Global Blockchain社の会長が大手銀行とリップルの今後の関係について発言/リップルは銀行の脅威にはならずむしろ取り入れるべきとの見方

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!(複数取引所に登録して資産分散しておきましょう!)

【1位】GMOコインレバレッジ取引やリップル、ライトコイン購入におすすめ!
【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)ビットコインFX取引量世界1位
【3位】bitbank(ビットバンク ) 高セキュリティの仮想通貨取引所だから安心!

▼【登録無料】土日・即日入金したいなら住信SBIネット銀行に登録しましょう!

住信SBIネット銀行の申込はこちら!

 

Global Blockchain社の会長が大手銀行とリップルの今後の関係について発言/リップルは銀行の脅威にはならずむしろ取り入れるべきとの見方

大手銀号のお偉方が良く口にするFUD(Fear, Uncertainty and Doubt、一般に信じられているのとは逆の情報を広めて、大衆の認識に影響を与えようとする戦略)にも関わらず、実際には大手銀行はデジタル資産を扱う方向に向かっているようだ。暗号通貨、特にBitcoin(ビットコイン)とRipple(リップル)は、銀行にとって面白い相手になるだろう。Bitcoin(ビットコイン)は数社の大手銀行がすでに取り扱いを行っており、Ripple(リップル)は伝統的な銀行業務に対するソリューションを提供している。

最近の動向を見ていると、大手銀行がBitcoin(ビットコイン)とRipple(リップル)に対して姿勢を緩めているように見える。JPモルガン・チェースのジェームズ・ダイモン氏は昨年、暗号通貨をくだらないと評したが、同社はBitcoin(ビットコイン)先物取引を顧客に提供している。また、複数の銀行が暗号通貨取引所と銀行口座間での決済を許諾している。

※時間がなく全文の記事が読めないけどリップルを今すぐ買いたい!という方は、「GMOコイン」「ビットバンク(Bitbank)」で購入しましょう!

GMOコイン無料登録はこちら

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所特徴公式
GMOコイン リップル・ライトコインを購入するならGMOコイン!公式サイト
bitFlyerビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍公式サイト
Zaif【コインチェックからの乗り換えにおすすめ!】取引手数料の安さ日本一マイナス0.05%!公式サイト

銀行にとってリップルは強い味方になるが現状の銀行は様子見をしている段階

多くの場面において、Bitcoin(ビットコイン)は他の通貨と同じように扱われる。Bitcoin(ビットコイン)の取引をある程度促進している銀行も存在する。Global Blockchain社の会長兼COOのシダン・ガウラン氏は以下のように述べている。

その最たる理由は、銀行にとってRipple(リップル)が直接のライバルであることが挙げられます。Ripple(リップル)は通貨というよりも取引ネットワークとして機能するため、銀行が生き残るために競合と認定する可能性が非常に高いのです。Bitcoin(ビットコイン)は通貨に近いものなので、Ripple(リップル)と同じ脅威をもたらすことはありません

伝統的な銀行プラットフォームの直接的な競合と目されているRipple(リップル)だが、大手銀行の愛顧を得る可能性もある。確かに、Ripple(リップル)は通貨と言うよりも決済ネットワークであり、銀行が潰したがっている可能性はある。しかし「長い物には巻かれろ」という諺もある。

CrowdfundX社のCEOダレン・マーブル氏によるとRipple(リップル)は銀行にとって有益なブロックチェーン・ソリューションを提供しており、金融機関はリップル社との提携で多大なる利益を受ける可能性が高い。大手銀行は現在、独自にブロックチェーンを基盤としたソリューションを開発しようとしているが、リップル社などと提携をすれば開発にかかるプロセスを簡略化できる。マーブル氏は次のように述べている。

ついては、大手銀行がRipple(リップル)やBitcoin(ビットコイン)を潰そうとしているとは、私には思えないのです。銀行は積極的にブロックチェーンを基盤にしたソリューションに投資や開発を行っていますが、銀行が暗号通貨を信頼し、業界を確立しようと考えるには、もうしばらく時間がかかります。今現在、銀行はRipple(リップル)を注意深く観察しているのだと思います。変化は一日では起こりません

今のところ、大手銀行が暗号通貨に対して取っている行動は当てにしないほうがいい。大手銀行は、一方では暗号通貨を検証しており、もう一方では暗号通貨の価格を直接的に下げようと試みているのだ。大手銀行が自身の方向性を明確にするまでは、注意が必要だ。

リップル(XRP)が購入できる国内取引所

現在、国内取引所でリップル(XRP)を取り扱いしている取引所は「GMOコイン」「ビットバンク(Bitbank)」「DMM bitcoin」「BitTrade」「QUOINEX」「Coincheck」など6社があります。

リップル(XRP)の取引(売買)手数料/スプレッド/セキュリティGMOコイン」「ビットバンク(Bitbank)」の2社がおすすめ!

リップル(XRP)取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所取引(売買)手数料特徴公式
GMOコイン無料【GMOインターネット(東証一部上場)グループだから安心】レバレッジ取引5倍/全取り扱い通貨5種類!公式サイト
ビットバンク無料リップル含む全6種類/コールドウォレット・マルチシグ対応だからセキュリティ安心!公式サイト
DMM bitcoin (レバレッジ取引:建玉金額の0.04% / 日 ) リップル、ネムなどのレバレッジ取引5倍可能!F公式サイト
4位BitTrade 0.25%~0.45% 安心の国内MT4取扱業者/全取り扱い通貨5種類!公式サイト
5位QUOINEX0.25% 通貨ペア数14種類!人気の通貨ペアからマイナーな通貨ペア豊富!公式サイト
6位Coincheck 無料 日本No1仮想通貨取引所/全13種類取り扱い通貨/現在取引停止中 公式サイト

また、リップル(XRP)のレバレッジ取引(FX)をしたい方は、国内で唯一レバレッジ取引(最大5倍)が可能なDMM bitcoinに登録しましょう!

最も安くリップル(XRP)を購入できるおすすめ取引所・手数料比較ランキング

リップル最新ニュース一覧へ

参照元

http://bitcoinist.com/big-banks-send-mixed-messages-about-bitcoin-ripple/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう