仮想通貨の売買アプリ運営のアブラ社がビットコイン・ゴールド、デジバイトなどもアプリに追加/新たに7種類が取引可能に

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!(複数取引所に登録して資産分散しておきましょう!)

【1位】GMOコインレバレッジ取引やリップル、ライトコイン購入におすすめ!
【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)ビットコインFX取引量世界1位
【3位】bitbank(ビットバンク ) 高セキュリティの仮想通貨取引所だから安心!

▼【登録無料】土日・即日入金したいなら住信SBIネット銀行に登録しましょう!

住信SBIネット銀行の申込はこちら!

 

仮想通貨の売買アプリ運営のアブラ社がビットコイン・ゴールド、デジバイトなどもアプリに追加/新たに7種類が取引可能に

「アブラ(Abra)」は現在では世界初かつ唯一の、アプリ上で20以上の仮想通貨と50の法定通貨を売買出来るアプリケーションである。ユーザーはデポジットや手数料なしで通貨取引が可能であり、何時でも上限なしに利用出来る。4月6日にアブラ社はさらに7つの仮想通貨を追加したと発表した。

ステラ(XLM)、ビットコイン・ゴールド(BTG)、デジバイト(DGB)、オーガー(REP)、ステータス(SNT)、ストラティス(STRAT)、ゼロエックス((ZRX)の以上新7種はすでにアプリで利用可能である。

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所特徴公式
GMOコイン リップル・ライトコインを購入するならGMOコイン!公式サイト
bitFlyerビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍公式サイト
Zaif【コインチェックからの乗り換えにおすすめ!】取引手数料の安さ日本一マイナス0.05%!公式サイト

さらなるデジタル通貨の追加が行われる予定

これらの新仮想通貨の取り扱い開始は、アブラ社が数週間前に発表した再設計計画の一部である。

アブラはスマート・コントラストを用いた投資用プラットフォームである。プラットフォームにはビットコイン技術を利用しており、かつて忠実性を持ってETFを購入したと同じ方法で、現在のユーザーは仮想通貨や不換紙幣をスマートフォン上でさらけだすことが出来る。

とアブラの設立者ビル・バーハイト氏は話す。

このモデルを使えば、あらゆる資産を露出させることが出来る。アブラはまだ仮想通貨と不換通貨のみが始まっただけなのだ。

これが意味することは、アブラのアプリを使用は問題なしに20の仮想通貨と50以上の不換通貨を交換出来るということである。近い将来はより沢山のデジタルリソースが追加されるであろう。

アブラ社が3月にアプリに新バージョンを開始してから、同社が追加した仮想通貨に対してとてつもない数の関心とサポートが集まった。世界70か国以上にいるユーザーたちは、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、リップルコイン(XRP)、ライトコイン(LTC)、オミセゴー(OMG)などをアプリ上で取引しており、その取引量はトップである。

アブラ社のチームは現在、さらなるデジタル財産の追加へ取り組んでいる。ユーザーが求めるものを実行し、今後もアブラをアンドロイドとiOS上でアップデートしていく。

参照元
https://ripplenews.tech/2018/04/06/abra-adds-stellar-lumens-bitcoin-gold-digibyte-app/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう