ウェストバージニア州がブロックチェーンを利用した選挙投票のパイロット・テストを実施/2018年度には州全土に拡大も

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!(複数取引所に登録して資産分散しておきましょう!)

【1位】GMOコインレバレッジ取引やリップル、ライトコイン購入におすすめ!
【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)ビットコインFX取引量世界1位
【3位】bitbank(ビットバンク ) 高セキュリティの仮想通貨取引所だから安心!

▼【登録無料】土日・即日入金したいなら住信SBIネット銀行に登録しましょう!

住信SBIネット銀行の申込はこちら!

 

ウェストバージニア州がブロックチェーンを利用した選挙投票のパイロット・テストを実施/2018年度には州全土に拡大も

ウェストバージニア州の2郡では、今年度の予備選挙において、不在者投票をブロックチェーン・プラットフォームで行えるよう計画している。
ウェストバージニア州では現在、国務長官が認定した初のブロックチェーン投票システムによって投票が行われている。

時間がなく全文の記事が読めないけどビットコイン(BTC)を今すぐ買いたい!という方は、当サイトで最もおすすめの仮想通貨取引所である「GMOコイン」に登録しましょう。(複数登録必須です!)

GMOコイン無料登録はこちら

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所特徴公式
GMOコイン リップル・ライトコインを購入するならGMOコイン!公式サイト
bitFlyerビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍公式サイト
Zaif【コインチェックからの乗り換えにおすすめ!】取引手数料の安さ日本一マイナス0.05%!公式サイト

2018年度の総選挙のためにプログラムをウェストバージニア州全土に拡大する予定

3月23日から始まり、5月8日まで2018年度の予備選挙は行われる。海外駐在の軍人や、該当する国外在住者はアメリカの「軍人および介在在住者の不在者投票法(UOCAVA)」に則って、扶養者や配偶者も「アップルまたはアンドロイドのスマートフォン」を使ってブロックチェーンの投票アプリにアクセス出来る。投票者は「州発行の身分証明証か税務番号」を所有していなければならない。

このパイロット計画は、ウェストバージニア州内のハリソン郡とモノンガリア郡に限定されている。ウェストバージニア州の副議長であるマイク・クイーン氏は、ETHニュース社にこのように話す。

現在、約60人の投票者がこのトライアルに参加している。4月17日の期限までに、ウェストバージニア州の海外在住者の登録が増えれば、トライアルの人数も増える可能性がある。

この試みが成功すれば、2018年度の総選挙のためにプログラムをウェストバージニア州全土に拡大する予定である・

2010年に実施された別のパイロット・テストについての情報が今年3月28日にリリースされた。これはコンピューターベースのプラットフォームを利用して海外駐在軍人の投票を可能にするというものである。クイーン氏によると、このトライアルに参加したマック・ワーナー長官は、有権者である軍人が確実に投票出来る方法を見つけたいと話す。そして郡書記官が、軍人以外のUOCAVA該当者へも投票拡大とする提案は、2018年度前に可決され、現在進行中である。

この計画がロールアウトされる以前は、軍隊隊員は郵送、ファックスもしくはEメールのみでの不在者投票が可能であったが、こうした懸念があった。郵送やファックスでは期限までに届くかも不確かで、票数にカウントされたかも分からないのである。

新しいシステムを利用した初投票者はワーナー長官の息子である。ワーナーJrは現在イタリアに配置されており、この経験についてこう話してくれた。

このアプリケーションへの登録は、ID認証が行われており、私のIDとマッチしているか確認される。不在投票を行うには、立候補者の名前をクリックするだけである。私は応援したい立候補者へ『投票』した。すると私のスマートフォン上で親指の指紋認証を使った本人確認が行われた。

この投票プラットフォームはテック会社ボアーツにより提供されており、すでに、大学や労働組合、政党、教会団体、非営利団体へもパイロット・テストが行われている。

参照元

https://www.ethnews.com/west-virginia-announces-blockchain-voting-pilot-in-upcoming-election

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう