アジア最大手の携帯キャリアKT社が通信システムにブロックチェーンを導入予定

▼DMMビットコインがスマホアプリをリリース開始!

仮想通貨の「現物取引」「レバレッジ取引」を一つのアプリに集約。ビットコイン、イーサリアム、ネム、リップルなど7通貨、全14銘柄(通貨ペア)の取引が可能!

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!(複数取引所に登録して資産分散しておきましょう!)

【1位】GMOコインレバレッジ取引やリップル、ライトコイン購入におすすめ!
【2位】bitbank(ビットバンク ) リップル取引量No1高セキュリティ仮想通貨取引所
【3位】bitFlyer(ビットフライヤー)ビットコインFX取引量世界1位

 

アジア最大手の携帯キャリアKT社が通信システムにブロックチェーンを導入予定

韓国は現在、強い影響力を持つブロックチェーンのプラットフォームに投資を行っており、また、そのブロックチェーン技術をサービスに活用するよう企業に提案、推奨しています

韓国の中央日報が発表した報告書によると、大韓民国金融委員会は、様々な企業の顧客情報をブロックチェーンで保護するために、新たな規制の導入を検討しています。

時間がなく全文の記事が読めないけどビットコイン(BTC)を今すぐ買いたい!という方は、当サイトで最もおすすめの仮想通貨取引所である「GMOコイン」に登録しましょう。(複数登録必須です!)

GMOコイン無料登録はこちら

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所特徴公式
GMOコイン リップル・ライトコインを購入するならGMOコイン!公式サイト
Bitbank高セキュリティ取引所/リップル取引量No1公式サイト
bitFlyerビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍公式サイト

韓国金融委員会が地域産業育成にブロックチェーン活用を提案

大韓民国金融委員会の崔鍾球(チェ・ジョング)委員長は、特定の市場における地域産業の育成を目指して、ブロックチェーンプラットフォームに適したアプローチを行うよう提案していると述べました。
金融市場に新たな企業が参入し、同市場における競争が激化するにつれて、金融サービス市場の企業もより多様になっています。フィンテックは、新しい技術を必要としている分野であり、若者の職位を高めることで、若者の雇用問題も解決できます。

韓国政府は、『アプリ間通信』と呼ばれる可用性のある決済システムの採用を検討しています。これにより、ユーザーは特定のアプリを使用して、売り手からモノやサービスを購入できるようになります。この場合、カードネットワーク会社やクレジットカード会社では、手数料が安くなります。

アジア最大手の携帯キャリアの1つであるKT(前:韓国通信)は火曜日に、新たな通信システムにセキュリティを組み込むために、ブロックチェーン技術の活用を予定していると述べました。
同社によると、他社ではなく同社でデータを使用することで、ユーザーは様々なリターンを得ることができるようです。この件に関して、同社のブロックチェーン部門の指揮官は、次のように付け加えました。
ブロックチェーン技術を活用することによって、偽造不可能なブロックチェーンネットワークを介してデータを送信し、そのデータをハッカーから保護できます。また、ユーザーは、第三者のOTTビジネスに頼る必要もなく、信頼に基づいて相互にデータを送信できます。
韓国はブロックチェーン技術を採用、開拓しており、世界中の大手企業もこの道を歩んでいます。それは今、ただ単に同じ道を歩むだけでなく、とてもやりがいのある競争になっています。

参照元

https://ethereumworldnews.com/blockchain-technology-embraced-and-being-promoted-by-south-korea/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう