ウエスタンユニオンとGraceKennedy Money Services社がオンライン決済プラットフォームをローンチ/GKMSの総収入の4%近くを開発に投資

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!(複数取引所に登録して資産分散しておきましょう!)

【1位】GMOコインレバレッジ取引やリップル、ライトコイン購入におすすめ!
【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)ビットコインFX取引量世界1位
【3位】bitbank(ビットバンク ) 高セキュリティの仮想通貨取引所だから安心!

▼【登録無料】土日・即日入金したいなら住信SBIネット銀行に登録しましょう!

住信SBIネット銀行の申込はこちら!

 

ウエスタンユニオンとGraceKennedy Money Services社がオンライン決済プラットフォームをローンチ/GKMSの総収入の4%近くを開発に投資

大手送金業者ウエスタンユニオンとGraceKennedy Money Services社(以下、GKMS)は、今年4月末にオンラインプラットフォームWU.comをローンチ予定だ。

この送金プラットフォームはカリブ海地域と中南米で初めての送金プラットフォームだ、とジャマイカの首都キングストンの中心部にあるGKMS本社で開かれた今日の記者会見でウエスタンユニオンの会長兼CEOヒクメット・エルセック氏は語った。

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所特徴公式
GMOコイン リップル・ライトコインを購入するならGMOコイン!公式サイト
bitFlyerビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍公式サイト
Zaif【コインチェックからの乗り換えにおすすめ!】取引手数料の安さ日本一マイナス0.05%!公式サイト

ウエスタンユニオンはGKMSの既存顧客を獲得する狙い

GKMSのグループCEOドン・ウェビー氏は、デジタル・プラットフォームで全体の収益の15%を回収することを目標としており、デジタル戦略の実行方法に関する明確なロードマップがあると述べている。

ジャマイカの放送局Loop Newsのインタビューに対して、GKMSのCEOミシェル・アレン氏は次のように述べている。「WU.comにより新しい顧客基盤ができるでしょう。これはアカウントベースの顧客と言うことです。既存顧客を置き換えるつもりはありません。新規にGKMSを利用する顧客を獲得しようとしています

WU.comは24時間365日利用可能な便利なオンラインサービスです。ジャマイカのどこにいても送金ができます。開発には2年以上の月日をかけ、デジタルマネーへの移行も宣伝してきました。現金を持ち歩く時代は終わったのです。お客様には自分の携帯電話とGK M Pay商品を使っていただきたいと思っています。

お手持ちの携帯電話で送金することができますし、デビットカードやクレジットカードを利用してオンラインで送金をするのがおすすめです。WU.comを使えば、相手の銀行口座に送金することができるのです

GKMSはカリブ海諸島140か所以上で展開し、世界200カ国と取引ができる。

ドン・ウェビー氏とヒクメット・エルセック氏は両氏ともWU.comの実装にかかったコストについては回答しなかったが、Loop NewsはGKMSの総収入の4%近くが費やされたと考えている。4%という数字は、ウエスタンユニオンがグローバル・コンプライアンスに投資している4%と同程度の値だ。

参照元

https://ripplenews.tech/2018/03/24/western-union-gracekennedy-launch-online-remittance-platform/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう