【リップル(XRP)】リップル社CEOガーリングハウス氏が「中国進出はすぐそこまで来ており、不可能ではない」と発言/すでに中国の送金事業者は導入済み

▼DMMビットコインがスマホアプリをリリース開始!

仮想通貨の「現物取引」「レバレッジ取引」を一つのアプリに集約。ビットコイン、イーサリアム、ネム、リップルなど7通貨、全14銘柄(通貨ペア)の取引が可能!

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!(複数取引所に登録して資産分散しておきましょう!)

【1位】GMOコインレバレッジ取引やリップル、ライトコイン購入におすすめ!
【2位】bitbank(ビットバンク ) リップル取引量No1高セキュリティ仮想通貨取引所
【3位】bitFlyer(ビットフライヤー)ビットコインFX取引量世界1位

 

【リップル(XRP)】リップル社CEOガーリングハウス氏が「中国進出はすぐそこまで来ており、不可能ではない」と発言/すでに中国の送金事業者は導入済み

Ripple / XRP(リップル)は世界的に有名な暗号通貨の1つだ。2017年には価格にして約30000%の上昇が見られた。XRP(リップル)を含むすべての暗号通貨価格は2017年12月最後週から2018年1月第1週に最高値を記録したが、直後に大暴落した。

その中でも暗号通貨Ripple / XRP(リップル)は、基盤となるRipple(リップル)が支払い処理プラットフォームとして機能するため、他の暗号通信と比較して高い価値がある。様々な決済機関、金融機関、銀行が、国際決済にリップル・プラットフォームを利用している。100社以上の企業が国際決済を行うためにリップル・ブロックチェーンに参加しているのだ。

※時間がなく全文の記事が読めないけどリップルを今すぐ買いたい!という方は、「GMOコイン」「ビットバンク(Bitbank)」で購入しましょう!

GMOコイン無料登録はこちら

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所特徴公式
GMOコイン リップル・ライトコインを購入するならGMOコイン!公式サイト
Bitbank高セキュリティ取引所/リップル取引量No1公式サイト
bitFlyerビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍公式サイト

中国の銀行や決済業者は国際送金をより良くするためにxCurrentを導入予定と報道

中国は世界最大の人口を抱えている。中国政府は2017年11月にICO(Initial Coin Offering、仮想通貨技術を使った資金調達)の禁止を発表した。ICOの禁止によって、中国で暗号通貨が流通する方法はなくなった。中国政府は国内での法定通貨と暗号通貨の交換も禁止した。これにより、中国国民は外貨獲得の方法を完全に断たれた。言い換えれば、中国は暗号通貨にとって理想的な国ではなくなったと言うことだ。

中国の銀行、監督機関、決済業者は、国際送金を容易にするためにリップル・ブロックチェーンを利用予定だと現在報道されている。リップル社のxCurrentを使用して、国内の支払いインフラストラクチャを改善する予定とのことだ。xCurrentの使用により、金融機関は国際決済を数秒で完了できるようになる。従来の技術を利用して中国金融機関が国際決済を行う場合には、決済完了までに数日かかる。xCurrentの利用は、中国ビジネスに革命を起こすと言っても過言ではないだろう。

また、リップル社は声明で2018年末までに中国でブロックチェーンを拡大する計画があると述べている。実際に支払処理に関連する様々な試行が行われている。リップル社の役員によれば、今年中に中国に関する発表が続くそうだ。役員は、中国でのRipple(リップル)採用により他の暗号通貨とRipple / XRP(リップル)の違いが顕著になるだろうとも述べている。中国の暗号通貨に対する規制が厳しいことがその理由だ。さらに、リップル社は中国市場に入り込むための努力を行っている。XRP(リップル)は他の暗号通貨とは大きく異なる、と同社は中国規制当局の説得を続けている。

リップル社役員はまた、様々な銀行や決済代行会社との試験使用を行っていることにも言及した。リップル社は先月、中国の送金会社LianLian社と提携した。LianLian社はxCurrentを国際決済に使用している。Ripple(リップル)は暗号通貨であるだけでなく決済ソリューションであるため、生き残る可能性が高い。Ripple(リップル)は銀行や金融機関に簡単で信頼性の高い国際決済ソリューションを提供しているのだ。

ここで1つの疑問がわいてくる。リップル社が中国進出に成功するかどうかだ。この疑問に対しては、リップル社のCEOブラッド・ガーリングハウス氏が回答している。同氏は、中国進出はすぐそこまで来ており、不可能ではないと述べている。もしリップル社が中国で成功したいのなら、阿里巴巴集団と提携するべきだろう。中国にとっての阿里巴巴集団は、アメリカにとってのアマゾンのような存在で、リップル社が中国で成功するには欠かせないパートナーだ。

リップル(XRP)が購入できる国内取引所

現在、国内取引所でリップル(XRP)を取り扱いしている取引所は「GMOコイン」「ビットバンク(Bitbank)」「DMM bitcoin」「BitTrade」「QUOINEX」「Coincheck」など6社があります。

リップル(XRP)の取引(売買)手数料/スプレッド/セキュリティGMOコイン」「ビットバンク(Bitbank)」の2社がおすすめ!

リップル(XRP)取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所取引(売買)手数料特徴公式
GMOコイン無料【GMOインターネット(東証一部上場)グループだから安心】レバレッジ取引5倍/全取り扱い通貨5種類!公式サイト
ビットバンク無料リップル含む全6種類/コールドウォレット・マルチシグ対応だからセキュリティ安心!公式サイト
DMM bitcoin (レバレッジ取引:建玉金額の0.04% / 日 ) リップル、ネムなどのレバレッジ取引5倍可能!F公式サイト
4位BitTrade 0.25%~0.45% 安心の国内MT4取扱業者/全取り扱い通貨5種類!公式サイト
5位QUOINEX0.25% 通貨ペア数14種類!人気の通貨ペアからマイナーな通貨ペア豊富!公式サイト
6位Coincheck 無料 日本No1仮想通貨取引所/全13種類取り扱い通貨/現在取引停止中 公式サイト

また、リップル(XRP)のレバレッジ取引(FX)をしたい方は、国内で唯一レバレッジ取引(最大5倍)が可能なDMM bitcoinに登録しましょう!

最も安くリップル(XRP)を購入できるおすすめ取引所・手数料比較ランキング

リップル最新ニュース一覧へ

参照元

https://ripplecoinnews.com/ripple-xrp-going-to-make-a-mark-in-china

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう