トランプ大統領がベネズエラの仮想通貨「ペトロ」へ禁止令/経済制裁の回避を防止する狙い

▼DMMビットコインがスマホアプリをリリース開始!

仮想通貨の「現物取引」「レバレッジ取引」を一つのアプリに集約。ビットコイン、イーサリアム、ネム、リップルなど7通貨、全14銘柄(通貨ペア)の取引が可能!

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!(複数取引所に登録して資産分散しておきましょう!)

【1位】GMOコインレバレッジ取引やリップル、ライトコイン購入におすすめ!
【2位】bitbank(ビットバンク ) リップル取引量No1高セキュリティ仮想通貨取引所
【3位】bitFlyer(ビットフライヤー)ビットコインFX取引量世界1位

 

トランプ大統領がベネズエラの仮想通貨「ペトロ」へ禁止令/経済制裁の回避を防止する狙い

トランプ大統領は仮想通貨ペトロをアメリカ人が利用、または投資することを禁止する大統領令を発した。

2018年3月19日に署名された大統領令によって、アメリカ国民、及びアメリカ居住者はベネズエラ政府が発行した仮想通貨ペトロとつながる事業や投資を全面的に禁止された。このペトロは2018年1月9日以降に発行されている。

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所特徴公式
GMOコイン リップル・ライトコインを購入するならGMOコイン!公式サイト
Bitbank高セキュリティ取引所/リップル取引量No1公式サイト
bitFlyerビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍公式サイト

先行販売した約735億円相当のペトロの実態はいまだに不透明

今日、トランプ大統領はペンス副大統領と共に、アメリカの制裁の裏をかいたベネズエラ・マドゥロ大統領が発行する仮想通貨の取引を禁止する大統領令にサインした。」
―ホワイトハウスの公式ツイートより

この大統領令は明確にペトロをターゲットとしている。ペトロとは、ベネズエラ国営石油会社が資産である石油と天然ガスを担保とした仮想通貨である。

2月下旬、ベネズエラ大統領であるニコラス・マドゥロは約735億円の価値に及ぶペトロを先行販売したが、その実態は不透明である。ペトロはネットワーク上にあがらず、現在も確認出来ないままである。

ペトロは経済制裁を回避するために使用されるのではないかと懸念されている。

ETHニュース社は、ベネズエラの仮想通貨への投資はアメリカが実施している経済制裁の違反となるとアメリカ財務省が警告した、と報道している。仮想通貨ペトロの後援者はベネズエラ政府支持者と見なされるとも財務省関係者は話す。

それゆえ、アメリカ国民がペトロを扱うのは法律違反となるリスクがある。

2018年1月、野党主導のベネズエラ議会では、国の資産である石油を担保とするのでは違法であり、ペトロは無効であるとした。

参照元
https://www.ethnews.com/trump-bans-venezuelan-petro-cryptocurrency

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう