イングランド銀行が即時グロス決済にDLT統合の導入を検討開始/テストのために民間企業へシステム提供も

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!(複数取引所に登録して資産分散しておきましょう!)

【1位】GMOコインレバレッジ取引やリップル、ライトコイン購入におすすめ!
【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)ビットコインFX取引量世界1位
【3位】bitbank(ビットバンク ) 高セキュリティの仮想通貨取引所だから安心!

▼【登録無料】土日・即日入金したいなら住信SBIネット銀行に登録しましょう!

住信SBIネット銀行の申込はこちら!

 

イングランド銀行が即時グロス決済にDLT統合の導入を検討開始/テストのために民間企業へシステム提供も

イギリスでのポンド決済のための健全なシステムを創出するために、イングランド銀行はDistributed Ledger Technology(分散型台帳技術、以下、DLT)をどのように統合できるか調査を行っている。

イングランド銀行が先週公表した公式文書は、同行がDLTに対して公に取り組みを行っていることを示唆している。

イングランド銀行は3月27日に、決済状況と統合可能な新たな即時グロス決済サービスのビジョンを示す概念実証を公開した。この分野ではDLTの採用が急速に進んでいる。

※時間がなく全文の記事が読めないけどリップルを今すぐ買いたい!という方は、「GMOコイン」「ビットバンク(Bitbank)」で購入しましょう!

GMOコイン無料登録はこちら

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所特徴公式
GMOコイン リップル・ライトコインを購入するならGMOコイン!公式サイト
bitFlyerビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍公式サイト
Zaif【コインチェックからの乗り換えにおすすめ!】取引手数料の安さ日本一マイナス0.05%!公式サイト

イングランド銀行は実証実験のために民間企業4社にシステム提供を開始

イングランド銀行は2017年に同行が下した、DLTはまだ「十分に成熟している」とは言えない、と言う結論をいまだ支持している。しかし、

新しいサービスが確実に、現在のDLTおよび幅広い健全な市場において開発される将来のDLTと、インターフェースで接続できることを優先している

と述べている。

イングランド銀行は概念実証を開発するためにBaton Systems社、Clearmatics Technologies社、R3社、Token社の4社を選定した。イングランド銀行は各社に「新たな即時グロス決済サービスがイギリスの主要小売決済システムに提供するネット決済契約」を再現した「クラウドベース」のシステムを提供する。

イングランド銀行は、複数企業から可能なソリューションを提出してもらい、比較検討することで、「この分野をサポートするために当行が提供する必要のある機能の範囲について、幅広い洞察が得られる」と述べている

これらの発言は、3月2日にエジンバラ大学で開かれたスコットランド経済学会議でイングランド銀行の総裁マーク・キャメイ氏が「通貨の将来」と言うスピーチの後に述べたものだ。「通貨の将来」で同氏はイングランド銀行がDLTアーキテクチャを提供するために民間企業を検討していることに触れていた。

処理にナノ秒しかかからないトランザクションは、現在では多くの中間銀行が関わるため、決済が完了するまでに数日かかります。そのため、決済が完了するまでの間、数十億ポンドの資本が停滞しているのです。最高の民間企業が、停滞した資本の価値を最大限引き出すために問題に取り組んでいます。当行の弾力性の基準に適合する新しい形態の(分散型元帳を使用するものを含む)証券決済を直接接続できるように、当行は新しい即時グロス決済を立ち上げようとしています

決済機能の強化を含む概念実証の結果は、日時は未定だが今年後半に公表される予定だ。

参照元

https://www.ethnews.com/bank-of-england-exploring-dlt-integration-for-real-time-gross-settlement

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう