Googleが仮想通貨の広告禁止にもかかわらず独自のブロックチェーンを開発/セキュリティに強みを持ったものを開発か

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!(複数取引所に登録して資産分散しておきましょう!)

【1位】GMOコインレバレッジ取引やリップル、ライトコイン購入におすすめ!
【2位】bitbank(ビットバンク ) リップル取引量No1高セキュリティ仮想通貨取引所

 

Googleが仮想通貨の広告禁止にもかかわらず独自のブロックチェーンを開発/セキュリティに強みを持ったものを開発か

ほとんどの人が利用している検索エンジンであるGoogleは、仮想通貨関連の広告を禁止してからまだ日が浅く、大手企業のFacebookと非常によく似ています。

しかし、トップの検索エンジンであるGoogleは、取引サービスやクラウドサービスを提供するために、仮想通貨の背景にある技術を推進して、独自のブロックチェーンを作ることにしました。
アルファベット社のユニットは、第三者が取引の転記や確認に使用できる独自の分散型デジタル台帳を開発中です。」(様々な情報筋から)

時間がなく全文の記事が読めないけどビットコイン(BTC)を今すぐ買いたい!という方は、当サイトで最もおすすめの仮想通貨取引所である「GMOコイン」に登録しましょう。(複数登録必須です!)

GMOコイン無料登録はこちら

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所特徴公式
GMOコイン リップル・ライトコインを購入するならGMOコイン!公式サイト
Bitbank高セキュリティ取引所/リップル取引量No1公式サイト
bitFlyerビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍公式サイト

すでに同社はリップルなどのブロックチェーンスタートアップに投資実績がある

同社が注目する主なターゲットの1つは、セキュリティです。このセキュリティについて、同社はアイデンティティ・アウェア・プロキシや多要素認証を利用するための計画をいくつかデザインしています。一方で、さらなるインフラ整備の最後の一押しとして、同社はさらに、分散型技術も追加する予定です。

同社はSorj Labs(ストレージ・ラボ)やBlockchain(ブロックチェーン)、Ripple(リップル)、LedgerX(レジャー・エックス)、Buttercoin(バターコイン)、Veem(ビーム)など多くのブロックチェーンのスタートアップ企業に投資してきました。また、Googleの広報担当者は、以下のように述べています。

多くの新技術のように、ブロックチェーンの潜在的用途を探っている人もさまざまなチームにいますが、潜在的用途や潜在的計画について思案するのは時期尚早でしょう。

IoTツールやChromeブラウザは、中国の電子商取引会社「アリババ」や、ブロックチェーンのスタートアップ企業である「ブレイブ」社がすでに追い抜いてしまったとはいえ、同社は当分の間、ブロックチェーンをオンライン上で利用する方法を模索していく予定です。

Ethereum(イーサリアム)のブロックチェーンに支えられているブレイブ社は、ベーシック・アテンション・トークン(BAT)を使用して、読者と出版社をつなぐWebブラウザです。
Googleは、どのようにターゲットを絞って対応するかを、今のところ明らかしていません。また、同社は組み込み広告ブロック機能を開始したにもかかわらず、その問題を解決していませんでした。しかしながら、ブレイブ社は、トラッキングクッキーをブロックすることで、ユーザーの匿名性を守ることを約束しています。
当社は消費者被害や、消費者被害の可能性を十分目にしてきました。これは、当社が極めて慎重に取り組みたい分野です。

参照元

https://ethereumworldnews.com/despite-prohibiting-crypto-ads-google-to-develop-its-own-blockchain/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう