【イーサリアム(ETH)】マクロソフト社がAzure上でのEthereum(イーサリアム)開発を発表

▼DMMビットコインがスマホアプリをリリース開始!

仮想通貨の「現物取引」「レバレッジ取引」を一つのアプリに集約。ビットコイン、イーサリアム、ネム、リップルなど7通貨、全14銘柄(通貨ペア)の取引が可能!

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!(複数取引所に登録して資産分散しておきましょう!)

【1位】GMOコインレバレッジ取引やリップル、ライトコイン購入におすすめ!
【2位】bitbank(ビットバンク ) リップル取引量No1高セキュリティ仮想通貨取引所
【3位】bitFlyer(ビットフライヤー)ビットコインFX取引量世界1位

 

【イーサリアム(ETH)】マクロソフト社がAzure上でのEthereum(イーサリアム)開発を発表

マイクロソフト社は2018年3月19日に、Azure上でのEthereum(イーサリアム)の大幅な機能拡張を発表しました。

この拡張により、リリース可能なコンソーシアム・ブロックチェーン・ネットワークをエンタープライズ・シナリオでアプリケーションに最適化できます。

時間がなく全文の記事が読めないけどイーサリアム今すぐ買いたい!という方は、当サイトで最もおすすめの仮想通貨取引所である「GMOコイン」「bitFlyer(ビットフライヤー)」で購入しましょう!(複数取引所登録は必須です!)

GMOコイン無料登録はこちら

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所特徴公式
GMOコイン リップル・ライトコインを購入するならGMOコイン!公式サイト
Bitbank高セキュリティ取引所/リップル取引量No1公式サイト
bitFlyerビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍公式サイト

Azure上のイーサリアムの機能拡張により企業での使用に優れたネットワークを実現できるようになる

この開発で、Azure上のEthereum(イーサリアム)に信頼性と分析機能の向上、およびデプロイの簡素化をもたらすことができます。また、このアップグレードには、ブロックチェーン・ネットワークのプレゼンスに要求される高可用性やデプロイの簡素化、監視および運用のサポートが含まれています。

ブロックチェーン・ソリューションは、ほぼすべての業界に影響を及ぼしており、世界中の企業がこれを研究しています。マイクロソフト社のこの開発により、企業は、分散型台帳技術が提供する多くの機会を最大限に活用できるようになりました。

Azureグローバルのソフトウェアエンジニアで同ブログ記事の著者であるコーディ・ボルン氏によれば、顧客はAzure Marketplaceが提供するブロックチェーン・ソリューションに関心を抱いています。
ボルン氏は、

生産ブロックチェーンの構築には、ネットワークの信頼性と健全性の管理が不可欠であり、Azure上のEthereum(イーサリアム)の機能拡張により、企業での使用に優れたネットワークを実現できるようになる

と示唆しました。
「このソリューションテンプレートは、AzureとEthereum(イーサリアム)の情報を最小限に抑えて、マルチメンバーのコンソーシアム型Ethereum(イーサリアム)ネットワークを迅速かつ簡単にデプロイ、コンフィギュレーションできるように設計されています。

わずかなユーザー入力とワンクリックデプロイを行うことで、各メンバーは、世界中のMicrosoft Azureコンピューティングやネットワーク、ストレージ、およびその他のサービスを利用して、ネットワークフットプリントをセットアップできます。

各メンバーのネットワークフットプリントは、アプリケーションまたはユーザーがトランザクションを送信するためにインターフェイスを取る負荷分散型トランザクションのノードセット、コンセンサスを達成するためのマイニング・ノードのセット、およびテナント間接続のためのVPNゲートウェイで構成されています。

当社のデプロイガイドでは、VPN接続を設定してゲートウェイにリンクし、完全にコンフィギュレーションされたマルチメンバーのブロックチェーン・ネットワークを構築する方法を説明しています。」

「Microsoft Azure」とは?

かつては「Windows Azure」と呼ばれていた「Microsoft Azure」は、クラウド・コンピューティング・サービスです。このサービスにより、IT専門家は、マイクロソフト社のグローバルなデータセンター・ネットワークを介して、アプリケーションの使用や構築、デプロイ、および管理を行うことができます。

マイクロソフト社がMicrosoft Azure上で提供する「Ethereum Blockchain as a Service(EBaaS)」は、企業顧客と開発者がワンクリック型クラウドベースのブロックチェーンの開発環境を整えられるようにすることを目的として、マイクロソフト社とConsenSys(コンセンシス)社が提携した結果によるものです。

Microsoft Azureのクラウドは、主に金融サービス業界を対象としており、EBaaSでは、企業がハードウェアへの多大な投資を行うことなく、この技術を活用して作業を開始できるように模索しています。
Azureのプラットフォームは、Ethereum(イーサリアム)と連携するだけでなく、Bitshares(ビットシェアズ)やSyscoin(シスコイン)、Factom(ファクトム)などの分散型取引所である、カスタムブロックチェーン・プラットフォームのLisk(リスク)ともつながっています。

参照元

https://btcmanager.com/microsoft-announces-developments-to-ethereum-on-azure/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう