ブロックチェーン技術を基盤にした初の貿易が中国・シンガポール間で実現/過去には原油輸入事業の取引シミュレーションも成功

▼DMMビットコインがスマホアプリをリリース開始!

仮想通貨の「現物取引」「レバレッジ取引」を一つのアプリに集約。ビットコイン、イーサリアム、ネム、リップルなど7通貨、全14銘柄(通貨ペア)の取引が可能!

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!(複数取引所に登録して資産分散しておきましょう!)

【1位】GMOコインレバレッジ取引やリップル、ライトコイン購入におすすめ!
【2位】bitbank(ビットバンク ) リップル取引量No1高セキュリティ仮想通貨取引所
【3位】bitFlyer(ビットフライヤー)ビットコインFX取引量世界1位

 

ブロックチェーン技術を基盤にした初の貿易が中国・シンガポール間で実現/過去には原油輸入事業の取引シミュレーションも成功

中国の暗号通貨弾圧に対する余波により中国国内でのブロックチェーン技術の成長が妨げられるという見解が根強くあったが、中国国営大手石油会社がブロックチェーン技術を用いて中国とシンガポール間での貿易を成功したと発表した。

今年の初め、中国当局は現金の搾取と金融上の不正行為を縮小するために、ICO(Initial Coin Offering、仮想通貨技術を使った資金調達)および暗号通貨の採掘を禁止し、国内取引所の暗号通貨取引を停止した。

時間がなく全文の記事が読めないけどビットコイン(BTC)を今すぐ買いたい!という方は、当サイトで最もおすすめの仮想通貨取引所である「GMOコイン」に登録しましょう。(複数登録必須です!)

GMOコイン無料登録はこちら

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所特徴公式
GMOコイン リップル・ライトコインを購入するならGMOコイン!公式サイト
Bitbank高セキュリティ取引所/リップル取引量No1公式サイト
bitFlyerビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍公式サイト

シノケムグループは過去のも中国で初めてブロックチェーンを使って原油輸入事業の取引シミュレーションを行った

シノケム・グルーブ(中国中化集団有限公司、Sinochem Group)の子会社シノケム・エナジー・テクノロジー(Sinochem Energy Technology Co. Ltd.)は、世界で初めてとなるブロックチェーン技術を使った中国からシンガポールへの石油の輸出を成功させた。ロイターが昨日報じた。

ブロックチェーン・アプリケーションが商品取引プロセスにおいて、主要関係者全員に初めて採用されました

シノケム・グルーブは以前に「中国で初めてブロックチェーン原油輸入事業の取引シミュレーション」を達成したとも言われている。

北京に本社を置くシノケム・グルーブは、中国の国務院国有資産監督管理委員会(SASAC)の管理下にある国有企業として1950年に設立された。シノケム・グルーブは中国有数の化学サービス・プロバイダを標榜し、同国最大の農業関連企業であり、「総合的な近代農業経営者」である。

シノケム・グルーブはまた、不動産業界、ホテルサービス、ノンバンク金融サービスにその影響を拡大してきた。

公式WEBサイトによると、シノケム・グルーブは「フォーチュン・グローバル500に初めて掲載された中国企業のうちの1社であり、合計27回掲載され、2017年には143位にランクし、2年連続で世界の最も賞賛される企業として表彰」されている。

ブロックチェーン技術は、必要な時間、コスト、保障を削減することで取引を簡略化し、さまざまな分野の貿易と貿易事務を結び付けるための手段とみなされてきた。

ブロックチェーン技術が支払いと貨物積載量を最適化すると言う視点から過去の動向を見ると、物流、海運などの分野、さらには貿易事務での採用が思い浮かぶ。例えばブロックチェーン技術を利用したアメリカ・中国間初の国際農業貿易が1月に実施され、同月には現代商船(ヒョンデ・マーチャント・マリーン)が輸送と物流の分野でブロックチェーン技術の分析を完了し、非常に有用であることが判明したと明らかにしている。

参照元

https://ethereumworldnews.com/first-blockchain-technology-based-trade-completed-between-china-and-singapore/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう