コカ・コーラ社とアメリカ国務省が労働者登録にブロックチェーン利用を検討/エマーコイン(EMC)が鍵になるとの見方

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!(複数取引所に登録して資産分散しておきましょう!)

【1位】GMOコインレバレッジ取引やリップル、ライトコイン購入におすすめ!
【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)ビットコインFX取引量世界1位
【3位】bitbank(ビットバンク ) 高セキュリティの仮想通貨取引所だから安心!

▼【登録無料】土日・即日入金したいなら住信SBIネット銀行に登録しましょう!

住信SBIネット銀行の申込はこちら!

 

コカ・コーラ社とアメリカ国務省が労働者登録にブロックチェーン利用を検討/エマーコイン(EMC)が鍵になるとの見方

金曜日のサウス・バイ・サウスウエストのイベントでコカ・コーラ社は、アメリカ国務省と提携しブロックチェーン・トラスト・アクセレーターとビットフューリーを利用したブロックチェーンによる試験的プログラム作成の検討をすると発表した。このプログラムは労働者への強制労働を取り締まるためのものである。

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所特徴公式
GMOコイン リップル・ライトコインを購入するならGMOコイン!公式サイト
bitFlyerビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍公式サイト
Zaif【コインチェックからの乗り換えにおすすめ!】取引手数料の安さ日本一マイナス0.05%!公式サイト

アメリカ国務省はエマーコインがこのプロジェクトの手助けになるという見方

2018年3月16日、サウス・バイ・サウスウエストのコンフェレンスでは、コカ・コーラ社はビットフューリーとブロックチェーン・トラスト・アクセレーター(非営利団体)と協力して、ブロックチェーンを利用した労働者のためのシステムを開発すると公表した。

アメリカ国務省は、このシステムが労働者保護のノウハウになるとし、仮想通貨エマーコイン(EMC)がブロックチェーンサービス供給の手助けになると考えている。

コカ・コーラ社は2020年までに砂糖のサプライチェーンに関わっている28か国の調査を推進すると確約している。

我々はこの試験的計画のパートナーである。この計画によってサプライチェーン内の労働政策に関連した検証プロセスをより明らかに、明確にしていきたいと考える。

とコカ・コーラ社労働管理部門のグローバル・ヘッドであるブレント・ウィルトン氏はロイター社に話した。

アメリカ国務省の審議官であるスコット・バスビー氏は、ブロックチェーン技術が、サプライチェーン中間業者による適切な労働契約を確実に保証するとはいえないと認める。しかしこの計画が、労働コンプライアンスを良い方向へ促進させるとバスビー氏は期待している。

参照元
https://www.ethnews.com/coca-cola-us-state-department-consider-blockchain-for-labor-registry

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう