カルダノを利用した初めてのICOをスイスのTraxia社がリリース/ICPラウンドは4月9日まで

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!(複数取引所に登録して資産分散しておきましょう!)

【1位】GMOコインレバレッジ取引やリップル、ライトコイン購入におすすめ!
【2位】bitbank(ビットバンク ) リップル取引量No1高セキュリティ仮想通貨取引所

 

カルダノを利用した初めてのICOをスイスのTraxia社がリリース/ICPラウンドは4月9日まで

スイスの非営利団体Traxia社(TMT)は、Cardano(以下、カルダノ。通貨名ADA(エイダ))ブロックチェーン・プラットフォーム上で初めて公式にトークン販売をする企業となった。

「日本版イーサリアム」と呼ばれることが多いカルダノは、ピアレビュー済みの学術研究に立脚しており、いかなるブロックチェーン・プラットフォームよりも高度であるとカルダノ支持者は主張している。

時間がなく全文の記事が読めないけどイーサリアム今すぐ買いたい!という方は、当サイトで最もおすすめの仮想通貨取引所である「GMOコイン」「bitFlyer(ビットフライヤー)」で購入しましょう!(複数取引所登録は必須です!)

GMOコイン無料登録はこちら

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所特徴公式
GMOコイン リップル・ライトコインを購入するならGMOコイン!公式サイト
Bitbank高セキュリティ取引所/リップル取引量No1公式サイト
bitFlyerビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍公式サイト

ICOラウンドは4/9まで実施予定で1トークン約12円で発売

カルダノの能力を賞賛する論調は多いが、Traxia社のICOクラウドセールはカルダノ・プラットフォームにとって実戦への大きな一歩だ。

投資会社であるEmurgo(エマ―ゴ)を通じ、カルダノ財団は早い時期に中小企業の現金流動性改善を支援するTraxia社のコンセプトの支援を始めた。

カルダノの優れた技術により、Traxia社も、スケーラビリティ、決済、セキュリティに取り組むための強固なソリューションを提供できるようになる

と感じたTraxia社自身もカルダノ財団との提携を選択している。

Traxia社のプロジェクトは未払い請求書をスマート・コントラクトに変換し、短期資産として取引させることを目指しており、上記の3要素はTraxia社にとって重要だ。

Traxia社のエコシステム内での支払いは暗号通貨ではなく引き続き法定通貨で決済されることになるが、Traxia社の秘密鍵は関連金額と金融取引を確認するために使用される。

現在のICOのラウンドは4月9日まで実施予定で、ICOでの価格は1トークン$0.12(12.61円)(20%の段階割引適用済み)である。プロジェクト全体の上限金額は$41.5M(約44億円)弱に設定されている。

参照元

https://www.icoexaminer.com/ico-news/traxia-ico-becomes-first-launch-japanese-ethereum-cardano/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう