取引所のビットフライヤーが高級車メーカーロペライオと提携/1億円の車もBitcoin(ビットコイン)決済対応が可能に

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!(複数取引所に登録して資産分散しておきましょう!)

【1位】GMOコインレバレッジ取引やリップル、ライトコイン購入におすすめ!
【2位】bitbank(ビットバンク ) リップル取引量No1高セキュリティ仮想通貨取引所

 

取引所のビットフライヤーが高級車メーカーロペライオと提携/1億円の車もBitcoin(ビットコイン)決済対応が可能に

最近では、Bitcoin(ビットコイン)のような仮想通貨が、商品やサービスの決済方式の1つとして、ますます普及していますが、一般に受け入れられるのはまだまだ先のことです。例えば、とくに市場が不安定になる可能性がある場合、メーカーの多くは、仮想通貨での決済対応に取り組むためのノウハウや、そのような願望を持ち合わせていません。

しかし、2018年3月27日、高級車も輸入している日本の大手自動車販売店「L’OPERAIO(ロペライオ)」が、Bitcoin(ビットコイン)決済というオプションを追加したことを発表しました。

時間がなく全文の記事が読めないけどビットコイン(BTC)を今すぐ買いたい!という方は、当サイトで最もおすすめの仮想通貨取引所である「GMOコイン」に登録しましょう。(複数登録必須です!)

GMOコイン無料登録はこちら

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所特徴公式
GMOコイン リップル・ライトコインを購入するならGMOコイン!公式サイト
Bitbank高セキュリティ取引所/リップル取引量No1公式サイト
bitFlyerビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍公式サイト

ロペライオは1億円の車もビットコインで決済できるように準備を進めている

同販売店は、日本最大の仮想通貨取引所であるbitFlyer(ビットフライヤー)と提携を結びました。今回の提携は、Bitcoin(ビットコイン)決済というオプションが、同分野からの評判が良い仮想通貨取引所によって支持されたことを意味します。
bitFlyer(ビットフライヤー)が仮想通貨圏外の企業と提携したのは、このような提携が初めてではありません。大抵の場合、仮想通貨取引の規模を制限するために、両社間に決済上限も設けられます。

この上限金額は大抵、10万円から30万円の範囲になります。しかし、L’OPERAIO(ロペライオ)は大胆な動きを見せており、1億円もの価値がある自動車をBitcoin(ビットコイン)を使って顧客が購入できるようにしようとしています。
これは、自動車業界だけでなく他の業界においても、その他多くの企業が注意深く見守るであろう重要な動きです。それがうまくいったと証明されれば、ハイエンド購入に向けた仮想通貨の広範に及ぶ採用につながる可能性があります。

初期段階では、青山や世田谷区、練馬区のL’OPERAIO(ロペライオ)の販売店で、Bitcoin(ビットコイン)決済のオプションを設ける予定です。これらはすべて、日本の東京にあります。
この新しい決済オプションがどれほど成功するかによって、将来的には、同社の販売店全店に拡大する予定です。
bitFlyer(ビットフライヤー)は、日本市場での優位性確立を目指しているため、今回の提携は、同取引所のなお一層重要な動きです。
ごく最近になって、同取引所は、ヤマダ電機の一部店舗やビックカメラ全店を含む、大手の家電量販店に仮想通貨ウォレットを取り入れてもらいました。
同取引所は欧州市場だけでなく、米国市場への事業拡大を目指しています。同取引所は2018年1月に、欧州連合(EU)の決済機関ライセンスを取得しました。
bitFlyer(ビットフライヤー)が真剣に取り組んでいることは明らかであり、同取引所は、世界規模での今後の成功に備えようとしています。

参照元

https://btcmanager.com/bitflyer-and-luxury-car-firm-partner-to-accept-bitcoin-payments/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう