将来成長したい企業にとってなくてはならない存在だと述べている

しかし、スターバックスは、Bitcoin(ビットコイン)は現在も将来的にも支払い手段としては不適当だとして、Bitcoin(ビットコイン)による支払いを受け付けていない。スターバックスが暗号通貨を支払い手段として導入する際には、市場随一のトランザクションの速さと少額の手数料で優位に立つRipple(リップル)が第一候補になるだろう。スターバックスはモバイルアプリでのコーヒー代の支払いを受け付けており、暗号通貨の導入も比較的容易なはずだ。スターバックスとリップル社の提携は暗号通貨全体のランドマークとなるだろうし、大手企業が暗号通貨に対する信頼性を高め、支持するきっかけにもなるだろう。

2. アマゾン

アマゾンが暗号通貨関連のドメインを登録した際には、通信販売大手がとうとう暗号通貨を組み入れると言う憶測を呼び、暗号業界は大騒ぎになった。アマゾンもリップル社も公式な声明は出していないが、Ripple / XRP(リップル)がアマゾンにとって最善の提携先である理由は明白だ。

XRP(リップル)は1000億単位が発行されており、ほかの多くの通貨と違って流動性に問題がない。世界中で何百万人もの顧客を抱えるアマゾンにとって、Ripple(リップル)のトランザクション手数料の安さとスケーラビリティは理想的だろう。アマゾンは世界最大手の小売業者であり、提携が実現すればXRP(リップル)は巨大な市場に導入されることになる。価格もめまぐるしく上昇することが予想される。

3. ポルシェ

ポルシェは自動車にブロックチェーン技術をテストする最初の自動車メーカーになりそうだ。ポルシェはベルリンの新興企業であるXain(ゼイン)社と提携して、実装を行っている。Xain社はブロックチェーンを独自開発する能力を有しているが、確立されたブロックチェーンおよび暗号通貨と提携を行う可能性が高い。

Ripple(リップル)の安価な手数料とトランザクションの速さを知る多くの業界専門家は、Ripple(リップル)を提携先の第一候補と予想している。ポルシェはブロックチェーンを、車のドアをロックしたり解除したりと言った単純な作業から、自動運転の安全性向上と言った複雑な作業にまで利用する予定だ。

これらの提携はRipple(リップル)や他の暗号通貨に新しい機会をもたらすが、どの提携もまだ確認されていない。新しい情報が入ってくるのを待ち、楽観的に構えるしかないようだ。Ripple(リップル)入りのウォレットを使って、アマゾンで買い物し、朝のコーヒーの支払いを済ませ、豪華なポルシェのロックを解除する日がすぐに来ることを祈ろう。

リップル(XRP)が購入できる国内取引所

現在、国内取引所でリップル(XRP)を取り扱いしている取引所は「GMOコイン」「ビットバンク(Bitbank)」「DMM bitcoin」「BitTrade」「QUOINEX」「Coincheck」など6社があります。

リップル(XRP)の取引(売買)手数料/スプレッド/セキュリティGMOコイン」「ビットバンク(Bitbank)」の2社がおすすめ!

リップル(XRP)取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所取引(売買)手数料特徴公式
GMOコイン無料【GMOインターネット(東証一部上場)グループだから安心】レバレッジ取引5倍/全取り扱い通貨5種類!公式サイト
ビットバンク無料リップル含む全6種類/コールドウォレット・マルチシグ対応だからセキュリティ安心!公式サイト
DMM bitcoin (レバレッジ取引:建玉金額の0.04% / 日 ) リップル、ネムなどのレバレッジ取引5倍可能!F公式サイト
4位BitTrade 0.25%~0.45% 安心の国内MT4取扱業者/全取り扱い通貨5種類!公式サイト
5位QUOINEX0.25% 通貨ペア数14種類!人気の通貨ペアからマイナーな通貨ペア豊富!公式サイト
6位Coincheck 無料 日本No1仮想通貨取引所/全13種類取り扱い通貨/現在取引停止中 公式サイト

また、リップル(XRP)のレバレッジ取引(FX)をしたい方は、国内で唯一レバレッジ取引(最大5倍)が可能なDMM bitcoinに登録しましょう!

最も安くリップル(XRP)を購入できるおすすめ取引所・手数料比較ランキング

リップル最新ニュース一覧へ

参照元

https://ripplenews.tech/2018/03/17/three-potential-partnerships-propel-ripple-top/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう