【価格予想】G20のコメントを受けてXRP(リップル)が市場を牽引するか/2018年に1000円台に行くと予想

▼【国内トップクラス!】低リスクで安定的に資産を増やしたい方におすすめ!全自動で世界水準の資産運用を実現するロボアドバイザー!

【登録無料!】Wealthnavi(ウェルスナビ)

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!(複数取引所に登録して資産分散しておきましょう!)

【1位】GMOコインレバレッジ取引やリップル、ライトコイン購入におすすめ!
【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)ビットコインFX取引量世界1位
【3位】bitbank(ビットバンク ) 高セキュリティの仮想通貨取引所だから安心!

▼【登録無料】土日・即日入金したいなら住信SBIネット銀行に登録しましょう!

住信SBIネット銀行の申込はこちら!

 

【価格予想】G20のコメントを受けてXRP(リップル)が市場を牽引するか/2018年に1000円台に行くと予想

Ripple(リップル)の価格は月曜朝に上向き、直近24時間で20%以上急騰したが、オプティズムは依然として正常水準を大幅に下回ったままだ。

暗号通貨市場は数週間にわたって下落のスパイラルに陥っていた。米国証券取引委員会(以下、SEC)の規制の圧力が強まっているのが下落の理由だ。SECは複数のブロックチェーン新興企業とその関連トークンを調査している。

※時間がなく全文の記事が読めないけどリップルを今すぐ買いたい!という方は、「GMOコイン」「ビットバンク(Bitbank)」で購入しましょう!

GMOコイン無料登録はこちら

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所特徴公式
GMOコイン リップル・ライトコインを購入するならGMOコイン!公式サイト
bitFlyerビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍公式サイト
Zaif【コインチェックからの乗り換えにおすすめ!】取引手数料の安さ日本一マイナス0.05%!公式サイト

G20での発言を受け仮想通貨への規制が落ち着く可能性が出たことが要因か

SECがデジタル資産を「有価証券」として指定すると書いている記事もある。この措置は暗号資産に悪影響を及ぼすだろうが、昨日のEthereum(イーサリアム)の価格予測で書いたように、投資家が考えるほどの影響はないと思われる。

いずれにせよ、Ripple(リップル)の価格は月曜日に下落傾向を脱却した。この記事の執筆時点で、対USD(米ドル)のXRP(リップル)価格は20.02%上昇している。急騰の原因はなんだろう。

今日のRipple(リップル)の価格上昇には2つの要因がある。

1. G20の指導者たちが、暗号資産は金融の安定を脅かさないと発言した。この発言がXRP(リップル)価格を急騰させる最たる原因となった。イングランド銀行総裁で金融安定理事会(FSB、中央銀行の国際会議)の理事であるマーク・カーニー氏は日曜日に発言要旨を公開し、

暗号資産は現時点では世界的な財政の安定にリスクをもたらさない

と述べた。この発言を受けて市場は上向きになった。カーニー氏は中央銀行群の中でも事実上のリーダーで、G20の金融専門家の代弁者でもある。カーニー氏は世界の金融機関を代表してG20参加者に発言したのだ。この発言により、規制への取り組みが次の数週間で落ち着いてくる可能性が高い。

(出典:金融安定理事会、2018年3月13日「G20財務大臣および中央銀行総裁に向けて」)

2. デイビッド・シュワーツ氏がXRP(リップル)に対する批判に反論したのも大きい。デイビッド・シュワーツ氏はRipple(リップル)の主要な有識者であり、広報担当として活動することもある。XRP(リップル)に対する辛い批評に対処するために、コーディング画面の後ろからたまに登場するのだ。

今回も例に漏れず反論を行った。シュワーツ氏は実名制Q&AサイトQuoraでXRP(リップル)の即時トランザクションに関する質問に答えた。彼の答えを全文読むことをおすすめする。言うまでもなく、XRP(リップル)の長期的な成功に不可欠な、勉強になる内容だった。

(出典:Quora、2018年3月16日 https://www.quora.com/If-XRP-RIPPLE-needs-to-be-cashed-out-by-a-bank-after-a-cross-border-transaction-then-how-does-instant-XRP-transaction-help-if-it-can-take-up-to-a-week-to-turn-back-into-USD-through-your-bank )

アナリスト(この記事の筆者)は月曜日の回復には懐疑的だ。

XRP(リップル)の取引量と価格が持続的な強さを見せるまでは、回復しているとは言いたくはない。ただし、長期的に弱気ではないので勘違いをしないでほしい。むしろ長期的には強気だと言える。

XRP(リップル)の価格が今年上昇すると信じている。2018年にRipple(リップル)の価格が$10.00(1,064円)まで上がると言う我々の予測は変わらない。

リップル(XRP)が購入できる国内取引所

現在、国内取引所でリップル(XRP)を取り扱いしている取引所は「GMOコイン」「ビットバンク(Bitbank)」「DMM bitcoin」「BitTrade」「QUOINEX」「Coincheck」など6社があります。

リップル(XRP)の取引(売買)手数料/スプレッド/セキュリティGMOコイン」「ビットバンク(Bitbank)」の2社がおすすめ!

リップル(XRP)取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所取引(売買)手数料特徴公式
GMOコイン無料【GMOインターネット(東証一部上場)グループだから安心】レバレッジ取引5倍/全取り扱い通貨5種類!公式サイト
ビットバンク無料リップル含む全6種類/コールドウォレット・マルチシグ対応だからセキュリティ安心!公式サイト
DMM bitcoin (レバレッジ取引:建玉金額の0.04% / 日 ) リップル、ネムなどのレバレッジ取引5倍可能!F公式サイト
4位BitTrade 0.25%~0.45% 安心の国内MT4取扱業者/全取り扱い通貨5種類!公式サイト
5位QUOINEX0.25% 通貨ペア数14種類!人気の通貨ペアからマイナーな通貨ペア豊富!公式サイト
6位Coincheck 無料 日本No1仮想通貨取引所/全13種類取り扱い通貨/現在取引停止中 公式サイト

また、リップル(XRP)のレバレッジ取引(FX)をしたい方は、国内で唯一レバレッジ取引(最大5倍)が可能なDMM bitcoinに登録しましょう!

最も安くリップル(XRP)を購入できるおすすめ取引所・手数料比較ランキング

リップル最新ニュース一覧へ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう