EUがビットコインのレバレッジ取引を規制するルールを施行へ/発表を受けビットコインの価格は6,000ドル(約64万円)近くまで下落

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!(複数取引所に登録して資産分散しておきましょう!)

【1位】GMOコインレバレッジ取引やリップル、ライトコイン購入におすすめ!
【2位】bitbank(ビットバンク ) リップル取引量No1高セキュリティ仮想通貨取引所

 

EUがビットコインのレバレッジ取引を規制するルールを施行へ/発表を受けビットコインの価格は6,000ドル(約64万円)近くまで下落

イースター連休の初日に、Bitcoin(ビットコイン)の価格は、6,000ドル(約64万円)を割る勢いで下落しました。その変化量は、ブリュッセル市がつい先日、レバレッジ取引に不利な規定を定める予定だと発表したことが影響したようです。欧州およびアジアの規制当局は、仮想通貨を規制する法的枠組みを作り上げようとしており、これがBitcoin(ビットコイン)の価格を押し下げているようです。

欧州証券市場監督局(ESMA)は週明けに、仮想通貨のレバレッジ制限を推し進めることを目的とした一連の規定を発表しました。今回の変更により、差金決済取引(CFD)を提供する証券サービスを扱う個人投資家に対して、レバレッジを2倍に設定します。

時間がなく全文の記事が読めないけどビットコイン(BTC)を今すぐ買いたい!という方は、当サイトで最もおすすめの仮想通貨取引所である「GMOコイン」に登録しましょう。(複数登録必須です!)

GMOコイン無料登録はこちら

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所特徴公式
GMOコイン リップル・ライトコインを購入するならGMOコイン!公式サイト
Bitbank高セキュリティ取引所/リップル取引量No1公式サイト
bitFlyerビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍公式サイト

ブリュッセル市の規制は仮想通貨をレバレッジ取引している世界中のトレーダーに影響を与える可能性がある

トレーダーらによると、証券会社がもともとレバレッジを15倍以上に設定していたことを考えると、今回の引き下げはレバレッジを2倍以下に設定しているため、これはレバレッジ市場を阻害することになります。
サウスチャイナ・モーニング・ポストによれば、これは仮想通貨を扱うトレーダーに影響を及ぼしており、Bitcoin(ビットコイン)の世界的需要にも短期的な影響を及ぼす可能性があります。

アジア太平洋地域におけるオンライン取引プラットフォーム「Oanda(オアンダ)」のスティーブン・イネス代表は、次のようにコメントしています。
レバレッジは、Bitcoin(ビットコイン)取引の大きな原動力となっています。6,000ドル(約64万円)は重要な心理的節目であり、もし私たちがそれを(再び)破ってしまえば、Bitcoin(ビットコイン)はさらに下向きになり、最終的に2,500ドル(約27万円)に達しても驚かなくなるかもしれません。

イネス氏は、1日平均の40%を占める、仮想通貨におけるレバレッジ取引の取引高が増加する中で、日本の個人投資家が重要であると強調しました。

3月30日金曜日の発表を受けて、Bitcoin(ビットコイン)の価格は、6,000ドル(約64万円)に達する勢いで下落しましたが、CoinMarketCap(コインマーケットキャップ)によれば、Bitcoin(ビットコイン)の価格はその日のうちに、7,082ドル(約75万円)近くに達するまでに次第に回復しました。
それにより、投資家は損切を行い、Bitcoin(ビットコイン)の売りに回り始め、数時間にわたってその価格に影響を及ぼしました。今回の新しい規定を受けて、トレーダーの多くは、ギアリングの高いポジションに対して尻込みすることになるでしょう。

さらに、価格は落ち込み続け、この記事の執筆時点では、価格が約6,500ドル(約70万円)でした。
イネス氏は、次のように述べています。
レバレッジを15倍から2倍に減らした場合、レバレッジ15倍で取引していた人は今、150,000ドル(約1,595万円)相当のBitcoin(ビットコイン)を信用買いできた10,000ドル(約106万円)の元手で、Bitcoin(ビットコイン)20,000ドル(約213万円)相当のポジションを取るかもしれません。

欧州での規制を受けてアジアにも影響が広がる

Bitcoin(ビットコイン)は、2009年に発行されましたが、依然としてボラティリティの高い、かなり新しいアセットだと考えられており、その取引高は他のアセットに比べて低く、レバレッジ取引を行うにはリスクが高いアセットになっています。eToro(イートロ)やOanda(オアンダ)のような業界大手の企業の大半は、15倍のレバレッジ提供は攻めすぎかもしれないとさえ考えています。

欧州証券市場監督局(ESMA)が課した今回の新しい規定は、欧州連合(EU)内の証券会社およびその他のサービス提供会社にのみ影響を及ぼしますが、業界の企業は大抵、それを適用する他の事由により実施し、調査した結果に従います。これは恐らく、アジアで次に起こることであり、規制の影がすでに、アジア地域を覆っています。
アジアの規制当局は現在、欧州で承認されたものと同様の措置を取ることが期待されています。欧州証券市場監督局(ESMA)によれば、今回の新しい規定は現在、すべてのヨーロッパ言語に翻訳されており、この処理が完了すれば、欧州連合官報(EU官報)で発表の運びとなります。今回の規定は、発表から2カ月後に履行を開始する予定です。

参照元

https://btcmanager.com/bitcoin-drops-to-near-6000-following-eu-rules-against-leveraged-trading/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう