イーサリアム考案者のヴィタリック・ブテリン氏が1億2千のハードキャップを提案/プルーフ・オブ・ステークモデルの変更の実現へ

▼DMMビットコインがスマホアプリをリリース開始!

仮想通貨の「現物取引」「レバレッジ取引」を一つのアプリに集約。ビットコイン、イーサリアム、ネム、リップルなど7通貨、全14銘柄(通貨ペア)の取引が可能!

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!(複数取引所に登録して資産分散しておきましょう!)

【1位】GMOコインレバレッジ取引やリップル、ライトコイン購入におすすめ!
【2位】bitbank(ビットバンク ) リップル取引量No1高セキュリティ仮想通貨取引所
【3位】bitFlyer(ビットフライヤー)ビットコインFX取引量世界1位

 

イーサリアム考案者のヴィタリック・ブテリン氏が1億2千のハードキャップを提案/プルーフ・オブ・ステークモデルの変更の実現へ

2018年4月1日の今日、開発者フォーラムのGitHubに驚く内容の投稿があった。日付のこともあり、ヴィタリック・ブテリン氏のこの投稿をエイプリルフールの冗談だと受け止めた人もいただろう。ブリテン氏の投稿は、Ethereum(イーサリアム)のハードキャップ(発行上限数)を1億2千ETH(イーサリアム)に設定する提案だった。

あらゆる状況に対応できるプラットフォームの経済的持続可能性を確実にするために、そしてプルーフ・オブ・ワーク(proof-of-work)採掘者に新しいコインを発行することがもはや平等なコイン配分やその他の重要なポリシーを実行する有効な手段ではなくなってきた事実に照らして、私は、ETH(イーサリアム)の総量に対するハードキャップを提案します

時間がなく全文の記事が読めないけどイーサリアム今すぐ買いたい!という方は、当サイトで最もおすすめの仮想通貨取引所である「GMOコイン」「bitFlyer(ビットフライヤー)」で購入しましょう!(複数取引所登録は必須です!)

GMOコイン無料登録はこちら

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所特徴公式
GMOコイン リップル・ライトコインを購入するならGMOコイン!公式サイト
Bitbank高セキュリティ取引所/リップル取引量No1公式サイト
bitFlyerビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍公式サイト

ブリテン氏の提案が受け入れられるかは不明だが実現すれば投資家の参入の可能性

イーサリアム改善計画(Ethereum improvement proposal、以下、EIP)の中でブテリン氏は、おそらく初回のCasper(キャスパー)アップデートとなる次回のイーサリアム・ハードフォークでのインプリメンテーションを提案した。その際には、採掘に対する報酬、ステーキングの利子、シャーディング・システム内のステーキングに対する報酬や、他のいかなる報酬を含むすべてのプロトコル内の報酬は、Ether(イーサ)のハードキャップと限度のある供給を反映する形で、通貨単位の変更を受けることになる。

ブテリン氏は続けて、ハードキャップを初回のEther(イーサ)販売量の2倍とすることを推奨した。この量は120,204,432コインに相当する。現在のETH(イーサリアム)の発行枚数はおよそ9,800万枚である。インプリメンテーションに遅延があることを考慮してブテリン氏が2つ目に挙げた選択肢は以下の通りである。

なんらかの理由で1億2千の上限をこえてからこのEIPが適用される場合には、より大きな上限を設定することも可能です。この場合には、私は144,052,828 ETH(イーサリアム)を推奨します。これは、初回販売と事前採掘を含む、ジェネシスブロックで発行された量のちょうど2倍です

採掘者にとっては、もしEthereum(イーサリアム)がプルーフ・オブ・ワークのモデルを維持する場合には報酬が下がることになる。Ethereum(イーサリアム)がプルーフ・オブ・ステーク(Proof-of-stake)モデルに移行する場合にも、採掘者の報酬は下がる。Casperアップデートはプルーフ・オブ・ステークモデルの変更提案だ。

イーサリアムは発行可能なコインの枚数にハードキャップをこれまで設定してこなかったことに批判を受けている。この批判が投資対象としてのEther(イーサ)に影を落としているとの考えもある。無限のコインが発行できるということは、伝統的な通貨と同じように、多くの資金が市場に流入した際にコイン当たりの価値が下がることを意味する。

Ether(イーサ)の価格は、暗号通貨の価格が軒並み下落した最近の傾向に倣って下落している。ブテリン氏の提案がイーサリアムのコア開発者の賛同を得て実施されるかどうかはまだ不明だ。しかし、同氏の提案は大きな意味を持ち、もし実施されるのなら多くの投資家がEthereum(イーサリアム)に投資を始める可能性もある。

参照元

https://ethereumworldnews.com/ethereum-founder-vitalik-buterin-proposes-a-hard-cap-of-120-million-for-ether/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう