グーグル社がウェブストアから仮想通貨採掘のための拡張機能を削除および禁止へ/アップロードされている90%がポリシー違反

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!(複数取引所に登録して資産分散しておきましょう!)

【1位】GMOコインレバレッジ取引やリップル、ライトコイン購入におすすめ!
【2位】bitbank(ビットバンク ) リップル取引量No1高セキュリティ仮想通貨取引所

 

グーグル社がウェブストアから仮想通貨採掘のための拡張機能を削除および禁止へ/アップロードされている90%がポリシー違反

グーグルは自社のクローム・ウェブストア上の仮想通貨採掘スクリプトに含まれる拡張機能を、今後提供しないと本日発表した。

今日から、グーグル社のクローム・ウェブストアでは仮想通貨採掘の拡張機能にアクセスすることは出来ない。これまでリストにあったものも、6月までにはオンライン上で削除される。

※時間がなく全文の記事が読めないけどリップルを今すぐ買いたい!という方は、「GMOコイン」「ビットバンク(Bitbank)」で購入しましょう!

GMOコイン無料登録はこちら

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所特徴公式
GMOコイン リップル・ライトコインを購入するならGMOコイン!公式サイト
Bitbank高セキュリティ取引所/リップル取引量No1公式サイト
bitFlyerビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍公式サイト

クロームウェブストアにアップロードを試みたマイニングスクリプトに関する拡張機能の90%がポリシー違反

グーグル社は採掘のための拡張機能を、特定の基準の下に以前は許可していたが、3月上旬になって仮想通貨に関する広告を禁止すると発表した。そして現在は仮想通貨の拡張機能を削除するステップへ進んでいる。

「残念ながら…」とグーグル社拡張プラットフォーム製品マネージャーのジェームズ・ワグナー氏は話す。

開発者たちがクローム・ウェブストアにアップロードを試みた採掘スクリプト拡張機能の90%は、グーグル・ポリシーに違反するものだった。そのためストアから削除しなければならなくなったのだ。

コンプライアンスは、採掘が「拡張への単一目的」なのかユーザーが「採掘動作を適切に知らされているか」に左右されていた。

グーグル社のこうした動きが、行政の監督機関や法執行機関による圧力からか、または巨大なIT企業であるグーグル社自身の行動からなのかは、今のところ不明である。

参照元

https://www.ethnews.com/google-to-remove-and-ban-cryptocurrency-mining-extensions-from-web-store

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう