【ICO】中国人気No1仮想通貨情報アプリMytoken(マイトークン)がICOを開始!プレセールの参加方法なども解説

▼DMMビットコインがスマホアプリをリリース開始!

仮想通貨の「現物取引」「レバレッジ取引」を一つのアプリに集約。ビットコイン、イーサリアム、ネム、リップルなど7通貨、全14銘柄(通貨ペア)の取引が可能!

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!(複数取引所に登録して資産分散しておきましょう!)

【1位】GMOコインレバレッジ取引やリップル、ライトコイン購入におすすめ!
【2位】bitbank(ビットバンク ) リップル取引量No1高セキュリティ仮想通貨取引所
【3位】bitFlyer(ビットフライヤー)ビットコインFX取引量世界1位

 

【ICO】中国人気No1仮想通貨情報アプリMytoken(マイトークン)のプレセール参加方法とは!

数千種類もの仮想通貨の価格や資産管理をができる中国の人気アプリMytokne(マイトークン)を知っていますか?

MyTokenは2017年8月にリリースされた仮想通貨情報アプリであり、中国最大の利用者数を誇るアプリであり、現在1日の利用者数は10万人以上となっている人気アプリです。また、2017年には中国のベンチャーキャピタルから資金調達をした有望プロジェクトです。

また、有名投資家として中国三大取引所であるOKEX・非中央集権型プラットフォームNEOなどが参画しています。

今回は、Mytokenが発行している独自トークンMTのICOトークンセール(クラウドセール)の参加方法などをご紹介していきます!

※MyTokenのICOトークンセールは、パブリックセールとして3月18日〜3月31日で開催しています。今すぐ参加したい方は、公式サイトを御覧ください!

セール開催期間
パブリックセール3月18日~3月31日

MyTokenプレセール参加はこちら

MyToken(マイトークン)の特徴

MYtokenは、2017年8月に設立されたプロジェクトであり、仮想通貨投資家の悩みを解決するiOS・Androidアプリです。

300件以上の仮想通貨取引所が価格がリアルタイムで確認できたり、2000個種類以上の仮想通貨の価格・出来高・数千種類もの投資情報なども提供しており、優れた開発力を持つブロジェクトとなっています。

  • 300件以上と主要70件以上の取引所の価格・取引量をリアルタイムで掲載
  • 2200種類以上の仮想通貨の価格・出来高・取引データをリアルタイムで掲載
  • ユーザーが興味をもつ通貨情報・市場情報・ICO情報などを数千個以上提供
  • ポートフォリオ機能を持ち・自分資産の資産を確認できる
  • 人気取引所のお知らせやツイッター上場を確認できる
  • 公式アカウントや有名メディアの情報も提供

①優れた開発力あるプロジェクト

MyTokenは多くのICOなどで多発する詐欺プロジェクトではなく、優れた開発力を持つプロジェクトです。リアルタイムで仮想通貨の価格・取引量などを確認できるサービスがありますが、リアルタイムで情報をユーザーに提供するには多大な開発力が必要になります。

各仮想通貨取引所のAPIを使用して、価格をリアルタイムで表示するためには、仕様を把握したり、各通貨の情報を集めたりなど膨大な量量がかかります。また、仮想通貨取引所の多くは、運営が不安定であり、障害などを頻繁に起こしたり、仕様変更により価格が習得できなくなることが多くあります。

その上、リアルタイムで価格データを表示するには、サーバーコストや通信もかかるため、維持コストも莫大にかかるのが常です。

そんな中、MyTokenはリアルタイムで価格・取引所が確認でき、新しい通貨にもすぐに対応していることを考慮すると優れた開発力があるプロジェクトと認識してよいでしょう。

②多くの仮想通貨取引所とMTを連携し、取引を一元化する

MyTokenは、現在乱立している仮想通貨取引所各取引所を連携し、集約化する1つの分散化取引所提供を目指しています。この連携は中央集権と的取引所・非中央集権的取引所とも連携し、簡単にユーザーが取引できることを目指しています。

③海外ICOプラットフォーム提供

2017年にイーサリアムのECR20プラットフォームを利用して開発されたトークンは約1000個以上。その他、中国で有名な非中央集権型プラットフォームNEOなどもありますが、Mytokenもおなじく海外ICOのためのプラットフォームを提供する予定です。

④Dappストアの提供

また、MyTokenは非中央集権型アプリ(Dapp)ストアの提供も行う予定です。現在Dappプロジェクトは、2017年だけで数千種類存在し、2018年はDapps飛躍の年になると言われています。むしろ、Dappなど提供できないサービスはICOが成功できないとも言われています。

Mytokenは、開発者と投資家の仲介プラットフォームとして、今後このストアを提供していく予定です。

⑤コミュニティなどユーザー投稿型コンテンツ生成

現在、世界中には多くの仮想通貨を提供しているメディア・コミュニティが存在しますが、Mytokenもアプリ内でユーザーがコンテンツを作成したりする機能を提供する予定です。この機能により、コンテンツ製作者はコミュニティへの貢献度・コンテンツの質などに応じて報酬としてMTをえることが可能です。また、質の良いコンテンツはグループでシェアされたり、他ユーザーから同意・称賛・コメントなど受け取ることが可能になります!

MyToken(マイトークン)に参画する有名投資家

MyTokenには有力投資家がプロジェクトに参加しており中国の三大取引所の1つであるOKEX・非中央集権型プラットフォームNEOなども参画しています。

ロードマップ

Mytokenのホワイトペーパーに記載されているロードマップ2018年以下のプロジェクト・機能のリリース予定などが記載されています。

時期プロジェクト内容
2017年8月MyTokenの公開、iOS・Android版開発着手
2017年10月AngelRoundFund(中国VC)より出資
2018年2月主要機能公開
2018年3月トークン配布、広告システムのテスト、資金調達用トークンシステム構築を予定
2018年6月既存の取引所での取引情報データ収集予定
2018年9月分散型ウォレットのテスト、ICO資金調達データ収集を予定
2018年12月Dappsストア開設、コミュニティおよびUGCコンテンツを予定

MTトークンについて

MyTokenから発⾏されるトークンは「MT」と呼びますが、MTはERC20基準に基づき、総発⾏数は40億になり、追加発⾏は致しません。

MTトークンは、45%が開発・コミュニティインセンティブ・ビジネス提携などにファンドに保留され、15%が創業チームと初期投資化、40%が初期発行に使用しされます。また、開発チーム・と初期投資者分のMTトークンは4年ロック。毎年25%ずつリリースされて行く予定です。

項目内容
プロジェクト名MyToken
通貨名MT
発行枚数4000, 000,000枚
ハードキャップ22000ETH
公式サイトhttps://tokensale.mytoken.io
ホワイトペーパーhttps://mytoken.io/whitepaper/​

MTトークンの価格が高騰する理由

またMTトークンは、投資家利益最大化の為に、最大50%の買い戻しをすることを発表しています。毎月一回、最終的に発行枚数が30億枚になるまで、公開買い戻しをすることで価格が上がるように設計されています。

MTトークンのエアドロップ

また、MyTokenは、コンサルティング企業としてプロモーション、マーケティングキャンペーンのサポートをしているSpectra Ventrues&Advisoryと定形しています。

こちらは、Spectraの「テレグラムのアカウント(Telegramアカウント:spectravc)」を追加し、ETH Wallet Adressを送信することで、200MTの報奨金を受け取ることができます。

MTの配布予定日、最新情報など「Spectra Offical Channels」で発表される予定です。

MyToken(マイトークン)のプレセール参加方法

Mytokenのクラウドセール参加方法は「https://tokensale.mytoken.io/」にアクセスすることで参加できます。現在は、Cooming Soonとなっているため、待ちましょう!

MyTokenにICO参加するならこちら!

上記のように、Mytokne(マイトークン)は、2017年には中国のベンチャーキャピタルから資金調達したり、有名投資家として中国三大取引所であるOKEX・非中央集権型プラットフォームNEOなどが参画している有望プロジェクトです。

また、既に中国でも人気No1仮想通貨情報アプリとなっているため、他のICOとは違うことがわかったことでしょう。

ICOに参加するか自己責任ではありますが、このような機会に、MyTokenにような有望プロジェクトのプレセールに参加してみることをおすすめします。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう