イングランド銀行総裁がG20各国に「仮想通貨は経済リスクを及ばさない」という内容の書簡を送付/それを受け市場は回復傾向

▼DMMビットコインがスマホアプリをリリース開始!

仮想通貨の「現物取引」「レバレッジ取引」を一つのアプリに集約。ビットコイン、イーサリアム、ネム、リップルなど7通貨、全14銘柄(通貨ペア)の取引が可能!

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!(複数取引所に登録して資産分散しておきましょう!)

【1位】GMOコインレバレッジ取引やリップル、ライトコイン購入におすすめ!
【2位】bitbank(ビットバンク ) リップル取引量No1高セキュリティ仮想通貨取引所
【3位】bitFlyer(ビットフライヤー)ビットコインFX取引量世界1位

 

イングランド銀行総裁がG20各国に「仮想通貨は経済リスクを及ばさない」という内容の書簡を送付/それを受け市場は回復傾向

時価総額第1位のBitcoin(ビットコイン)がほんの数日の間に、対米ドルで価値を1,000ドル(日本円で約1,063円)以上回復させた週明けは、非常に高く評価、歓迎されました。

同コミュニティや取引地域への全体的な信頼の向上にもっとも影響を与えた要因は、イングランド銀行総裁兼金融安定理事会(FSB)長官のマーク・カーニー氏がG20各国に送った書簡でした。同氏はその声明文の中で、否定的な意見表明を行った各国に対抗して、仮想通貨が経済にいかなるリスクも及ぼさないということを付け加えました。

[bitcoin]

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所特徴公式
GMOコイン リップル・ライトコインを購入するならGMOコイン!公式サイト
Bitbank高セキュリティ取引所/リップル取引量No1公式サイト
bitFlyerビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍公式サイト

イングランド銀行総裁の書簡の発表以来、市場にプラスの影響が出ている

アルゼンチンで開催予定のG20会議において議論の対象になり得る、経済に関する戦略課題の1つは、「仮想通貨」であり、概して、仮想通貨の影響力を背景とした、同市場の近年の急速な成長と発展を念頭に置くことになります。
デジタル通貨が脅威や危険を及ぼすというレッテルを貼られた分だけ、同総裁が送った声明文は、デジタル通貨に対する肯定的な見解を反映しており、その重要性も深まっています。

金融安定理事会(FSB)の初期評価は、「仮想通貨資産が、現時点で世界金融の安定にリスクを及ぼすことはない」というものでした。これは、仮想通貨資産が金融システムの割に小さいということが理由の1つに挙げられます。ここ最近のピーク時でさえ、仮想通貨資産の世界的な合計市場価値は、世界の国内総生産(GDP)の1%未満でした。

これに対し、世界的な金融危機直前のクレジット・デフォルト・スワップの想定元本は、世界の国内総生産(GDP)の100%を占めていました。仮想通貨資産は規模が小さく、通貨の代わりにもなれずにいて、実体経済や金融取引での用途も非常に限られているということは、他の金融システムとの関連性が限定的であることを意味しています。

金融機関など様々な機関の多くが、活動計画の中で仮想通貨の進歩禁止を予定する可能性があると表明するなど、仮想通貨市場にとって危機的な時期に、手厚い支援を得ました。
仮想通貨資産への信頼感を与えたその書簡について私たちが最初に報じて以降、ほぼ全てのAltcoin(アルトコイン)が、リーダー格のBitcoin(ビットコイン)に続いて、最近の損失を取り戻したことで、市場全体にとてもプラスのエネルギーが生まれました。

どのような決断が最終的に下されるかは時間が経てば分かりますが、イングランド銀行のような一流の金融機関がその報告書を提出することで、私たちは、仮想通貨の先行きについて楽観的な見通しを持ち続けることができるようになります。

参照元

https://ethereumworldnews.com/bulls-returning-bitcoin-with-the-market-upwards-following-letter-by-the-bank-of-england/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう